料理に集中したい人や片付けが苦手な人向け“独立型キッチン”

集中して料理ができる独立型キッチン集中して料理ができる独立型キッチン

家事の中で多くの時間を使う料理。料理の時間を短縮するためには、キッチンは「得意な家事」「家族との関係」「料理する人の性格」を考えて選ぶことがポイントである。この記事ではキッチンの主な3つのタイプ別に見ていきたい。

独立型キッチンの特徴は、リビングルームやダイニングルームといった他のスペースから区切られているところにある。そのため、すごく料理好きで、長時間料理に集中したい人、他の家事をしながらではなく料理に専念できる人に向いたタイプである。別の観点で「他のスペースからキッチンが見えない」ことも大きなポイント。常に人目に触れるタイプのキッチンは常に片付いていないと、突然の来客時などに恥ずかしい思いをしたりするもの。片付けがあまり得意でない人にとっては、少々散らかっていても気にしなくてもよい点はポイント高い。壁が広く収納力が高いため、食器やキッチン雑貨が多すぎてうまく片付けられない人にも向いている。

広さやキッチンスペース内のレイアウトの自由度は高い。アイランドキッチンや対面式キッチンの場合はレイアウトが限定されるため、広さもある程度決まってしまう。しかし、コンパクトなキッチンからレストランの厨房並の立派なキッチンまで自分の好みに合わせることも可能である。また、シンクやコンロの配置も自分が使いやすいように決めることができる。

子供から目を離せない人や家族と会話しながら料理したい人向け“対面式キッチン”

会話を楽しみながら料理ができる対面式キッチン会話を楽しみながら料理ができる対面式キッチン

対面式キッチンの特徴は、ダイニングルームやリビングルームにいる家族を見ながら料理ができる点だ。独立型では子供が話しかけにきたりして料理を中断してしまうケースでも、対面式の場合は子供と話しながら作業できるので、子供から目を離せないタイプではかえって料理がはかどることがある。また、独立型キッチンだと家族の会話が遠くで聞こえるけど、自分は会話に入れない、といった寂しさもなく、家族との会話しながら料理できるところもポイントが高い。鍋に火をかけたままダイニングルームで家族と話をしながら、火加減をちらちら確認することもできる。

子供がいない場合でも、テレビを見ながら料理をしたい、窓からの景色を眺めながら料理をしたいといった、料理だけでなく他のことも同時にしたい人に向いているタイプ。作った食事を配膳する際、キッチンとダイニングルームを何往復するのは結構手間なもの。家族の協力があればキッチンから手渡しで配膳できるところは家事効率化につながる。また、片付けが苦手な人にとってはコンロの部分やシンクの手元がある程度隠せるので、安心感があるといえる。

大勢で料理することが多い人・片付け上手な人向け“アイランド型キッチン”

アイランド型キッチンは周りに壁がないため、一人ではなく家族や友人と一緒に料理をすることが多い人に向いている。共働きで夫婦一緒に料理をする人、子供が大きくなって料理を手伝ってくれる人、パーティーを開いて友人と一緒に料理をする人に向いている。料理をしながらの食事や会話も楽しみやすい。

アイランド型の場合、周りが区切られていないため、左右から出入りができる。そのため、料理の合間に他の部屋に行ったりすることがしやすい。掃除や洗濯など他の家事をしながら料理をする人の場合には効率的な動線となる。ただし、アイランド型キッチンはスペースを多く必要とすることに注意。独立型だと3畳以上あれば足りるところが、アイランド型だと5畳程度必要になるなど、キッチンのスペースが大きくなるので、家の広さにある程度の余裕をもちたい。

また、アイランド型キッチンは他のスペースから丸見えとなるので、常に片付いている必要があり、片付け上手な人向けといえる。また、空間がダイニングルームやリビングルームとつながっているため、においには気をつける必要があり、はねた油の掃除やごみ処理をこま目にできる、まめな人向けといえる。

みんなで料理ができるアイランド型キッチンみんなで料理ができるアイランド型キッチン

2013年 09月12日 11時19分