「住宅ローンはなるべく早く返済したい」と思っている人も多いはず。住宅ローンの繰り上げ返済をすることで利息の負担が軽減される場合もありますが、一括返済は実際にお得な方法なのでしょうか? 
今回は、住宅ローンの一括返済のメリットとデメリットを解説します。

 

マイホームを購入するときに金融機関と契約をする住宅ローン。30年や35年などの支払期間を定めて契約し、計画的に返済していきます。

ローンを組んだときの想定よりも余裕ができたから多めに返済をしたい場合や、早くローンを完済したいという場合には、繰り上げ返済や一括返済をすることで利息負担や支払総額を抑えることができます。

 

一括返済とは

一括返済はその名のとおり「全額を繰り上げ返済する」という方法。残りのローン元金をすべて支払い、ローンを完済するものです。利息負担の軽減効果はもっとも高いと言えます。

 

繰り上げ返済とは

一方、繰り上げ返済は、月々の返済以外に一部を返済することで元金を減らし、ローン返済期間の短縮や利息負担の軽減を図る方法です。支払い方には「返済額軽減型」と「期間短縮型」の2つのパターンがあります。

 

「返済額軽減型」は、繰り上げ返済をすることで月々の返済額を軽減するもので、生活にゆとりを生むことができます。「期間短縮型」はローンの支払期間を短縮して、支払利息の総額を抑える効果があります。いずれの方法もローンの利息を抑える方法として有効です。

 

住宅ローンは返せる資金があるなら一括返済すべきなのでしょうか? メリットとデメリットを確認しましょう。

 

住宅ローンを一括返済するメリット

一括返済をすることで、長期間返済する予定だった住宅ローンの支払いがなくなります。月々の返済が終わることで精神的な負担もなくなることでしょう。また、予定より早く完済することで利息の負担が軽減され、支払総額を抑えることができます。

 

住宅ローンを一括返済するデメリット

一括返済は、大きな手元資金を使ってしまうことでもあります。返済後、病気やケガなどの想定外の出費が必要になることも。また、住宅ローン控除(年末のローン残高の1%が控除される特典)が受けられなくなれば、納税額に大きく影響する人もいます。デメリットを踏まえたうえで、何かあっても問題なく生活していけるよう、一定の手元資金を残しておきましょう。

 

一括返済は、住宅ローン返済がなくなり生活にゆとりができる半面、住宅ローンに特化した減税や保険などの恩恵にあずかれなくなることによるデメリットもあります。

住宅ローンは借入金ではあるものの、住宅ローンほど安い金利での借入はほかにありません。生活費や教育資金、医療費などの現金が必要になるかもしれない事態に備えながら、住宅ローン返済を続けるのも一つの方法です。そうした状況を踏まえて一括返済をするのなら、住宅ローン控除の適用期間を過ぎた後や、手元資金に余裕を確保した状態で、計画的に行いましょう。

 

また、金利が高い住宅ローンを組んでいるなど、一括返済をしたほうが支払総額が少なくて済む場合もあります。元金と支払総額を確認し、自分にとって有利な返済方法を選びましょう。

それでは、具体的に住宅ローンを一括で全額返済したい場合の方法を見ていきましょう。まずは金融機関への申請が必要になります。また、完済した後に行う抵当権の抹消手続きで必要な書類も、金融機関で発行されます。詳しくご紹介します。

 

申請は金融機関の窓口やインターネットで

まずは金融機関へ一括返済の申請をします。金融機関によってはインターネット上や書面などでも申請を受け付けています。また、多くの金融機関では一括返済に対して手数料がかかります。手続き方法によって手数料が異なる金融機関もありますので、事前に確認しておきましょう。

書類の提出などを経て返済日を決め、返済日前日までに口座に返済金を準備します。ローンの残高のほかにも返済日当日までの未払い利息や所定の手数料を支払うことで、住宅ローンは完済となります。

 

完済後に必要な「抵当権の抹消」の手続きとは

住宅ローンを完済した後には「抵当権の抹消」の手続きがあります。「抵当権」とは、住宅ローンの支払いが困難になった場合、購入した物件を担保にするために必ず設定されるものです。

手続きは、住宅ローン完済後に金融機関より発行される必要書類などをそろえて管轄の法務局へ提出します。手続きに期限は設けられていませんが、抵当権抹消登記を忘れていると相続や不動産売却のときになって手続きが必要になり、必要書類を紛失していれば大きな手間にもなります。住宅ローン完済のタイミングで行っておくとよいでしょう。

長期間返済をする住宅ローンですが、返済方法はそれぞれに効果的な方法を選ぶことが重要です。一括返済のリスクも踏まえて、最適な返済方法を選びましょう。

公開日: / 更新日: