3DKとはどんな間取り?

3DKとはどんな間取り?
3DKとはどんな間取り?

3DKとはどのような間取りなのでしょうか。似た間取りである3LDKと比較しながら解説していきます。

3DKとは、3つの居室とダイニング・キッチンで構成された間取りのこと。ダイニング・キッチンは、台所に加えて食事をする場所として使用できる面積を確保した空間です。不動産広告の基準を定める首都圏不動産公正取引協議会によると、居室が2部屋以上ある間取りにおけるダイニング・キッチン(DK)の面積は、6畳(約9.7m2)以上を確保することとしています(※)。

3LDKとの違いは?それでは3DKと3LDKはどう違うのでしょうか。LDKとはリビング・ダイニング・キッチンのことで、台所と食事スペースに加えて、居間として使用するために十分な広さと機能を確保した空間です。2つ以上の居室がある間取りにおいてLDKと表示するには、10畳(10.62m2)以上の面積を確保することとされています。

つまり3DKとは、3つの居室と6〜10畳のダイニング・キッチンで構成される間取りとなります。ただし、不動産会社によっては、3Kと3DKの定義があいまいになっているケースもあるため、物件ごとに間取り図をよく確認することが大切です。

※DK(ダイニング・キッチン)及びLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の広さ(畳数)の目安となる指導基準│公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会

3DKを選ぶメリット

3DKの間取りで暮らすメリットを見ていきましょう。

部屋数が多く家族で住みやすい3DKは主に、2人以上の世帯、特に夫婦+子どものファミリー層の暮らしを想定した間取りです。居室が3つあるため、寝室・子ども部屋・書斎など目的ごとに個室を使い分けることができます。居室の間が引き戸やふすまで区切られている場合は、必要に応じて複数の部屋をつなげて広く使用してもよいでしょう。

予備室を確保できる3つ居室があれば、1部屋を予備室にすることも可能です。来客時のゲストルームにしたり、今はまだ子どもが小さい場合は将来的に子ども部屋にしたりと、柔軟に対応することができます。

3DKを選ぶデメリット

続いて3DK物件のデメリットを確認してみましょう。

家賃が高めになる3DKの物件は部屋数が多いぶん専有面積が広くなるため、1LDKや2DKの物件に比べて家賃は高めになります。

エリアによっては物件が少ない一般的にファミリー向け物件は郊外エリアに多く、駅の近くなど利便性の高いエリアには単身向け物件が多い傾向です。そのため、希望するエリアによっては3DKの物件が見つけられない可能性があります。

3DKはどんな世帯に向いている?

3DKはどんな世帯に向いている?
3DKはどんな世帯に向いている?

3DKの物件は、一般的に夫婦か夫婦+子どもの世帯を想定した間取りとなっています。そのため、単身向けのワンルームや1Kに多い、ミニキッチンや3点ユニットバス(風呂・洗面・トイレが一体型)が採用されているケースはほとんどありません。

子どもがいる世帯では、子どもの人数・年齢・性別などによって、必要な個室の数が変わってきます。子どもがまだ小さい年齢あるいは子どもが1人であれば、3DKの間取りで充分ではないでしょうか。

3DKのおすすめレイアウト

ひとくちに3DKといっても、専有面積や構造によって間取りは大きく異なります。希望する暮らし方に適したレイアウトの住まいを選びましょう。

個室の独立性を重視するケース3つの居室を子ども部屋や寝室など独立した個室として使用したい場合、それぞれの部屋に直接出入りできる間取りがおすすめです。部屋のレイアウトによっては、ほかの部屋を通らないと奥の居室に出入りできない間取りもあります。居室の一部が通り道になってしまうと、個室としてのプライバシーを充分に確保できません。

必要に応じて部屋の広さを変えるケース3DKの間取りで必要に応じて居室の広さを変えたい場合は、居室がふすまや引き戸で区切られているレイアウトがおすすめです。DKと居室をつなげて2LDKにする、2つの居室をつなげて2DKにする、といった使い方ができます。

階下への騒音が気になるケース3DKを条件に物件を探していると、マンションやアパートのほかにテラスハウスの物件が見つかることもあるでしょう。テラスハウスとは長屋とも呼ばれ、2階建ての住まいが壁を共有して左右に連なる形態の住まいです。玄関や庭はそれぞれ独立しており、集合住宅でありながら一戸建て感覚で暮らすことができます。階下への騒音(足音など)を気にせずに済むため、子育て世帯におすすめです。

家族構成や暮らし方に応じた物件選びを

3DKの物件は子育て世帯に人気の間取りです。部屋のレイアウトによって使い勝手が大きく異なってくるため、それぞれの個室の独立性を重視したい、必要に応じて間仕切りを開放したいなど、希望する暮らし方に適した物件を選びましょう。その際には現在のライフスタイルだけではなく、数年先の子どもの成長も考慮することが大切です。

まとめ
・3DKとは、3つの居室と約6〜10畳のDKで構成された間取り
・部屋数が多いため子育て世帯に適している
・3DKのデメリットは家賃が高め・利便性の高いエリアに物件が少ない
・個室の独立性を重視するなら、直接出入りできるレイアウトがおすすめ
・フレキシブルに使用したいなら、間仕切りを開放できるレイアウトがおすすめ

おすすめ特集から賃貸を探す3DKの賃貸特集