システムキッチンとは

システムキッチンが日本に普及したのは1970年代以降のことで、ドイツのビルトインキッチンの輸入販売が主流でした。今でこそ、新築やリフォームで定番となりましたが、システムキッチンが一般的になる前までは、日本の家庭では主にセクショナルキッチンが使われていました。セクショナルキッチンとは、コンロ台、シンク、調理台などが独立したパーツで、それらを工場で組み合わせて作られたキッチンのことです。それぞれのパーツが分かれているので、設置部分の隙間にほこりやゴミがたまりやすく、掃除の手間がかかるのがデメリットでした。
一方、システムキッチンは各パーツを一枚の天板で連結しているキッチンのことを指します。パーツ間の継ぎ目がなくフラットなので、お手入れがしやすく、デザイン性も通常のキッチンよりも向上していることが特長です。

システムキッチンのイメージ

システムキッチンの種類

一口にシステムキッチンといっても、その種類は多様です。実際に注文するとき、どんなタイプのものを選べばいいのか迷う方も多いでしょう。
キッチンでの自分の理想像を実現させるにはまずは、キッチンの種類を知ることが近道です。最近主流のシステムキッチンの形状は、大きく分けると以下の4種類があります。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、その名のイメージ通り、海に浮かんでいる島のようにどの壁にも接していないキッチンのこと。キッチンに立っていても部屋全体が見渡せるので、調理中でも家族との距離が近く、孤独感を感じにくいのが特徴です。作業スペースが広いため、誰かと一緒に料理を楽しみたい人にもおすすめですが、気になる点はキッチンの周りに壁がないと、料理のにおいが部屋中に広がりやすいところ。また、キッチンの上に物を置きすぎると生活感が出てしまうので、収納スペースが十分あるかどうかが重要です。

アイランドキッチンのイメージ
ペニンシュラキッチン

ペニンシュラとは「半島」という意味で、ペニンシュラキッチンは、キッチンの片面だけ壁についたアイランドキッチンのような形をしているタイプです。アイランドキッチンの良さである開放感を持ち合わせながら、コンロ台側に壁があると油跳ねやにおいの拡散防止にも効果的です。デメリットには、片側が壁になるため動きが制限されることが挙げられます。

ペニンシュラキッチンのイメージ
I型キッチン

I型キッチンは、コンロ台、シンク、作業スペースが横一直線に並んでいて「I」の字の形に見えるキッチンです。見た目はペニンシュラキッチンと似ていますが、ちがいはキッチンの前面にカウンターがついていて、キッチンの外から手元が見えにくいこと。キッチン周りに調味料や食器を置いたままでも、生活感を隠してくれます。前面に高さがある分、開放感はあまり出ませんが、カウンターの高さを調節すれば圧迫感は軽減されるでしょう。

I型キッチンのイメージ
L型キッチン

L型キッチンは、キッチンの角部を利用して直角(L字型)にシンクとコンロが配置されたキッチンです。作業スペースと調理スペースともに、余裕を持たせた作りとなっているため動線もスムーズ。L型キッチンは、ある程度広い設置スペースが必要になるので、キッチンを広くすることで、リビングダイニングが手狭にならないように気をつける必要があります。

アイランドキッチンのイメージ

好みが分かれる対面キッチンと壁付キッチン

システムキッチンを選ぶ際、キッチンの形と同じくらい大事なことは、自分が壁側かリビング側のどちらの方向を向いて調理したいかを考えることです。最近の新築ではアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの対面キッチンが主流ですが、中には壁側を向いて調理する従来のスタイルが好きという方もいるでしょう。

対面キッチンは、家族と会話をしながら、もしくはテレビを見ながら作業ができるという点が魅力。まだ目が離せない小さなお子さんがいる場合、調理中でも様子が分かるので安心です。しかし、対面キッチンはLDKにゆとりがないとキッチンがせり出すために、ダイニングやリビングが窮屈に感じる場合があります。

その点壁付けキッチンは、壁側に寄せて設置されるため、ダイニングやリビングを広くとることが可能です。壁側に向くという調理スタイルも、料理に集中したい人に向いているといえます。ただ、リビングダイニングからキッチンが見えてしまうのが気になる場合は、カウンター代わりになる家具をキッチンの向かい側に置くなどの工夫が必要です。

システムキッチンのおすすめ収納方法

大容量の収納がシステムキッチンのメリットの一つでもありますが、引き出しを開けると仕切りがなく、どこに何をしまえばいいのか疑問を持つこともあるかもしれません。キッチンの引き出しを活かせるように、効率的に収納するためのポイントをいくつかご紹介します。

キッチンの収納の種類
一般的なI型キッチンの例を挙げると、
・シンク下の大きな観音開き収納(幅90cm位)
・作業スペース下にある3~4段の引き出し収納(スライド式調味料入れなどがあるケースもある)
・コンロ台の下付近にある大きな片開き戸収納(幅65~70cm位)

浅い引き出しから奥行きがある深い引き出しまで大きさもさまざまなので、ここでは浅い引き出し、深い引き出し、大きな開き戸の中に分けて、収納例を見ていきましょう。

・深い引き出し
深い引き出しは、高さのある調味料のボトルをはじめ、フライパンや鍋などの調理道具、瓶類などを収納するのに適した場所。フライパンは、平らに重ねるよりも、縦に収納する方が見やすく、取り出しやすいのでおすすめです。引き出しに仕切りがなければ、市販の仕切り板や、プラスチックのブックスタンドでも代用できます。

・浅い引き出し
浅い引き出しは、倒して収納してもひっかからないお箸やスプーンなどのカラトリーや、平らなお皿、おたまやトングなどの調理器具が入れやすいです。カラトリーは市販の仕切りを引き出しのサイズに合わせて用意し、種類ごとに分別するとより取り出しやすくなります。

・大きな開き戸の中
システムキッチンの大きな開き戸を開けると、仕切りがなくたくさん物が入りそうな収納がありますが、そのままでは使い勝手が良いとはいえません。普通に置いただけではその上の空間が余ってしまうため、開き戸の中をコの字ラックなどで上下に仕切ると、空いている上の空間を有効に使えます。また、開き戸の裏に引っ掛けるタイプの収納グッズを使うと、鍋蓋や調理小物を収納するのに便利です。

まとめ
・システムキッチンの種類には、対面キッチンで今はやりのアイランドキッチンやペニンシュラキッチンをはじめ、定番人気のI型キッチン、L型キッチンなどがある
・家族との会話を楽しみながら調理したい人は対面キッチン、調理中は料理に集中したい人は壁付キッチンが最適
・システムキッチンについている収納は、そのままでは使い勝手が良くないと思ったら、市販の収納グッズで一工夫するのが効果的

システムキッチンのある物件を探す▼

システムキッチン付きの賃貸物件を探す中古分譲マンションを探す中古分譲一戸建てを探す