天窓とは?

天窓とは、建物の天井や勾配天井の途中に設置される窓の総称です。「トップライト」「ルーフ・ウィンドウ」などとも呼ばれます。はめ殺しの天窓は採光(明かり取り)の機能だけとなりますが、開閉式の天窓は採光と換気が目的です。キッチンの天窓であれば熱や煙・臭いの排出、寝室に設置された透明ガラスの天窓であれば室内から夜空を眺めるといった目的で設置される場合もあるでしょう。

開閉式の天窓には手動と電動とがあります。手動式の場合には、手元でワイヤなどを操作するタイプと、先端がフックになった棒で開閉をするタイプとに分かれます。また、電動式の場合には壁に取り付けたスイッチで操作するタイプ、リモコンで操作するタイプのほか、雨が降ると自動的に閉まったり、あらかじめ設定した気温で自動的に開閉したりするなどのセンサーが組み込まれた製品もあります。

f9f2f3a8cdefd9e58ea9dd065e79a9f2-e1376462153138
天窓

天窓のメリットとデメリット

天窓の大きなメリットは採光性と通風性です。天窓は通常の窓に比べて3倍の採光効果があるとされ、敷地形状や回りの建物との関係で採光条件が厳しいときでも威力を発揮します。隣家などに遮られることなく上から自然の光が差し込み、開放感を味わうこともできるでしょう。キッチンや浴室、寝室などが建物の北側に配置されたときでも、天窓によって日中は明るく保つことができます。また、部屋の中で熱せられた空気は上部に溜まりますから、ここに天窓があることによって空気の流れが生まれ、効率的に外気との循環を図ることも可能です。遮熱性能や断熱性能の高いガラスを使用した天窓なら、冷暖房効率も高まります。一方で、天窓に対して真っ直ぐに太陽光が射し込む時間帯などには明る過ぎて、部屋の中に想像以上の明暗差が生まれることもあります。できればブラインドやロールカーテン、遮光スクリーンなどを併用して、日差しを拡散させたり光量を調整したりするようにしたいものです。ブラインドやスクリーンなどにも電動式と手動式が用意されています。また、遮熱性能や断熱性能の劣る製品では、夏場に室温が上がり過ぎてしまうこともありますから気をつけなければなりません。

また、天窓では雨音が意外と大きく聞こえるデメリットもあります。ブラインドなどによってある程度は緩和されますが、深夜の大雨のときなどに雨音で目覚めることもあるでしょう。冬には雪が降り積もる音も聞こえますから、天候を耳で感じるという点を積極的に評価するかどうかは個人の考え方次第です。

天窓を作る際のコストと注意点

天窓の製品そのものは機能によって数万円から十数万円程度とそれほど高いものではありませんが、デザインや機能性だけでなく遮熱性能や断熱性能、防水対策などの水密性、破損事故などに対する安全性、さらに気密性、耐久性、耐風性、耐候性、紫外線対策などを十分にチェックして選ぶことが大切です。また、設置後のメンテナンス方法やメーカーの修理体制などについても注意しなければなりません。リフォームなどによって後付けの天窓を作る際には、設置工事費がかなりかさむ場合もあります。施工会社によっても大きく異なりますが、40~50万円程度の場合から100万円を超えるような場合までさまざまです。室内の既存天井を撤去して吹き抜けにするなどの工事を伴えば、さらに費用がかかることもあるでしょう。また、メーカーのマニュアルどおりにしっかりと施工されないと、天窓の設置部分から雨漏りを生じる場合もあります。設置工事の実績が十分にある施工会社を選ぶことも欠かせません。

トップライト付きの物件探す天窓付きの物件を探す

関連記事

「狭小住宅」工夫次第で広々快適空間。手の届く予算で都心に一戸建てを!
居住空間に開放感を与える玄関やリビングの吹き抜け。メリット・デメリットは?
空間をより素敵に演出!照明の選び方一つでも住まいは変わる
住まいの空間にバイクスペースを。バイクガレージつき物件とは?
築10年の住まいはまだリフォームの必要はない?実は意外に老化している住宅設備

(2013/08/15)