物件の特徴を示す情報の1つに、建物の構造があります。建物の構造によって住居の特徴には大きな違いが生まれるため、物件を探すうえで重要な項目の1つでもあるのです。今回は鉄筋コンクリート造と鉄骨造を比較しながら、主な特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。

鉄筋コンクリートイメージ

 

鉄筋コンクリート造はRC造とも呼ばれ、建物の構造の種類の1つです。ここでは、鉄筋コンクリート造の主な特徴について見ていきましょう。

鉄筋コンクリートの別名であるRC(Reinforced Concrete)は、「強化されたコンクリート」といった意味合いであり、コンクリートに鉄筋(太さ1cm以上の鉄の棒)を埋め込んだ構造のことを指します。木造と比較すると、遮音性、気密性、耐震性、耐火性に優れており、マンションなどの集合住宅に適した強みを持っているのが特徴です。

 

一般的には10階建てまでの中低層マンションなどで使用されており、物件探しにおいて見かける機会も多いといえます。ただ、技術の発達によって強度に優れたコンクリートが開発されたことで、より高層のマンションで使用される場面も増えています。

鉄骨コンクリートイメージ

鉄骨造はS造とも呼ばれ、鉄筋コンクリート造とは異なる特徴を持っています。具体的な構造の仕組みを見ていきましょう。

鉄骨造がS造とも呼ばれるのは、鉄の合金である鋼(Steel)を柱や梁などの骨組みに使用しているためです。鉄筋コンクリートよりも軽いため、高層マンションなどで採用されるケースが多いものの、一戸建てや工場、倉庫といった施設にも頻繁に用いられています。

厳密にいうと、鉄骨造には「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」があります。両者の違いは使用される鋼材の厚さにあり、6mm以下のものは軽量鉄骨造、6mm超のものは重量鉄骨造と呼ばれるのです。

 

軽量鉄骨造は材料の軽さや扱いやすさに特徴があり、あらかじめ主要な部材を工場で製造しておき、現場で組み立てを行う「プレハブ工法」が使用されるケースが多いといえます。工期が短くなるため、建築費用が安く済み、賃貸アパートなどでも採用されている機会が多い工法です。

 

一方、重量鉄骨は柱や梁が太くて丈夫なことから、鉄骨の本数を減らして建築できる点に特徴があります。そのため、広い空間を確保しやすく、自由な間取り設計が可能となるのです。

 

大型のホームセンターなどが、柱の本数の割に広い空間を確保できているのは、重量鉄骨造を採用しているためだといえます。

マンション

 

鉄筋コンクリート造の特徴をより深く理解するため、メリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

鉄筋の間にコンクリートを敷き詰める鉄筋コンクリート造は、遮音性や気密性に優れた構造です。室内と室外の両方からの音や空気を遮断できるため、入居者は快適な生活を送ることができるのです。

 

そして、鉄筋コンクリート造のもう1つのメリットは、災害に対する強さにあります。縦方向と横方向のどちらの圧力にも十分に耐えられる構造であり、耐震性に優れているため、ビルや高層マンションなどで使用されることが多いのです。

 

また、コンクリートは、火災時に燃焼しないために有毒なガスが発生しにくくなります。建築基準法においても「耐火建築物」として認められている構造であり、地震だけではなく火災にも強い点が大きなメリットです。

鉄筋コンクリート造は建築コストがかかる点が大きなデメリットとなります。一戸建ての場合は建築費用として、賃貸物件の場合は家賃として、それぞれ負担する金額がその他の構造よりも高くなってしまうのです。

 

そして、気密性の高さによって湿気がこもりやすく、カビが発生しやすいという点もあります。また、コンクリートは外気の影響を受けやすい性質があるため、冬は寒く、夏は室温が高くなりやすい面もあるのです。

 

ただ、高い気密性を備えているため、エアコンの効率自体は良くなります。そのため、適度に換気を行ったり、断熱材などを使用したりすれば、それほど湿気が不快に感じられることはありません。

 

また、一戸建てを鉄筋コンクリート造で建築する場合には、重量に注意が必要です。ほかの構造と比べて地盤への負荷がかかるため、立地によっては耐えられない可能性があるのです。

 

地盤沈下などを防ぐために、基礎工事を強化しなければならないケースもあり、その場合にはより費用がかさんでしまいます。

アパート

 

鉄筋コンクリート造に続いて、鉄骨造のメリットとデメリットについても掘り下げてみましょう。

軽量鉄骨造の場合は、工期が短縮できることや大規模な地盤改良の必要がない点から、建築コストが安くなります。特に賃貸物件の場合には、木造とそれほど変わらない家賃設定で部屋を探すことが可能です。

 

一方、重量鉄骨造は柱の本数が減らせるため、部屋が広く使えたり、自由な間取り設計を行えたりする点が魅力です。また、組み方や鉄骨の種類によって異なる部分はあるものの、耐久性は木造よりも優れているとされています。

 

防火や防さびなどの加工がされた鉄骨が使用されていれば、木造よりも火災保険料が安くなるといったメリットもあるのです。

鉄は十分な耐久性を持っているものの、火災には弱いところがあります。特に軽量鉄骨造の場合は、火災に耐えるためにも耐火被覆材などを使用する必要があります。

 

また、鉄筋コンクリート造と比べると遮音性は低く、周りの生活音などが聞こえやすい面もあります。さらに重量鉄骨造の場合は、鉄筋コンクリート造と同様、地盤が弱いと建てられないため、一戸建てを建築する際には注意が必要です。

マンション

 

建物の構造には、鉄筋コンクリート造と鉄骨造を組み合わせた「鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造」もあります。ここでは、鉄骨鉄筋コンクリート造の特徴について見ていきましょう。

鉄骨鉄筋コンクリート造は、頑丈な鉄骨の柱に鉄筋を組み合わせ、コンクリートを隙間に流し込む構造です。鉄筋コンクリート造よりも細い部材で、より強度の優れた建物を建てることができるため、高層ビルやタワーマンションなどで採用されるケースが多い構造です。

 

大規模な工事が必要であり、工期や建設費が増大するため、高層建築物以外で使用されるケースはほとんどありません。また、耐久性や耐震性は抜群であるものの、建築コストがかかるため物件価格は高額に、賃貸では賃料が高くなってしまうといったデメリットもあります。

耐用年数とは

 

建物の構造に関する指数として「耐用年数」があります。しかし、耐用年数は主に税金の計算などにおいて使用される数字であり、建物の耐久力を直接的に示しているわけではありません。

 

ここでは、耐用年数に関する基本的な知識について説明していきます。

基本的に建物は歳月の経過にしたがって劣化していくものです。土地とは異なり、建物部分は年月とともに資産価値が低下していくため、あらかじめ「法定耐用年数」を決めておき、そこから経過した年数に応じて適切な計算ができるようにする必要があるのです。

 

法定耐用年数は建物の構造によって異なり、軽量鉄骨造では鋼材の厚さ3mm以下の場合が19年、もしくは鋼材の厚さ3mm超~4mm以下の場合が27年、重量鉄骨造が34年、鉄筋コンクリート造が47年とされています。ただ、耐用年数の長短は、そのまま建物の耐久性を表しているわけではないことに注意が必要です。

 

融資の借入可能な年数や税金計算の際の減価償却などに影響を及ぼす数字であるため、投資を検討していたり、家賃収入を見込んでいたりする場合には、構造による法定耐用年数の違いも頭に入れておくとよいでしょう。

鉄筋鉄骨コンクリートマンションイメージ

  • 鉄筋コンクリート造はコンクリートに鉄筋を埋め込んだ構造
  • 鉄筋コンクリート造は、遮音性、気密性、耐震性、耐火性などに優れている点がメリット
  • 鉄骨造には重量鉄骨造と軽量鉄骨造があり、それぞれ異なる特徴を持つ
  • 重量鉄骨造は間取りの自由度が高い点が魅力
  • 軽量鉄骨造は工期の短縮や建築コストの縮小が可能な点がメリット

公開日: