湾岸エリアのマンションは海に近く、部屋によっては眺望が良く、毎日の暮らしに彩りを添えてくれます。

一方で、実際に住む前に気をつけておくべきポイントもあり、入居後のイメージをしっかりと持っておくことが大切です。

今回は湾岸エリアのマンションの契約をするときにチェックすべきポイントについて解説していきます。

都心へのアクセス

 

湾岸エリアのマンションに住む魅力としては、都心などへのアクセスがしやすい点があげられます。道路の道幅も広いため、交通の利便性は高いといえるのです。

 

また、海に近いエリアなので視界も広く、眺望のいい部屋も多くあります。街の区画が大きめに取られており、大規模なビルが多いわりには密集した印象を受けないところがあります。

 

空と海とが見えやすいエリアであるため、四季の変化を感じ取れる地域でもあるのです。湾岸エリアはすでに開発の進んだ街とは異なり、人口の増加に伴ってこれから成長していく面を持っています。

 

多くの人が集まることによって新たなコミュニティが形成され、他の街とは違った雰囲気を期待できるでしょう。

子育て

 

湾岸エリアは積極的に街づくりが行われているため、新たに道路や路線が整備され、交通利便性が向上しています。また、人口が増えていくにしたがってさまざまな商業施設もできており、買い物の利便性も高まっているのです。

 

新しい街づくりが行われているのが湾岸エリアの特徴でもあるため、近隣のマンションには同年代の入居者が多いといった特徴も持っています。子育てや介護といった悩みを相談しやすく、ソフト面においても安心できるのがポイントです。

 

また、規模の大きなマンションも多いので、耐震性や防犯性に期待ができる面もあります。さらに大規模なマンションであれば1棟あたりの戸数が多くなるので、管理費や共用施設の利用費などの負担も軽減されます。

 

マンションの価格帯もニーズに沿って幅広く設定されているので、ライフスタイルに合わせた物件を探すことが可能です。

大型商業施設

 

湾岸エリアは開発が見込まれている地域なので、入居してからも街の変化を楽しむことができます。大型の商業施設がオープンしたり、空港や駅などへのアクセスも便利になったりすることがあるのです。

 

通勤や通学にも適したエリアも多くあり、家族のライフスタイルに合わせた生活を送ることができます。レジャー施設や医療施設も誘致され、仕事や教育だけでなく生活に必要な施設が近距離で利用できる点は、大きな魅力でもあります。

 

生活の利便性や快適性を求めるならば、湾岸エリアは期待ができる面が多いといえるでしょう。

湾岸エリアのマンション

 

湾岸エリアのメリットを踏まえたうえで、実際に購入して住むときには気をつけておくべきポイントがあります。まず、湾岸エリアのマンションは大規模なものも多く、修繕積立金が思った以上にかかってしまう場合があるのです。

 

築年数の浅いマンションであれば、それほど大がかりな修繕はすぐには行われませんが、自然災害などによって、大規模な修繕が必要になる場合もあります。

 

また、防災上のリスクを考えるうえでも、入居する前に自治体が公表しているハザードマップを確認しておきましょう。埋め立て地であれば、地震のときには土地の液状化が起こる可能性もあります。

 

リスクを正しく認識して、避難場所の把握や自宅から避難するルートに問題がないかをよくチェックしておくことが大切です。不安な点があるときにはそのままにせず、不動産会社に問合せてみましょう。

 

そして、実際に生活をしてみると思いがけないところに不便さを感じることもあります。

 

たとえば、通勤時にエレベーターが混み合ってしまう、高層タワーマンションだとベランダがないことが多いので外に洗濯物を干せない、物が置けないといった点です。また、湾岸エリアは海に面しているため、塩害対策も行う必要があります。

マンション購入資金計画

 

湾岸エリアで快適な暮らしを送るためには、事前の準備が大切になります。短期的な視点だけでなく、中長期な資金計画などについても意識を向けておきましょう。

 

人気のある湾岸エリアのマンションであれば、他の地域と比べても地価が高くなりやすい傾向にあります。そのため、契約するタイミングや資金計画に無理がないかをチェックすることが重要です。

 

毎月支払う住宅ローンや家賃のことだけではなく、管理費や修繕積立金も含めてキャッシュフローに問題がないかを確認しておきましょう。小さい子どもがいる家庭であれば、将来的な教育費用なども考慮して、無理のないプランを立てておくことが肝心です。

 

転勤や介護、子どもの就職・結婚といったライフイベントも含めて、適した物件を選んでみましょう。また、実際に住み始めてから後悔しないためにも、入居後の生活イメージや周辺環境が将来的にどう変わっていくのかをチェックしておくことも重要です。

 

マンションの購入を考えている場合であっても、周辺のホテルや民泊、マンスリーマンションなどを一度利用して実際の生活を体験してみるのもいいといえます。生活に対する不安点や懸念点をあらかじめ解消しておくことが、快適な暮らしを送るために不可欠でもあります。

 

  • 湾岸エリアのマンションは、物件によっても異なるが「都心などへのアクセスがしやすく、交通利便性が高い」「道路が広い」「海に面しているから視界が広い」「眺望が良い」といった魅力を備えている
  • 街づくりが積極的に行われているので、交通の便や買い物の利便性が向上する可能性がある
  • 湾岸エリアの人口増加に伴って、大型商業施設のオープンや空港・駅へのアクセスも良くなるという将来性が考えられる
  • 大規模なマンションが多いため、事前に修繕費や災害リスクをチェックしておく
  • 無理のない資金計画を立て、入居後のイメージをきちんと描いておく

公開日: