HARUMI FLAG(晴海フラッグ)のモデルルームに行って座談会をしました!「WoMansion」
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」は、女性ライターが新築分譲マンションのモデルルームを訪問し、見たこと、聞いたこと、感じたことをそのまま紹介します。
(モデルルーム訪問日:2020年1月28日他)


こんにちは! 子育てママのsoraです。
選手村跡地として、かつてないほどの規模で街づくりが進む「HARUMI FLAG」。WoMansionでも強い関心を寄せてきました。
過去記事:HARUMI FLAGのモデルルームに行ってきました!WoMansion(2019.11.26)

私は2019年10月にも見学したばかりなのですが、2020年になり1期では販売されなかったSUN VILLAGEの情報が解禁になるというので、再度パビリオンに行くことにしました。
SUN VILLAGEには、HARUMI FLAGの中では専有面積が比較的コンパクトな住戸があるというので、夫婦2人暮らしのreinaさんと見学してきました! 湾岸エリアは検討したことがないというchiyuさんも別日に見学していたので、WoMansionライター3人の座談会形式でご紹介します!

2020年に新街区として案内が始まった「SUN VILLAGE」は総戸数が1,822戸と最も住戸数が多い街区になります。特徴は、他のビレッジよりも間取りプランのバリエーションが多いこと、敷地面積、中庭面積がともに最大であること、マルチモビリティステーションや商業施設に一番近いこと、都心方面のビューや賑わいのプロムナードビューなど様々な景色を楽しむことができるロケーションであることなどです。

 

<物件概要>

所在地:東京都中央区晴海五丁目502番、503番、504番(地番)

交通:【SEA VILLAGE】都営大江戸線「勝どき」駅(A3a出口利用)下車徒歩16分(E棟)・17分(D棟)・18分(C棟)・19分(B棟)・20分(A棟)

【SUN VILLAGE第一工区】都営大江戸線「勝どき」駅(A3a出口利用)下車徒歩17分(D棟)・18分(C棟)・19分(B・E棟)・20分(F棟)・21分(A棟)

【PARK VILLAGE第一工区】都営大江戸線「勝どき」駅(A3a出口利用)下車徒歩19分(C・D棟)・20分(B・E棟)・21分(A・F棟)

総戸数:【SEA VILLAGE】686戸 【SUN VILLAGE第一工区】1089戸 【PARK VILLAGE第一工区】915戸

階数:【SEA VILLAGE】地上18階地下1階建(A・D・E棟)、地上14階地下1階建(B・C棟) 【SUN VILLAGE第一工区】地上14階地下1階建(A・B・D棟)、地上18階地下1階建(E・F棟)、地上16階地下1階建(C棟) 【PARK VILLAGE第一工区】地上18階地下1階建(B・C棟)、地上14階地下1階建(A・D・F棟)地上16階地下1階建(E棟)

入居時期:【SEA VILLAGE】2023年3月下旬 【SUN VILLAGE第一工区】2023年3月下旬 【PARK VILLAGE第一工区】2023年3月下旬

施工会社:【SEA VILLAGE】株式会社長谷工コーポレーション 【SUN VILLAGE第一工区】前田建設工業株式会社 【PARK VILLAGE第一工区】三井住友建設株式会社

売主:三井不動産レジデンシャル株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、野村不動産株式会社、住友不動産株式会社、住友商事株式会社、東急不動産株式会社、東京建物株式会社八重洲分室、NTT都市開発株式会社、日鉄興和不動産株式会社、大和ハウス工業株式会社

※「HARUMI FLAG」についてさらに詳しい情報・最新の情報はこちら

 

HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)のモデルルーム(リビング・ダイニング)

モデルルーム106typeのリビング・ダイニング。こんな眺望を眺めながら暮してみたいですね

sora:見学お疲れさまでした。私はHARUMI FLAGのマンションパビリオンに行くたびにテンションが上がって「どうしてもここに住みたい」と思ってしまいます(苦笑)。chiyuさんは今回初めてマンションパビリオンを見学してみたとのことですが、どうでしたか?

 

chiyu:エレベーターに乗ってシアターに進むときが一番ワクワクしました(笑)。テーマパークのアトラクションに向かっている感じ。シアターも前後左右上下も画像があり、どこを見たらいいのかわからないくらいの臨場感があったし、タブレットでバーチャルな体験ができたのは、ゲーム感覚で子どもも楽しかったようです。

 

reina:私は2019年にSEA VILLAGEとPARK VILLAGEの販売期には見学していたのですが、今回は一部コーナーが変わっていて、SUN VILLAGEの中庭面積が広いという特徴がわかりやすかったです。紅葉した樹木の映える中庭に、水の流れる景色の「MINAMO GARDEN」が気に入りました。

左:パビリオンにはタッチパネルコーナーが新設されていました。SUN VILLAGEの植栽についてなど特徴がわかります 右上:美しい景色が楽しめる「MINAMO GARDEN」 右下:眺望も楽しめる「PARTY ROOM TERRCE」。reinaさんはここで食べ物食べたら鳥が来るんじゃないかと心配していました(笑)。こんなところでパーティーをしたいです!

chiyu:来場者が多かったからでしょうか、キッズルームの使用年齢に制限が設けられていたのは残念でした。1歳~5歳までということで、子どもたちは飽きてグダグダになってしまったので、入れない年齢の子どもがいる人は何かおもちゃや時間をつぶせるものを持って行った方がいいと思います。

 

sora:使用年齢の制限あるんですね! 我が子は4歳なので、毎回すごーく楽しくキッズルームで遊んでいて、迎えに行くと、もう帰るのー?みたいな感じです(笑)

 

chiyu:毎回? そんなに何度も行っているんですね(笑)。確かに情報量が多いため、駆け足で聞いてもすごく時間がかかりますね。3時間聞いたけどまだ聞き足りないこと、見足りないものがあり、再訪したくなりました。全51個もの共用施設のうち、26個が相互利用可能となっていて、一回の訪問ではまったく把握しきれない。販売開始までに検討しなきゃいけないとなるとあと2、3回は見学したいと思いました。

他の街区と相互利用できる共用施設があるのがHARUMI FLAGの大きな魅力の一つ。例えば、足湯など、ちょっと癒されたいときに友達と行っておしゃべりしながらのんびりしたい。ライブラリーも充実しているので、休日はどこかしらの街区に行って色々な過ごし方ができそう。左上:スポーツ観戦ができる「SPORTS BAR」。ゴルフシミュレーターが楽しそう! 右上:「Cafe Lounge」でコーヒーを飲んでゆっくり過ごすのもいいなぁ。 下:DIYができる「CRAFT ROOM」やスタディスペースは子どもと共に使用頻度が高くなりそう

※「HARUMI FLAG」についてさらに詳しい情報・最新の情報はこちら

sora:今日は主に新街区として発表されたSUN VILLAGEについて話したいです。私はずっと購入するならSEA VILLAGEだと思っていたのですが、今回、間取りや予定価格を見学してみて、我が家が本当に購入するなら、現実的なのはSUN VILLAGEだと思うようになりました(笑)。

 

chiyu:SUN VILLAGEは他の街区に比べて2LDKのコンパクトな住戸や70m2程度の部屋も多くあり、その分価格が抑えられているのでより広い層の人が検討しやすいですよね。

 

reina:しかもマルチモビリティステーションにも一番近い。BRT(バス高速輸送システム)がどこまで機能するかは、運行してみないとわからないですが、交通利便性は重要なので、少なくともHARUMI FLAG内で考えると魅力的です。

 

chiyu:新橋までBRTで10分ほどというのは魅力的。ただバスの輸送力は少し心配ですね…。

 

reina:交通利便性に関してはSUN VILLAGEであっても若干の怖さはあります。大人2人だったら歩いたり、自転車やタクシーを使ってもいい。でも、子育てファミリーにはどうなんでしょう? あと、街中で完結するのはいいけれど、人を呼ぶ時に「勝どき」駅から歩いてとか、BRT乗ってとか説明するのは大変そう。せっかく新築分譲マンションを購入するのであれば、入居後知人を招いてパーティとかしたいですし。

 

sora:人を招く時は、新橋・有楽町や銀座からの距離は近いから、タクシーに乗ってと伝えるのかな。ご案内していただいた担当者さんも「HARUMI FLAGまでお願いします」とタクシーで伝えたら、細かく説明しなくても家に帰れるくらい知名度のある街にしたいとおっしゃっていたし。

 

chiyu:ゲストルームに「泊めて欲しい!」という友人がたくさん出てきそうですよね。土日などは争奪戦になるかな?

 

sora:私はタワーのラウンジに招かれたいです! レインボーブリッジビューもシティビューもあってお酒も飲めるなんて最高です(笑)。SUN VILLAGEの話に戻しますね。マルチモビリティステーションだけではなく、商業施設にも近いというのが特徴の一つ。HARUMI FLAGは広いので街区や棟によっては、商業施設まで徒歩5分以上かかる住戸も出てきそう。毎日のこと考えたら商業施設への距離大事だなって。

 

reina:メインストリート沿いにも店舗は入るみたいですけどね。

 

sora:んー、でも、商業施設にはスーパーだけじゃなく専門店や子どもと一緒に行きやすいカジュアルな飲食店とか学習塾とかも入るのではないかと期待しているので、大型商業施設の近くがやはり便利そう。

 

reina:湾岸エリアは教育熱心なご家庭が多い印象なので、学習塾はできそうですよね。

HARUMI FLAG(晴海フラッグ)の配棟図

SUN VILLAGEは商業施設にもマルチモビリティステーションにも近い新街区です

chiyu:あとSUN VILLAGEはレインボーブリッジが見えるA棟や、東京シティビューをうたっているB棟からD棟など、バラエティに富んでいると思いました。個人的には夕日を見たいから、西向きの住戸がいいかな。遮るものがないA棟はいいと思ったけど、なかなか手が出ないくらい高いですね…。北西向きは日当たりに不安がありますが、それが価格にも反映されていて買いやすい。眺望が抜けているのは気持ちいいと思いました。

 

reina:私は、眺望を重視するほうなので、アーバンビューであれば北向きであっても気にならないです。シティービューは景色がどんどん変わるでしょうから飽きることがなさそう。特に刻一刻と変化していく夕焼けは楽しみがいがありそうです。眺望シミュレーションの夕焼けの写真を見ていいかも!って思いました。ただ、本当に抜け感を重視するなら価格の上がるレインボーブリッジ側になってしまうんですよね…。

HARUMI FLAGの眺望

SUN VILLAGEは棟・住戸によってレインボービュー、アーバンビュー、ガーデンビューなど眺望バリエーションが豊富です

「HARUMI FLAG」の

資料請求する(無料)

sora:眺望の話になると、どうしても棟や住戸の話になると思うので、棟・住戸・プランの話に移ってもいいですか? 眺望で何を見るか…海や空が広い湾岸側を眺めたいか、湾岸側から都心の景色を眺める方がいいかは好みが分かれそうですね。私は東京タワーが大好きなのですが、開発が進み続けている東京において、今後、東京タワーが見えなくなっていく可能性も高そうだと感じたので、レインボーブリッジがギリギリ見えるF棟の住戸とかいいなと思いました。

HARUMI FLAGのSUN VILLAGE配棟図(WoMansion)

眺望にバリエーションがあるため、どの棟・どの住戸にするかは慎重に検討したいですね

reina:私は中庭側よりも水が見える方がいいです。船が行き交ったりするところが楽しいかな。

 

chiyu:A棟が眺望などを考えると一番いいと思うけれども高い…。北西向きのB棟からD棟の3LDKは、23区内、70m2超えでこの価格の物件はなかなかないので、広い家に住み替えたいけど都内がいいと言う方も買いやすいかなと思いました。特にマルチモビリティステーションがより近いことと価格のバランスでC、D棟は一押しです。日当たりにそこまでこだわりがない方、共働きで昼間いないという方は価格面で魅力的に感じると思う。しかも、D棟はタワーではないのに内廊下で高級感が欲しい人にはいいですよね。

 

sora:C棟やD棟は方角や眺望だけではなく、後から販売されるタワー棟との離隔などを考慮しての価格設定だと思いますね。これだけ住戸があるので間取りプランも豊富なのがHARUMI FLAGの魅力の一つ。今回、いちばんコンパクトな5D61B(61.06m2)は、リビング・ダイニングと2つの洋室が全部バルコニーに面していてワイドスパンのプラン。コートクロークもあって、L字のキッチンも収納が多くて魅力的です。ただ、私はキッチンカウンターがリビング側を向いていてほしい派なので、60m2台で選ぶなら廊下を極力狭くした5B61B(61.18m2)とかがいいかな。眺望イメージも見せてもらいましたが、天気がいい日は夕日を存分に楽しめそう! カウンターがリビング・ダイニングを向いているL字キッチンの5C62B(62.39m2)もいいとは思うのですが、納戸がないこともあって、私は5B61B派です。

HARUMI FLAGの間取図(5B61Bと5C62B)

左:5D61Bの間取図。コンパクトながらワイドスパンで廊下側に居室がない人気のありそうなプランです 右:5C62Bの間取図。個人的にはカウンターがリビング・ダイニングを向いているL字キッチンが好きです。コンパクト住戸として私が選んだ5B61Bは配置は似ていて、キッチンはL字でないものの、納戸があるプラン

reina:私は共用廊下側に洋室があるのは嫌ですね。

 

sora:なるほど。HARUMI FLAGはアルコーブを深めに取っていたり、花台があったりして、共用廊下側の部屋もプライバシーが確保しやすいプランも多いけれどダメですか? たとえば5F73A(73.58 m2)のように。私はベランダを出て右側をみればレインボーブリッジが見えるF棟いいなと思っているので、このプランは水回りがまとまっていて家事動線が良さそうです。まぁ、ちょっと収納が少ないかな…。

 

reina:5F73Aはキッチンから洗面室にも出入りできるプランが面白いですね! アルコーブや花台があっても、共用廊下を通りかかる人の気配や足音が気になる…。とくに、ルーバー面格子の部屋が主寝室というプランは落ち着かない気分になってしまって。納戸がないプランで廊下側を収納部屋として活用するのならありかなと思います! 広めの収納場所があれば、ほかの部屋も片付きそう。できれば、バルコニーに面した部屋が揃う、5D78(78.22m2)のようなワイドスパン住戸が理想です!

HARUMI FLAGの間取図(5F73Aと5D78)

左:5F73Aの間取図。洋室2の窓には花台があり、洋室1の窓もアルコーブ分奥まっているので共用廊下側に居室はあるもののプライバシー性が高いプラン。家族が少ない間は洋室3のウォールドアをあけて広いリビング・ダイニングにしたい 右:5D78の間取図。角部屋のワイドスパン住戸。我が家だったら、洋室3をリビング・ダイニングに拡張したくなりそうです

chiyu:D棟の5D78! 今のマンションが田の字プランなので、まったく違う間取りに住んでみたいというのもあり、一度ワイドスパンの家に住んでみたいです。5D85(85.09m2)もキッチンがバルコニー側についていて、窓もあるのでいいと思いました。

 

sora:いや、だってどっちも角部屋のいいプランですから。もちろん予算が許すならワイドスパンがいいですよね(苦笑)。

 

chiyu:値段との兼ね合いでリアルに選ぶなら5C72B(72.88m2)の部屋かな。マルチモビリティステーションや商業施設が近く、海も夕日も見えるので。冷蔵庫置き場もコンロの真横!

HARUMI FLAGの間取図(5D85と5C72B)

左:5D85の間取図。キッチンに窓があると料理の匂いも換気できるので魅力的です。 右:5C72Bの間取図。変形の田の字プラン。専有面積の割に間口が広く、田の字プランにありがちな部屋が細長く使いづらいというデメリットを解消しています。特に洋室1は正方形に近く使いやすそうなです。アルコーブ分奥まったとこに窓があるので、プライバシー性という点でもいいですね!

sora:このプラン、洋室の形が細すぎず家具配置しやすそうなプランですよね!

 

chiyu:そうなんです。ただ、リビング隣接の洋室が完全に独立しているのが我が家的には残念。子ども1人ずつに部屋がいらないときは開け放って広くリビングを使いたいので…。ウォールドアにしようとすると完全オーダーになるとのことでした。

 

reina:HARUMI FLAGは用意された基本オプション以上のことをやりたい場合には、プラン変更を相談するための「エントリー料金」が必要になるんですよね? その料金が結構高かったような…。 

 

sora:メニュープランを選ぶ分にはエントリー料不要ですし、標準で食器洗浄機、ディスポーザー、キッチンの食器棚やカウンター下収納、ミストサウナ、エネファームなどが付いています。カラーセレクトもバリエーションが豊富なので、なるべく用意されたオプション内で収め、エントリー料は払わないようにしたいですね。 

 

chiyu:カラーセレクトは選択肢が多くてテンションが上がりました! 選ぶのが楽しそうで悩ましい。リビングドアにもそれぞれのテーマに合った有償オプションがあり、それもおしゃれで見ていて楽しかったです。個人的にはグレージュがおしゃれですてきと思ったのですが、夫には不評。夫婦で意見が分かれて決めきれなくなりそうです(笑)

※「HARUMI FLAG」についてさらに詳しい情報・最新の情報はこちら

sora:最後にSUN VILLAGEに限らず、HARUMI FLAG全体についての感想を教えてください。chiyuさんは湾岸エリアを検討したことがなかったと言っていましたが、どうでしたか?

 

chiyu:湾岸に住んでいる人はキラキラした毎日を送っているんだろうなあというイメージがあったけど、HARUMI FLAGはまさに街全体がそんな感じがしました! 景色が良く、都心までの距離も近くて通勤通学にも便利なので、人気があるのもうなずけます。これから街が出来上がっていくワクワク感とどうなるのかわからない心配な感じとが入り交じった気持ちになりました。これだけの人数が一気に新しい街に入ってくるということはこれから先もないだろうし、どんな風になっていくのだろうと興味がある。街区や街単位でイベントやお祭りも多そうだし、楽しい暮らしになりそうです。

 

reina:私は今も湾岸エリアに住んでいて、新しい街が好きです。HARUMI FLAGは電柱が地中化されているので、空が広くすっきりしている街並みがとても魅力的です! 災害時の延焼リスクも少なくなりますし安心感がありますね。都心までの直線距離の近い中央区に広大な街が誕生することに非常にわくわくしますが…やはり駅徒歩分数は気になります。代替策となるBRTに期待していますが、実際に運行してみないとわからない面もあるかな。駅近神話が強い市況において、リセール評価を考えると、少し心配なところはあるかもしれません。

 

sora:現時点で駅から遠いのは事実ですし、確かにBRTは混みそうな気はします。この立地でどんな街・どんな住まいにするのかというのが考え抜かれており、私のようにHARUMI FLAGのコンセプトやプランニングが好き!と思う人が基本的に実需で買うマンションかなと思います。

 

reina:中央区がこの値段で買えるというのは、魅力的なことなので、新築にこだわって探したい人にはいいのかもしれませんね。

HARUMI FLAGの現地と模型コーナー

左:建設中の現地。既に眺めるのが楽しい「街」です。さらに植栽が増えていきます 右:模型好きの私としては、その規模がわかりやすくずっと眺めていたいと思う模型です

chiyu:2LDKは価格的にも買いやすいと思うので、新婚さんの最初のマンションとしてもいいと思いました。またDINKSやリタイア後のシニア層も暮らしやすいと思う!

 

reina:シニア層はリタイアして交通の便を気にしない方ならいいかもですね。

あと、地権者枠の多い地域のマンションですと、元からあるコミュニティに入りにくそうなイメージが少しあります。ここではそれがなく、みんなが新築で一斉に入居しますよね。新しいコミュニティをみんなで作っていく雰囲気ができたら、周りに声もかけやすいでしょうし、いいなと思います。

 

sora:小中学校も一斉に転校してくることになりますし、子どもを介して親も友人を作りやすそうなので、ファミリーも暮らしやすいと思います!

 

chiyu若い人も子どもも多い街は魅力的ですよね。道路も広く、緑も多い。公園も大きくなるので、子連れでもこの街から出ないで過ごせそうなくらい充実しています。半面、管理のことは、何か役割が回ってきたら大変そうだなと思ってしまいますが…。我が家は小学校を転校させたくないこともあって検討は難しいけど、子どもがある程度大きくなっていたら本気で検討したかったです。

 

sora:案内してくださった担当さんが「ユニバーサルデザイン」というと、廊下が広いとか段差がないとか機能的なユニバーサルデザインをイメージしがちですが、年齢・性別・国籍など関係なく、みんなが快適で美しいと思う街並みをつくるという情緒的な面でのユニバーサルデザインも追求していますとおっしゃっていたのが非常に印象的でした。1棟ごとに異なる外観デザインを見ているだけでも飽きません! 引き続き強い関心を持っていたいプロジェクトです。この規模での街づくりは今後もなかなかないと思います。まだ1度もパビリオン見学をしていないという方がいたら、ぜひ見学してみてください!

 

※掲載の情報は見学時点の情報です。(モデルルーム訪問日:2020年1月28日他)

 

最新の詳細情報は、LIFULL HOME’S「HARUMI FLAG」をご確認ください。 sora

「HARUMI FLAG」の

資料請求する(無料)

関連記事

WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!

女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

WoMansionの記事一覧

 

HARUMI FLAG関連記事 【WoMansion】

・HARUMI FLAG(晴海フラッグ)のモデルルームに行ってきました!

・晴海選手村予定地のまちづくりオープンハウス&環状2号線施設見学会に行ってきました!

 

晴海エリア関連記事 【WoMansion】

・住んだことがない人向け! のらえもんさんに湾岸エリアのことをいろいろ聞いてみました!

・ベイサイドタワー晴海のモデルルームに行ってきました!

・パークタワー晴海のモデルルームに行ってきました!(前編)

・DEUX TOURS(ドゥ・トゥール) CANAL&SPAのモデルルームに行ってきました!(前編)

公開日: / 更新日: