5:30~ 豊洲市場でマグロのせりを見学!

豊洲市場
まだ暗いうちに豊洲市場に到着。
遠くの空が少し明るくなりかけていて
きれいです。

5時起床。まだ外は真っ暗です…。でも、オーナーズスイートの正面に見える豊洲市場は煌々と明かりがついています。冬の東京の朝5時ってこんなに暗いんだなぁという発見をしつつ、眠い目をこすりながらマグロのせりを見るために市場へ行きました。
一般の見学ルートが整備されている豊洲市場。せりを見るため、水産卸売場棟2階の見学者通路へ。ここからせりの様子を見学できるようになっています。外国人観光客の方も多く見かけました! 

1階には所せましと大小色々な大きさのマグロが並べられています。尻尾の部分を切った断面が見えるようにマグロの上に置かれていて、それを見て業者さんたちは品定めをしているようです。マグロの数がとにかくすごくて、「世の中にはこんなに大量のマグロが毎日流通しているのか…」と、すごく当たり前なことになぜか感動しました(笑)。

2階の見学者通路では、残念ながらせりの声は聞こえません。事前に申込みして抽選で当たれば、1階のデッキから見学できるそう。ここからは活気のあるせりの様子を間近に見られるので、次回はぜひ申込みしてみたいと思いました。
せりを楽しんだ後は、水産仲卸売場棟で買い物! 朝食のために、卵焼きや漬物、フルーツなどを購入しました。

豊洲市場のオブジェ
水産卸売場棟2階の入口には、大きなクロマグロが出迎えてくれます

7:00~ 朝プールでパワーチャージ

ブリリアマーレ有明からの眺望(朝)
早朝の景色が本当にきれいでした

豊洲市場からマンションに帰ると、もうすぐ午前7時。プールが利用できる時間です。
33階のカウンターで利用料の300円を支払ってロッカールームへ。シャワールームや鏡のあるブースもしっかり設けられています。プールは25m×4レーン(1つを広く取っているためコースは3レーン)の大きさの、スポーツクラブにあるような本格的なもの!
南東向きに大きな窓のあるプールサイドから、朝焼けに照らされるお台場とその向こうの海がそれはそれはきれいに一望でき、しばらく眺めていました。そして、朝日が入り込むプールの雰囲気が本当に気持ち良くて最高な気分です(ちなみにプールには、良い感じのBGMもゆるく流れていてこれも気分を上げてくれました!)。

ブリリアマーレ有明のプール
朝日が差し込む早朝のプール。体を動かして1日を始めるのはとても気持ちよかったです
※特別な許可を取り撮影したもので通常スパ・プールは撮影できません。
ブリリアマーレ有明のプール(更衣室)
更衣室には、ロッカーと洗面台があります

せっかくなので泳いでみました。プールの利用には、水着はもちろん水泳キャップの着用が必要です。中学校ぶりにクロールで泳いでみましたが、25mを1本泳ぐだけでかなりゼーゼーと息が上がります。泳ぐのってこんなに疲れるものだっけ…と運動不足と加齢を感じつつも、全身運動も水に浸かるのもすごく気持ち良いんです。しかも、前述の通りこの場所の雰囲気も良い。本当に、朝から「心と体に良いことをしている」と感じます。私以外に2~3人の居住者の方が利用していて、思い思いに水の中を歩いたりガンガン泳いだりされていました。みなさん30分ぐらいで帰っていたので、きっと朝のルーティンなんだろうなと想像します。

早起きしてプールで軽く運動し、そのままシャワーを浴びて朝食を食べて出かける…絵に描いたような健康的な暮らしですよね。実際に体験してみて、これはかなりパワーチャージされる気がしました。体を動かすということはもちろん、この美しい景色や雰囲気に心が洗われるというのもかなり大きな要素だと感じました。これは外部のスポーツジムに通うのでは味わえないなと思いましたし、そんな環境が自宅にある居住者の方は本当に羨ましいです…!

パワーチャージできたのは本当ですが、久々すぎる水泳を張りきったおかげで体は結構な疲労感…(早起きしたので尚更)。でも、ここに住んだらきっと朝の水泳が習慣になってかなり体力がつくんだろうな…お腹すいたな…と考えながらお部屋に戻ります。

8:00~ きれいな景色を見ながら朝食!

私が朝プールを体験している間に、料理上手なsoraさんが朝食を作ってくれていました(ありがたや、ありがたや)! オーナーズスイートはしっかりしたキッチンと基本的な調理器具が揃っているので、簡単な料理もできます。そこでできた朝食が、こちら!

ブリリアマーレ有明での朝食
こちらが、オーナーズスイートで作った朝食! 左が洋食バージョン、右が和食バージョンで2種類つくり、朝からもりもり食べました
ブリリアマーレ有明のオーナーズスイート(キッチン)
「オーナーズスイート4」には、こんな大きな
キッチンが備え付けられています。調理器具も
あるので、簡単な料理ならここでできちゃいます!

ベビーリーフとトマトのサラダ、カリカリに焼いたベーコン、豊洲市場で買った卵焼き。洋食バージョンはそれに食パンと、和食バージョンは梅干し、納豆、お味噌汁、肉じゃが。ごはんはお鍋で炊いたそうです!

早起きしたし、私は特に水泳後なので特に、2人ともお腹ぺこぺこです!!! リビングで朝のワイドショーと外の絶景を交互に眺めながら、優雅な朝食…。実際の生活は、バタバタしてここまで優雅ではないかもしれないですが(苦笑)、朝プール、丁寧な朝食、と、ここでの理想的な生活をしっかり体験できた気がします。

9:30~ 朝食後ののんびりタイム。優雅に朝風呂♪

朝食と片づけを終え、チェックアウトまで少しのんびりタイム。私はお部屋の露天風呂に入りました。天気も良いし、豊洲市場、建設中の選手村、そしてその奥の都心のビル群を見渡しながらの朝風呂(しかも平日)。何度も言うようですが、最高な気分、の一言です…。

その後soraさんが露天風呂に入ったりおしゃべりをして、あっという間に1泊2日の宿泊体験は終了! とっても名残惜しすぎる……

ブリリアマーレ有明の露天風呂
オーナーズスイート4の露天風呂。冬の朝、この絶景を眺めながらの露天風呂は最高でした!

【まとめ】2日間の感想をsora・mikuそれぞれの視点で

【sora】唯一無二のマンションで家族みんなで快適に暮らす
共用施設の充実した大規模マンションは実際は共用施設があまり使われない、という話を聞くこともありますが、「ブリリアマーレ有明」はどの施設にも利用者がいて、利用率が高そうでした。
その一因には、カウンターやレストランで働いているスタッフの方たちの気持ち良い対応というのもあるかもしれません。わからないことが多く何度も33階のカウンターに行ったのですが、いつも非常に親切に対応してもらえるので、ずっと快適にすごすことができました。
家の延長として第2のリビング的な感覚? あるいは、リゾートホテルや温泉旅館で浴衣で大浴場や食事に行くような感覚で利用しているのでしょうか。皆さんが非常にラフな格好で来ていたのが印象的でした。

また「ブリリアマーレ有明」ではたくさんのイベントが行われていますので、マンション内で子どもにいろいろな体験をさせてあげられるのも魅力的です。バーレストラン「フェスタ デ ナポリ」では「ブリリアノート」という多ジャンルのライブが定期的に行われていて気軽に音楽に触れさせることができます。スイミングスクールなどの習い事にマンション内で通うことができる住まいなんてなかなかないですよね!

私がもし「ブリリアマーレ有明」に住むことができたら…共用施設をフルに使い倒したいです!
マンション内に子育て仲間のお友達を作って定期的に33階でご飯を食べる。 子どもと一緒にスパに行く。子どもがマンション内の習い事に行っている間にマッサージを受ける。今より気軽にマンション外のお友達に遊びに来てもらう(ホームパーティではなく33階で食事します)。もう一度オーナーズスイート4に泊まる…
したい生活がどんどん浮かんできます!
最高の共用施設に、最高のサービス。唯一無二のすごいマンションだなと思いました!

ブリリアマーレ有明から朝焼けの東京
オーナーズスイートから見た朝焼けの東京湾岸が本当に心に残る景色でした。この眺望は湾岸エリアに住むことの大きな魅力だと思います
ブリリアマーレ有明のエントランスホール
エントランスホール。エスカ―レーターを
上がった先のラウンジも「ホテルそのもの」の
ように素敵です

【miku】 「非日常を日常に」する暮らしは、働く人にもぴったりかも
「非日常が日常であるために」は、ブリリアマーレ有明を象徴するスローガンで、この非日常を実感できる共用施設は33階に集約されています。言い換えれば、33階をあまり利用せず各住戸内で過ごすだけではあまり「非日常」を感じないかもしれません(エントランスホールなどもすごくホテルライクで素敵ですが!)。実際に、居住者の方も定期的にプールなどを利用する方ばかりというわけではないそうです。

例えば旅行に行くとかちょっと良いホテルに泊まるといった「非日常」を味わうことは、いつもの生活にハリを与えてくれたり、忙しい毎日を「また頑張ろう」と元気をくれたりするものだと思っています。ここに住んだら、そんな「非日常」を「日常」の中で必要な時にすぐに取り入れられる生活ができるんだと実感しました。もちろん、共用施設をフル活用して「非日常」を暮らしたい、という人にもぴったりなマンションですね。私は個人的には、「非日常」を味わうことで自分の機嫌を取ったりパワーチャージできる方なので、合っているなぁと思います(笑)。
でも、「非日常」はただ共用施設があればいいということではありません。清潔感や利用マナー、そして館内のスタッフの方の対応などが気持ちよく、心地よいバランスをしっかり保たれていることも重要だと感じたので、やっぱりこのマンションの「管理」が徹底されている素晴らしさを実感しました

都心立地とか駅近とか、そういった快適さとは少し違い、33階という非日常の世界によって「自宅で過ごす」ことで元気になれる。そして、お風呂や食事をマンションの中でアウトソースできるという利便性・快適さの中で暮らす「ブリリアマーレ有明」。ファミリーだけでなく、忙しく働く人にもとってもすごく魅力的なマンションだなと思いました! 改めてここに住みたいなぁと思いましたし、都会派の友人カップルにもおすすめしてみようと思います!


Brilliaマーレ有明や有明の生活に魅力を感じた方は…近くに誕生する「Brillia Tower 有明 MID CROSS」はいかがでしょうか! sora

早朝のブリリアマーレ有明の外観
左側の真ん中の四角い建物がブリリアマーレ有明。1泊2日の宿泊体験はとてもあっという間、「非日常を日常であるために」をしっかり体験できました!

関連記事

【前編】はこちら
ブリリアマーレ有明に泊まってみた!(前編~1日目~)


WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

ブリリアマーレ有明の共用施設体験会に行ってきました!
ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンの10周年記念祭に行ってきました!