4駅9路線利用可能! 便利さに加え、再開発でさらなる発展が期待できるエリア

「リビオレゾン新橋nex」は、JR「新橋」駅から徒歩7分のところに誕生する、総戸数51戸のコンパクトマンションです。まずは概要から見ていきましょう!

<物件概要>
所在地:東京都港区新橋5丁目40番4他(地番)
交通:JR山手線「新橋」駅徒歩7分、都営三田線「御成門」駅徒歩6分 他
総戸数:51戸
階数:地上14建て
入居時期:2020年3下旬予定
施工会社:新日本建設株式会社
売主:新日鉄興和不動産株式会社
※リビオレゾン新橋nexについてさらに詳しい情報・最新の情報はこちら

「新橋」駅のほか、「御成門」駅(徒歩6分)、「汐留」駅(徒歩8分)、「大門」駅(徒歩9分)も徒歩10分以内という恵まれた立地。計4駅9路線が徒歩圏です! この立地ですから、交通アクセスがとても快適なのは想像しやすいと思いますが一応説明すると、「新橋」駅から「東京」駅へ3分(東海道本線)、「銀座」駅へ1分、「渋谷」駅へ13分(いずれも銀座線)。「大門」駅からは「六本木」駅へ6分(大江戸線)、「羽田空港国際線ターミナル」駅へ24分(浅草線)。「御成門」駅からは、「大手町」駅へ5分、「目黒」駅へ11分(三田線)…と、これらがすべて「直通」です!! どこ勤務でも困ることがなさそう。本当に便利です。
さらに、2020年に暫定開業予定の日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅へは、徒歩約15分ぐらいだそう。日比谷線も徒歩圏となると、利便性はさらに高まります。

リビオレゾン新橋nexの交通アクセス図
都心の多くの主要な駅にだいたい直通で行けてしまいそうな、便利な交通アクセス。それがとてもわかりやすい図です!

港区は再開発が多く進められていますが、この新橋~虎ノ門エリアでも複数のプロジェクトが進行中です。ゲストサロンでもらった資料によると、新駅開業の整備事業なども含めれば合計12もの大規模計画があります。中にはタワー型の大規模商業ビルも複数あり、オフィスなどがそこにたくさん入れば(しかも、複合型の大規模ビルなので賃料も安くはないはずで、優良企業も多そうと勝手に想像します)、この周辺エリアの賃貸需要の増加も期待できるのではないでしょうか。そして、一般的には大規模再開発が完成すると地価が上昇すると言われています。資産性が高く、リセールバリュー(※1)も期待できそうな立地です!

「住む街」としての新橋って?

「新橋駅」と聞くと、街頭インタビューをよくしているSL広場を連想する人は多いと思います。チェーン店から個人経営のお店まで、いろいろな種類の飲食店が多く、駅前はとても賑やかです。だから、個人的には「住む」イメージがしにくく、マンションの周辺環境はどうなんだろうと、実は半信半疑に似た気持ちで現地を見てきました。

マンションの現地へは、新橋駅の烏森口を出て、南にずっと歩いていきます。ここで意外な発見が1つ。駅から離れても、お店は減るけれど無くならないんです。現地の近くまでずっと、飲食店が点々と存在しています。賑やかな感じのチェーン店は減り、こじんまりとして雰囲気の良さそうなお店が目立ってきます。

リビオレゾン新橋nexの周辺地図
4つの駅に囲まれた立地。周辺には意外にもお店が充実し、浜離宮恩賜庭園や芝公園などの大規模な公園も近くです

新橋と虎ノ門の間を通る「新虎通り」は、パリのシャンゼリゼ通りのようにおしゃれで賑わいのあるストリートを目指すプロジェクトが東京都によって進められているそう。そのため、この周辺にカフェバーやロードバイク専門店などが誕生し、確かにおしゃれな雰囲気です。

そしてこの新虎通りを超えると、住宅の多い街並みとなってきます。ビルとマンション、そして中には一戸建ても混在する街並み。「新橋」駅からこんなに近いところに、住宅エリアがあるのは新たな発見でした。そして、「ローソン」「ファミリーマート」などのコンビニ、「まいばすけっと」もマンションからすぐ近くです。他には、少し離れますが「マルエツプチ」や「肉のハナマサ」も。大規模なスーパーではないですが、日常生活を送るには不便しなさそうな環境です。新橋駅前にはドラッグストアや家電量販店もあるし、想像していた以上に生活利便性が高く、正直驚きました!
「新橋駅徒歩圏」で最初に連想した雑多なイメージ(そう連想したのは私だけかもしれませんが…)よりも、住環境は優れているなぁと新しい発見がありました! 見学の際には、ぜひ現地の周辺も歩いてみてださいね。

リビオレゾン新橋nexの現地周辺
左)新虎通りから見た虎ノ門方面。反対側を振り向くと、汐留のビル群が建ち並びます。
右)敷地の南西側から撮影した建設現地の様子

miku最新の詳細情報は、LIFULL HOME'Sリビオレゾン新橋nexをご確認ください。

VRで部屋の中を歩いてみた!

0000170_madori-2
Cタイプ(25.33mw2)の間取り図

間取りは、ワンルーム(1R)~2LDK。専有面積は23.57m2~56.12m2です。非分譲住戸を除き、基本は1フロアに1R・1K・1LDK・2LDKが1戸ずつあり、南向きが1LDKと2LDK、北向きが1Rと1Kのお部屋となっています。
周辺は建物が密集するエリアのため、低層階は特に、眺望が良いという条件ではありません。高層階はいずれも眺望が抜けて、南側のお部屋からは東京タワーが見えるそうです!
⇒間取り図をもっと見たい方はこちら

虎ノ門駅の近くにある「リビオレゾン新橋nex」のゲストサロンは、実はモデルルームがつくられていません。代わりに、VRで室内の様子を体験することができます。
特に2LDKのAタイプは、VRゴーグルを付けて各部屋の中を歩くことができます! 操作に慣れるとアトラクション感覚で楽しめますし、部屋の広さをイメージしやすいなと感じました。
そして、Aタイプ以外の住戸もすべて、PCの画面で室内のVRを見ることができます。図面だけで見るよりも、梁の出方などを確認できるので良いですよね。

リビオレゾン新橋nexゲストサロンのVR
左)2LDK(Aタイプ)のお部屋は、VRゴーグルをつけて住戸の中のウォークスルー体験ができます。
右)Aタイプ以外のお部屋はすべて、パソコンで室内のイメージ画像を見ることができます。VRなので、もちろん動いてみることが可能です

コンパクトマンションは、ファミリータイプとは違ってギャラリーにモデルルームが作られていないことも珍しくないですし、あっても棟内で一番広い2LDKや3LDKのタイプであったり、オプションをたくさん用いているケースもあります。それらはコンパクトな部屋を検討する時には正直あまり参考にはならないので、1Rや1Kのお部屋もVRで室内の様子を確認できるというのは、検討材料にしやすく親切だなと感じました。
もちろん、広さやタイプが検討住戸と違っていてもモデルルームを見るとテンションが上がりますし、見学の際にはそのワクワクも必要なものだとも思いますけどね。

カラーセレクトは2種類から選ぶことができます。設備仕様は比較的シンプルに、分譲マンションに欲しい最低限は揃っています。1~2LDKは3口コンロ、1Rと1Kは2口コンロです。また、2LDKの住戸のみ食洗機がついています。

リビオレゾン新橋nexのエントランス
エントランス完成予想CG。天然石を用いているというエントランスは、とても高級感があります

【価格とまとめ】「最初の1件」におすすめしたいマンション!

リビオレゾン新橋nex外観完成予想CG
外観完成予想CG。
素材や色で変化を付け、縦のラインを
強調したスタイリッシュなデザインです

見学時点の予定価格は以下のようになっていました。

【1R住戸/23.57m2 北向き】
2階 3,490万円
10階 3,690万円
【1K住戸/25.33m2 北向き】
3階 3,770万円
13階 4,130万円
【1LDK住戸/33.67m2 南向き】
2階 4,900万円台
9階 5,300万円台
【2LDK住戸/56.2m2 南向き】
6階 7,700万円台
12階 8,300万円台

案内してくれた担当の方によると、今回の物件は、用地を「等価交換」(※2)で仕入れたそうです。一般的に多い入札よりも比較的安価で土地を取得できたという事情があるため、価格はこのエリアの3~4年前の水準ということでした。言い換えれば、現在の相場よりも手頃感があるということ。

港区×山手線の内側の新築コンパクトマンション×3,000万円台という条件のマンションはかなり限られてきます(LIFULL HOME’Sで検索したら、該当は3物件でした(2019年1月22日時点))。もちろん坪単価で見るとそれなりになりますが、新橋駅への近さ、交通利便性、生活利便性、そして周辺の今後の再開発による価値向上・賃貸需要の期待を考えると、所有して損はしないだろうなと思えました。1Kの賃貸に住むことを考えたら、同じくらいの広さの「リビオレゾン新橋nex」のようなマンションを購入して暮らすのは、賢い選択だなと思います。都心の賃貸で住み替えを考えている独身の方にはぜひお勧めしたい選択肢です。「住みながら投資」するというイメージですね。

自己居住用で購入を検討される方、投資目的の方、両方いらっしゃるそうです。とても魅力的な物件なので、私も欲しいなと思いました! ( 20代の時に、「住みながら投資」する合理性に気付いてこういう物件を買えていたら…! とちょっと悔しさすらあります。)そんな「初めての購入」に特におすすめしたいマンションです!

(※1)リセールバリュー:購入したものを販売する際の、再販価値のこと。
(※2)等価交換:土地所有者が土地を出資し、デベロッパーが建物を建て、それぞれの出資比率に応じて土地建物を取得すること。土地所有者は資金負担なしで建物を取得でき、デベロッパーは用地取得のための資金やリスクを軽減できるメリットがあります。

※掲載の情報は見学時の情報です。(モデルルーム訪問日:2019年1月21日)



最新の詳細情報は、LIFULL HOME'Sリビオレゾン新橋nexをご確認ください。
miku

「リビオレゾン新橋nex」の

資料請求する(無料)



関連記事

WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

港区のコンパクトマンション「WoMansion」
ザ・パークハウスアーバンス白金
ザ・パークワンズ芝公園
シティハウス東麻布

(2019/02/01)