ターミナル駅のアクセスが便利な下北沢。マンションからはバス便も快適です!

「ウエリス下北沢」は、井の頭線・小田急線「下北沢」駅から徒歩14分東急田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩17分のところにあるマンション。まずは概要から見ていきましょう!

<物件概要>
所在地:東京都世田谷区代田一丁目30番6号
交通:京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅 徒歩14分、東急田園都市線「三軒茶屋」駅 徒歩17分
総戸数:31戸
階数:地上6階建
入居時期:即入居可能(2018年3月完成済)
施工会社:アイサワ工業株式会社
売主:エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社、三信住建株式会社
※「ウエリス下北沢」についてさらに詳しい情報・最新の情報はこちら

「下北沢」駅から「新宿」駅まで8分「渋谷」駅は3分「吉祥寺」駅へは12分いずれも直通です。このターミナル駅にいずれも直通で行けるのが下北沢の大きな魅力ですよね。モデルルームで、新宿から約5km、渋谷から約3km(いずれも直線距離)と聞き、その近さを改めて実感できました。
また、小田急線「代々木上原」駅では千代田線に乗り換えられるので、「表参道」や「大手町」にも乗り換え1本で通勤できます(徒歩17分の「三軒茶屋」駅からは、いずれも直通で行けますね)。

そして、実はバス便も便利です。マンションから徒歩4分のところにあるバス停から、「渋谷」駅まで約20分でアクセス可能。朝7時~8時台は2、3分おきに1本(1時間に17本!)あり、さらに始発となるバス停も近いため、それほど大混雑するということでもないようです。下北沢まで歩くことや電車の混雑を考えると、渋谷勤務の人はバスを使った方がラクに通勤できそうですよね。

ウエリス下北沢の交通アクセス
新宿・渋谷・吉祥寺といったターミナル駅へ直通で行けることが下北沢の大きな魅力です。

発展を続ける下北沢エリアの魅力

ウエリス下北沢の周辺地図
「下北沢」駅と「三軒茶屋」駅の
中間ぐらいに建つマンションです

「下北沢」駅に久しぶりに降りてみましたが、やはり駅周辺がずいぶん変わっていてびっくり! 昔はよく来ていたので地縁はあるつもりでしたが、スマホで地図を見ながらでないと道がわからないぐらい、駅のまわりは様子が変わっていました。
でももちろん、人の賑わいや下北沢らしい「ごちゃごちゃ感」は健在。すっかり変わったお店も多い一方、昔からあるお店を見つけて喜んだりしながら、南口の商店街を歩きました。
学生に人気で、若者の街という印象を持たれる方も多いかもしれませんが、大人が好みそうなシックでおしゃれな雰囲気の飲食店も意外に多いんです。そんな色々な表情を持っているところも、下北沢の楽しいところだなぁと改めて思いました。

南口の商店街から茶沢通りに出て、三軒茶屋方面に向けて歩きます。茶沢通りはお店が多いわけではないのですが、ドラッグストアやファミレス、小さな飲食店などがいくつかあります。途中には緑道があり、春は桜並木になるそう。ジョギングするにも良さそうな雰囲気でした。
そんな道を進んだ先の閑静な住宅街に、「ウエリス下北沢」はあります。やはり14分ということで、駅から結構歩いたなぁという感じはしつつも、下北沢や三軒茶屋、これらの活気のある人気のエリアを生活圏にしながら、マンションの周りは静かさや暮らしやすい環境を重視したい人にはぴったりな環境だと思います。

ウエリス下北沢の周辺環境(緑道)
「北沢川緑道」までは徒歩3分。ジョギングや
犬の散歩などにもちろん良いですし、春には
桜がきれいだそう。

近くのスーパーは「サミット」が徒歩6分のところにあるので、ここを最もよく利用することになりそう。他には、「信濃屋」が徒歩3分「セブンイレブン」も徒歩2分のところにあります。

小田急線の下北沢駅は現在も工事中で今年完成の予定です。複々線化が完了した「東北沢」駅~「世田谷代田」駅の線路跡地(約27,500m2)は再開発が行われる予定で、この沿道空間に住宅や商業施設の建設が計画されているそう。イメージ図を見て、緑道のように歩ける一本道のまわりに商業施設などが並ぶのを想像しました。完成したら名所になりそう。話題を呼びそうな再開発でとてもワクワクしますし、このエリアの価値もまた上がりそうだなと思いました!

miku最新の詳細情報は、LIFULL HOME'Sウエリス下北沢をご確認ください。

31戸なのにディスポーザー! 充実した仕様が魅力です

間取りは2LDK~3LDK、専有面積では56.21m2~104.40m2となっています。南向き住戸が52%、角住戸が68%という日当たりや通風に恵まれた配棟で、さらに4~6階にはルーフバルコニー付の住戸もあります。景色を眺めながらお茶やお酒を楽しんだり、ベランダ菜園を楽しむこともできそうです。

既に建物は完成しているため、実際のお部屋を見せてもらいました。まず1つめはEタイプ、2LDKの56.21m2。外観を見た際にコーナーの窓がかっこいいなと思っていたのですが、このコーナー窓はリビング部分にあります。見学したお部屋は3階で、前面の建物は2~3階建てぐらい。マンションの1階住戸には専用庭があるため、隣の建物との距離を確保できているので圧迫感はありません。また、4階以上は眺望が抜けてくるので、さらに開放感があるだろうなと思いました。

左)Egタイプの間取り(56.21m2)。これは1階のため専用庭がありますが、間取りは見学したEタイプのお部屋とほぼ同じです 上中央2枚)リビングの様子 右上)サランラップやキッチンペーパーが取り出しやすい、便利なキッチン収納 右下)洗面台の縁は木調で高級感があります 下中央)洗面台の下は、ゴミ袋をセットできたり小物入れとなる棚があって便利です 左下)キッチンの天板は御影石でこちらも高級感があります。

⇒もっと間取りを見たい方はこちら

もう1つ見学できたCタイプは3LDK。こちらは東向きですが、道路に面しているのでさっき見たEタイプのお部屋よりさらに開放感があります! 本と一緒にワインがディスプレイされている、リビング横の書斎がおしゃれでインテリアの参考になりました。

31戸というコンパクトな戸数ながら、ディスポーザーがあるのはとても魅力的です! また、キッチンやお風呂など、マンション内すべてのお水が浄水となる「良水工房」も全戸標準です。全体的に仕様が充実している印象でした。また、武蔵野台地の強固な地盤に建っているというのも安心できるポイント。地中の強固な地盤まで杭を通すマンションが多いですが、こちらは直接基礎を採用しています。

ウエリス下北沢のモデルルーム2
左)Cタイプのリビング・ダイニング 中央)リビングに隣接する1部屋は書斎のようなインテリア。棚には本だけでなく小物もいろいろ飾られていて、おしゃれです。 右)ウォークインクローゼットはポールがハンガーパイプが複数ありスペースを有効活用できそう。

【価格とまとめ】人気の街に囲まれながらも落ち着いた環境。ファミリーやプレファミリーに好評です!

見学時点で、価格は以下のようになっていました。
2階 2LDK/56.21m2 5,940万円(南向き)
3階 4LDK/85.96m2 8,990万円(北西角部屋)
3階 3LDK/65.04m2 7,090万円(西向き)
3階 2LDK/56.12m2 6,280万円(南向き)
5階 3LDK+S/80.06m2 9,690万円(西向き、ルーフバルコニー付)

ウエリス下北沢の外観
実際の建物が見学できます!

小さいお子さんのいるファミリーや、プレファミリーが多く購入されているそう。現在建て替え工事中の「代沢小学校」(徒歩5分)は人気の小学校で、そこが通学区である点も好評のようです。
世田谷区は駅から遠いエリアも多いのですが、検討・購入される方は、もともとそうしたエリアに住んでいて、現在よりも利便性の高い「下北沢」駅の周辺に移り住むことを検討されている方が多いと聞き、とても納得しました。駅距離が気にならなければ、利便性の高い駅の周辺に区内で住み替えたいと考える人は多いだろうなと想像したからです。

人気の街であり、古くから人が暮らす住宅街として成熟した環境。駅近の利便性も良いけれど、世田谷の静かな住宅街で落ち着いた生活を優先したい人におすすめです。でも、お店が充実する楽しさや利便性は下北沢駅周辺でしっかり享受できるから良いですよね。実際に現地を見て、暮らしをイメージできるのも魅力ですし、気になる方はぜひ一度見学してみてください!

※掲載の情報は見学時の情報です。(モデルルーム訪問日:208年12月21日)


最新の詳細情報は、LIFULL HOME'S「ウエリス下北沢」をご確認ください。
miku

関連記事

WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

世田谷区内のマンション(WoMansion)
ラグシスヒルズ三軒茶屋
ブランズシティ世田谷中町
ロイヤルシーズン二子玉川
ブランズ二子玉川テラス