ふたつの耐震基準…「旧耐震基準」と「新耐震基準」とは?

冒頭でもご説明した耐震基準ですが、これは大地震もしくは震災がある度に改正が重ねられています。これを細かく法律に反映させ、国民の安全を守ろうとしているのです。なかでも、大きな変化があったのは1981年6月です。この年の改訂を境に、「新耐震基準」と言われるものが登場しました。ただしこれは物件の完成年月が1981年6月以降なら「新耐震基準」というわけではありません。建築確認申請が受け入れられた日が1981年6月以降のものが「新耐震基準」となります。特にマンションの場合は、建築確認がだいぶ前にされているケースもありますので、気になる場合は不動産会社に確認してみるといいでしょう。

①1981年5月31日以前 旧耐震基準
1950年に制定された「建築基準法」に基づく基準です。「中地震」程度の揺れに「崩壊しない程度」の強さを基準として建築するよう求めています。中地震とは「概ね50年に1度起きる地震」であり、震度などで表されることはありません。ただし、これでは非常にわかりにくいため、専門家には建物の重量などで計算する係数があり、だいたいの震度で言えば震度5前後程度ではないかという認識です。「倒壊しない程度」ですので、建物にひびが入る程度の強度であれば、この基準に反するものではありません。

②1981年6月1日以降 新耐震基準
1978年の宮城県沖地震を受け、新しい耐震基準が設けられました。これが新耐震基準と呼ばれるものです。新耐震基準では、旧耐震基準において「中地震で崩壊しない程度」とされていたものが、「中地震ではほとんど損傷しない(軽微なひび割れに留められる)程度」と、強化されたものが求められています。

なお、旧耐震基準では想定されておらず基準がなかった「大地震」において、「倒壊しない程度」の強度を基準とすることになりました。大地震は「500年に1度」の規模の地震のことを言います。震度で言えば6~7程度を指すものと考えられています。2011年3月の東北地方太平洋沖地震(「東日本大震災」と呼称される)はマグニチュード9.0、最大震度は7であり、大地震と呼ばれる地震でした。

耐震にまつわる言葉の意味

耐震については、知っておきたいさまざまな言葉があります。

◆耐震等級
耐震等級とは、地震に対して、建築物の構造躯体の倒壊、崩壊などのしにくさを1~3で示したものを言います。どれほど建物が地震の揺れを吸収することができるかという「耐震性能」を、具体的に数字で表示するために設定されているものです。この制度のことを「住宅性能表示制度」と言います。

等級建物の例強度について
耐震等級1一般的なマンションなど
耐震等級2学校の校舎や警察署の建物耐震等級1の1.25倍
耐震等級3規模の大きな病院など耐震等級1の1.5倍の強度

◆長期優良住宅
2009年6月4日に施行された「長期優良住宅認定制度」の基準を満たし、認定を受けている住宅のことを「長期優良住宅」と呼びます。マンションを探す時のひとつの指標となるものと言えるでしょう。
1.劣化対策
2.耐震性
3.維持管理・更新の容易性
4.可変性
5.バリアフリー性
6.省エネルギー性
7.居住環境
8.住戸面積
9.維持保全計画

上記9つの観点で基準が設定されています。
詳しくは、国土交通省の「長期優良住宅の認定基準(概要)」をご確認ください。なお、一定の認定長期優良住宅を新築したり取得したりした場合は、所得税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税が軽減されます。手続きが必要です。

◆地震対策のための構造の違い
「どれがよい」という言い方は一概にはできません。その建物や土地に応じての選択が必要です。
 耐震マンション2

①耐震構造…建物の丈夫さで地震に抵抗する構造。地面の上に建築されている一般的な建物の構造です。建物は丈夫なため倒壊を免れる可能性は高いのですが、直接地面からの揺れが伝わり、他の構造と比べると揺れやすくなります。

②制震構造…建物内に制振部材(ダンパー)を配置し、地震の揺れを吸収する構造です。耐震構造よりも建物の揺れは小さくなります。

③免震構造…「免震装置」の上に建物を建築する構造です。建物が地面から浮いているという形になり、揺れは建物の下にあるダンパーと呼ばれる装置が吸収します。耐震構造、制振構造よりも建物の揺れは小さくなりますが、建物の位置自体が動くので、それだけの場所の確保や免震構造に耐えうる配管なども必要となります。

耐震基準を理解して安全なマンションを探そう

今回は耐震基準についてのご説明をしました。この記事でご説明した用語を理解した上で、マンションの情報を確認してみましょう。

分譲マンションを探す賃貸物件を探す