立地・周辺環境について

<私が思う重視ポイント>
・通勤利便性
・買い物利便性
・公園が近い、歓楽街に隣接していない
・歩道を子どもと歩きやすい
・休日、家族で出かけられるスポットが程よい距離にある
・子どもと外食しやすい飲食店がある

現在の住まいを購入したとき、共働きで子どもがいなかったため、通勤利便性を重視し、交通アクセスが良く、駅から近いマンションを選びました。駅から近いので、夜遅くまで営業しているある程度大きいスーパーが徒歩圏内、コンビニエンスストアも近いといった買い物利便性については、子育てファミリーになった今でも非常に助かっています。

歩道の歩きやすさは、意外と大事なポイントです。もちろん性格にもよりますが、歩き始めたら親の手を放してしまうお子さんもいますし、イヤイヤ期には道に寝っ転がる子もいます。歩道がないのに車通りが多い道だと、親は常に気を配り続けなくてはならず、毎日緊張しながら歩くのは、ちょっとしたストレスにもなりかねません。
また、少し大きくなって子どもが一人で歩くようになった時に心配になるような道ではないか、車から死角になるような場所はないか、などは、永く快適に暮らすためには確認した方が良いと思います。

子育て・教育環境について

<私が思う重視ポイント>
・送り迎えしやすい立地に保育園・幼稚園がある
・通いやすい立地に学習塾がある
・通学校となる小学校・中学校の距離と評判(確認)
・自治体の教育支援(確認)
・自治体の子育て支援(育児相談や医療補助など)(確認)
・徒歩圏内に小児科がある ※できれば複数

保育園に関しては別記事で詳しく記載しましたので「保活編」をご覧ください。
保育園・幼稚園・塾などの所在地は、モデルルームでも教えてくれますし、ネットでも調べられます。より教育方針がお子さんに合いそうなところへとお考えの場合は、通える範囲に複数幼稚園や塾があるマンションを選んでおくと安心できますね。

学区に関しては、通学校の立地や評判などを地元の方に聞いた話としてモデルルームで教えてもらえることも多いです。ただ、学年によっても雰囲気は異なるでしょうし、校長先生が変わったら学校の方針はがらりと変わることもあります。もちろんそれは保育園・幼稚園も同じですが、いつかはお子さんをと考えている世帯にとって、小学校・中学校の入学はかなり先ですので、どこか一つの学校を狙うというよりは、例えば、通学校以外(学校選択制・私立など)にも選択肢がありそう、(中学や高校の)受験率が高く子どもたちに勉強をする習慣がある、などの観点で選ぶと良いかもしれません。

プレファミリーの住まい選びの小児科
未就学児は病院に行くことも多いので
周辺に小児科や耳鼻科、小児歯科など、
複数の病院があると便利。

その他、子育て環境としてチェックしたいのが、小児科が近くにあるか。お子さんによっては乳児から幼児の間に何度も病気になることがあります。(1人だけ5歳まで一回も保育園を病欠したことがない、という話を聞いてびっくりしたことはありますが。)突然の高熱に焦らなくても良いように、通いやすい位置に小児科があるかは、必ず確認してください。さらに、夜間や休日も診てもらえる救急外来があればなお心強いですね。

最近は、そのエリアに住んでいるお母さんの声を聞くことができるモデルルームも出てきました。地元のお母さんたちとお話できるブースがあり、いろいろ質問できるサービスです。保育園、幼稚園がただ「ある」だけでなく、入園しやすさ、小学校・中学校の評判や受験する割合、小児科の「どれくらい混んでいるか」「診察予約はできるか」「出す薬の量や治療方針」などがわかれば、より安心して暮らせると思います。見学したモデルルームに地域の住人の声を聴くことができるサービスがあれば、ぜひ利用してみてください。

施設・仕様・間取りについて

<私が思う重視ポイント>
・(できれば)子育てファミリー世帯が他にも住んでいること
・収納が充実していること

分譲マンションは、その規模や形状によって、大規模マンション、タワーマンション、コンパクトマンションなどに分類されますが、子育てファミリーだからと言ってどの規模のマンションが良いというのは特にないと思います。

ただ、例えばコンパクトマンションで単身者ばかりのマンションよりは、子育てファミリーやプレファミリーが多少なりともいるマンションの方が暮らしやすいかもしれません。私は育休中、平日の昼間にふと「今、この建物にいるの、私と我が子だけ?」と不安になりました。現在の住まいの前に、夫婦2人でファミリー中心の大規模マンションに住んでいましたが、東日本大震災の時に会社から歩いて帰ると1階のライブラリーにお子さんのいるお母さん達が集合して家族の帰りを待っていたのが印象的でした。いざという時に、皆で助け合えるコミュニティがあれば、小さい子どもがいても心強いと思います。
ファミリー世帯(プレファミリー世帯)がたくさん住んでいれば、住民同士で子どものことを考えて、セキュリティ意識が高くなり自治レベルも上がり、より快適に暮らせそうです。

また、子どもがいない時は必要性を感じていなかったのですが、出産後、友人宅の屋上やキッズスペースで遊ばせてもらってから、大規模マンションの共用施設に注目するようになりました。キッズスペースがあれば雨も気にせずに遊ばせられますし、パーティールームで子どもの誕生日会をするのも憧れます。(ただし、キッズスペースで子どもが遊ぶ年齢は限られています。共用施設が充実すれば相対的に管理費もあがるので、購入の際はご家庭のライフスタイルに合うかをじっくり検討してください。)

プレファミリーの住まい選びの家族写真
規模に関わらず多世代が暮らしやすい住まいが子育てしやすい住まいなのかなと思います。

間取りに関しては、お子さんの性格・性質にもよるだろうな、というのが正直な考えです。

例えば、キッチンに入って引き出しを開けたり、魚焼きグリルを開けておもちゃを入れたりするお子さんも多いようです。包丁や火が怖いので、アイランドキッチンではなく独立キッチンなど、ガードをつけやすい間取りを選んだ方が良いと思います。ただ、うちの子は、台所に一切入ってこようとしないので、ガードが必要ありませんでした(友人の1歳くらいのお子さんが来ると毎回大変なことになります)。

うちの子は寝相が大変悪く、ベッドからフローリングの床に落ちたことがあります。絨毯か畳の部屋にお布団がよかったなと思いますが、大きいベッドを購入してしまっていたので、ベッドガードを着けるなど、いまだに苦労しています。しかも、落ちないように寝室の壁にベッドをくっつけたことによって、腰高窓に登れるようになってしまい、新たな危険対策が必要になりました。
また、我が家は子どもが寝ている寝室と台所が隣り合っており、冷蔵庫や電子レンジのドアの開閉音や電気スイッチのON・OFF音など壁に響く音で起きて泣くので、乳児の時には夜の料理や片付けに苦労しました。大人であればテレビの音や洗濯機終了ブザーなどが気になりそうですが、子どもが気になる音は大人と違うことを実感しました。

部屋数も、お子さんの性格に左右される部分があります。「ネントレ」で早々に部屋が別になるお子さんもいますが、大抵、乳児幼児の間は両親と同じ部屋で寝ることが多いようです。何歳から子ども部屋が必要になるかは読みづらく、みんなで寝る主寝室が広い方がよいか、一つ一つは狭くても部屋数が多い方がいいかの判断は難しいと思います。(部屋数を増やすことはできないので、迷った時は部屋数を優先した方が無難かもしれませんね。)

性格・性質によるので、生まれてみないとわからないことが多いですが、一般的には、やはり子どもの足音が気になるお家は多いのではないでしょうか。
我が家も1階だったら気にならなかったのかなとか、専用庭やルーフバルコニーがあったら、そこで思いっきり走らせることができたのかなと考えることがあります。(専用庭やルーフバルコニーがある住戸はその分価格が高くなるのが一般的ですし、毎月の使用料もかかります。お子さんが遊ぶのも一時のことだと思いますので、コストが上がるだけの価値があるかは慎重に検討してください。)

また、これだけは自信を持ってオススメできるのは、収納が充実している間取りを選ぶこと。服、おもちゃ、本、モノが溢れて部屋が片付かなくなります。夫婦お二人の時点で、さらに1人分余裕があるくらい収納が充実している方がよいと思います。

その他、最近は安全性を重視し、段差や角の少ない間取りや、ドアの指詰め防止や小さいお子さんによるベランダへの締め出しなどを防止する対策が行われているマンションも増えています。気になる方はモデルルームで詳しく聞いてみてください。

プレファミリーの住まい選びの子ども部屋
家の中も想定外の危険な箇所がいっぱいあります。親にとっても子にとっても安心できる住まいだと嬉しいですね。

資産価値について

<私が思う重視ポイント>
・突然のライフステージの変化の際に、売買や賃貸に出すことになっても買い手・借り手が見つかりそうな住まいであること

子育て環境を考慮せずに購入してしまったのに焦っていないのは、唯一、資産価値という点は担保できていたからです。自身のマンションのほぼ同じ広さの部屋の賃料を見ると、ローンの支払いよりも上回っています。同じく、中古の売り出し価格を確認しても(現時点では)購入価格よりも高い金額で取引されているようですので、今後、貸すことになっても困らなそう、売ることになっても残債割れをすることはなさそうという楽観的な見込みをしています。

異なる個性・魅力を持つ多様なマンションがありますので、マンションを「資産価値」だけで語りたくないですし、その人にとって「住みたいと思えるところが、住むべき住まい」だと思っています。
ただ、永く住むつもりで購入してもどんなライフステージの変化があるかはわからないので、いざという時に困らない住まいを探すことは、大切なポイントだと思います。
「絶対」はなく、100%損しないマンションを明言することは難しいですが、少なくとも購入時点で、同エリアの似た条件のマンションの賃料、周辺の中古マンション相場はチェックした上での購入をお勧めします。

【まとめ】後悔の少ない住まい選びを!

プレファミリーの住まい選び‗マンションについて
ライフスタイルから譲れないポイントを
明確にして住まい探ししたいですね。

いろいろ書いてきましたが、実は、私がWoMansionでマンションを見学していて、夫婦2人で購入し、子どもが生まれても生まれなくても、シニア世帯になっても、どのライフステージでも快適に暮らせそうと思うマンションは決してたくさんあるわけではありません。

おそらく全てを満たすマンションを見つけるのは難しく、諦める条件も出てくるかもしれません。それでも、検討せずに購入してしまうのと、わかった上で妥協するのでは、全然違うと思っています。
ご家族のライフスタイルや嗜好にあったマンションをぜひ購入していただきたいです。今回はあくまで私の条件・注意点なので、例えば身近なお友達などの意見も聞いてみて、後悔の少ない住まい選びをしてください。

関連記事

WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

新築分譲マンションを探すなら
「LIFULL HOME'S」新築マンション 子育てに嬉しい環境特集

(2018/08/27)