中古マンション購入の際、契約して入居に至るまでには、売買契約や住宅ローンの申し込みなどの諸手続きを行う必要があります。長く住むことになる家ですから、内覧では気付きにくいことについても、売主によく確認することが大切です。中古マンションの売買契約をできるだけスムーズに進めるために、ここでは契約の流れや注意点などについて解説します。

意にかなう物件が見つかり、申し込みから売買契約に至るまではおよそ1週間かかります。
契約の際には買主と売主、不動産会社が揃って重要事項を確認し、その内容をしっかりと理解した上で各種書類への記入が行われます。

 

この時、契約条件の再確認なども行われるため、曖昧な点をなくすように努めることが大事です。

 

曖昧な点をなくすようにしましょう

 

契約に先立って、まずは申し込みを行います。この時、住宅ローンを利用するかどうか、支払い方法はどうするか、購入にあたって売主に対する要望はあるか、いつ頃の引き渡しを希望するかなどを申込書に記入することになります。この記入済み申込書に基づいて不動産会社は売主と交渉し、契約条件の調整を図ります。

 

まず契約の前に申し込みが必要です

まず契約の前に申し込みが必要です

 

契約後にローンが利用できずキャンセルになることを避けるために、不動産会社が仲介して住宅ローン融資の可否を銀行に確認します。これを事前審査と呼びます。

 

事前審査には必ず通るとは限りません

 

売買契約を交わす前に、購入する物件の権利状況や面積、道路との位置関係、契約をキャンセルした場合の規定などについて説明を受けます。わからない点があればこの時点でしっかりと確認することが大切です。

 

重要事項説明で気になる点はすべて確認しましょう

重要事項説明で気になる点はすべて確認しましょう

 

重要事項説明を理解したら、次に売買契約を結びます。売主からは、物件の不具合部分や備え付け設備に関する説明があるので、よく理解して曖昧な点をなくすようにしましょう。売買契約書には、重要事項説明の際に確認した権利関係や売主と買主の義務などが詳細に記載されています。これに署名と捺印を行い、手付金を支払えば契約成立です。

 

重要事項説明のあとに契約を結びます

重要事項説明のあとに契約を結びます

 

契約書などは不動産会社側で用意されますが、購入する側は以下のものを用意する必要があります。

 

必要なもの

  • 実印
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 合意した手付金(一般的には購入価格の1割程度で、現金か小切手で支払う)
  • 購入価格に応じた収入印紙
  • 仲介手数料

仲介手数料に関しては、契約時に半分を支払い物件引き渡し時に残りを支払う方法か、引き渡し完了後に一括で支払う方法が一般的です。不動産会社によって取り扱いが異なりますので、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

売買契約を結ぶ際には、重要事項の説明や物件に関する報告を受けることになりますが、特に注意したいのが備え付け設備の状況や物件の不具合に関する報告です。

 

 

給湯器やエアコンなど、どのような設備がついた状態で引き渡されるのか、付帯設備表で確認します。この時、設備の不具合がある場合はその旨を告知した上で現状引き渡しとなるため、購入後に修理などが必要になる場合があります。

 

付帯設備表とは

 

建物について、給排水設備の故障履歴や雨漏りの有無、周辺地域の開発計画や生活上影響があると考えられる施設について確認することができます。また、購入する建物で過去に事故や事件がなかったかについても明らかにされます。

 

いずれも内覧時には気付きにくい点であり、確認をおろそかにすると後のトラブルにつながりかねません。契約時に不明な点があれば質問し、十分に納得できるようにしましょう。

 

売買契約は、念願の中古マンションを手に入れられる最終段階の手続きとなります。署名と捺印を済ませれば契約成立となり、晴れて自分が所有する物件となるのです。

 

関係者が一同に揃い、大きな金額が動く契約を締結するため、緊張により慌てたり必要書類を忘れたりしないよう、事前に準備しておくことが大切です。

 

後悔のない売買契約締結のために、重要事項説明および売買契約書の内容はよく読み、曖昧な部分をなくして気持ちよく契約完了できるように努めましょう。

 

まとめ
・契約の流れを把握してスムーズな手続きを
・不動産会社に確認して必要書類や手付金、仲介手数料は漏れなく用意する
・物件の不具合については慎重に確認する
・その他、契約条件などについて不明な点、不安な点は契約成立前にクリアにしておく

 

公開日: / 更新日: