• このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の新築マンションの探し方。暮らしをイメージすることから始めよう

新築マンションで暮らす魅力として、新しい設備の整った建物で生活できることや、一からコミュニティを築いていけることなどがあげられます。

新築マンションを買いたいと思ったら、まずはマンションでの暮らしをイメージすることが大切です。イメージを固めておくと、優先順位がつけやすく、客観的に判断できるからです。
この記事では、新築マンションの理想の暮らしを考える上で、事前に検討しておきたいことをご紹介します。

モデルルームに行く前に理想のマンションをイメージしておこう

新築マンションの購入を考えたら、自分にとって理想の住まいの条件をイメージしてみましょう。何も考えていない状態でモデルルームを見にいくと、オシャレにしつらえられた空間に圧倒されてしまうかもしれません。さほどマンションについて知識がない状態で、うっかり購入を決めてしまう可能性も考えられます。後で「こんなマンションがよかったな」と後悔しないために“どんなマンションで暮らしたいか”、“どういった目的で購入するのか”など、欲しいマンションの条件を固めておいたほうがよいのです。

新築マンションで暮らしたい

あなたにとっての理想のマンションでの暮らしとは?

新築マンションを探すときにはまず、立地条件から物件を絞り込むため、初めにどのようなところに住みたいか、希望するエリアや路線、最寄り駅、駅からの距離などの条件を考えてみましょう。また、ショッピングモールが隣接する駅前か、閑静な住宅地に立つマンションがよいのかなど、周辺環境も検討するべきポイントです。

次に、2LDKや3LDKといった間取りや広さを考えます。間取りタイプとしてオーソドックスなのは、玄関からまっすぐ伸びた廊下の左右と突き当たりに居室が配置された田の字型タイプです。物件によっては、玄関が中央にあり居室は左右に振り分けられたセンターイン型タイプもあります。

たとえば、小さな子どものいる家族では、田の字型タイプは使い勝手のいいタイプです。リビングの横に居室があり引き戸を開けて一体化できるので、子ども部屋として使って子どもの様子を見ながら家事もできるからです。

理想のマンションでの暮らし

一方、DINKSや大人だけの家族では、センターイン型が暮らしやすい傾向にあります。リビングなどのパブリックスペースと寝室などのプライベートスペースが、玄関を挟んで離れているのでプライバシーが尊重されやすいからです。

間取りタイプによって、家族構成やライフスタイルによる向き不向きがあります。また、「オール電化がよい」、「収納力のあるウォークインクローゼットが欲しい」、「遮音性に配慮した二重床・二重天井の物件がよい」など設備や仕様の条件も洗い出しておきましょう。

さらに、タワーマンションなどの大規模マンションがいいのか、低層マンションがいいのかなど、物件規模も考えるようにしましょう。大規模マンションは、キッズルーム・ゲストルーム・パーティルームなど共用施設の充実した物件が多い傾向にあります。一方、低層マンションは周辺に高い建物が立つ可能性も低く、落ち着いた住環境を得られやすいものです。

たとえば、大規模マンションは子育て世帯にとって同年代の友だちをつくりやすいというメリットもあります。小さな子どもがいる場合は、キッズルームで子ども同士を遊ばせることによって、仲良くなりやすいようです。マンションで家族とどのような暮らしがしたいか思い描いてみましょう。

家族にとって暮らしやすいマンションについて話し合おう

家族で話し合おう“理想の暮らし”

“理想の暮らし”や“住みたいマンション”について家族と話し合い、イメージを共有していきましょう。立地条件では、どちらかの実家の近くの物件にするのか、もしくは中間地点を選択するのかなどが話し合うべきポイントになります。また、共働きの夫婦の場合、勤務先までの距離はどちらを優先すると生活しやすいのかも考えましょう。部屋の大きさ・部屋数・間取りの考え方も一致させておきましょう。

また、マンションを購入したら、一生をかけて住み続けるのか、いずれは買い替えるのかによって、マンションを購入する目的や求める条件もかわってきます。将来設計について考えておくことも大切です。

家族で話し合いをし、希望条件に優先順位をつけて、絶対に必要な条件とゆずれる条件を分けておきましょう。予算内で家族全員の希望を満たしたマンションはそうそう見つけられません。もし家族で意見がまとまらない場合は、実際に物件を見ていきながら、話し合いを重ね、予算も踏まえたうえで、現実的な選択をしていきましょう。

並行して情報収集を進めよう

住みたいマンションの情報収集

理想のマンションをイメージしたり、家族で話し合ったりするのと並行して、不動産情報サイトを利用して、新築マンションの物件情報を収集しておきましょう。どういった物件があるのかが把握できるとともに、予算内で買える物件のエリアや広さなどの相場観を養うのに役立ちます。希望条件がある程度まとまったら、気になる物件のモデルルームに足を運んでみましょう。

まとめ

  • 新築マンションの購入を考えたら、理想の住まいのイメージを固める
  • マンションで、家族とどんな暮らしをしたいか話し合う
  • 希望条件に優先順位をつけて整理しておく
新築マンションを探す

「新築分譲マンション
購入までの流れ」シリーズ

記事監修

  • LIFULL HOME'S編集部
  • LIFULL HOME'S編集部
  • 株式会社LIFULL
  • 不動産賃貸や売買の流れから、ライフスタイルのことまで「住まいの様々なお役立ち情報」を配信していきます!

(2018/07/23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住みたい街ランキング

ランキングページ
首都圏、近畿圏、中部圏、九州圏の住みたい街探しにお役立てください。

不動産サービス&関連ツール

不動産用語集
不動産に関する用語をわかりやすく解説しています。

LIFULL HOME'S
公式アカウント

ホームズくん
  • twitter@HOMES_kun

    Twitterでお部屋探し!ホームズくんに希望条件をつぶやくと手動で検索して返事をするよ!

  • facebookLIFULL HOME'Sページ

    LIFULL HOME'Sからのお知らせやキャンペーン情報などをお届けします。

新築マンションの購入を考えたら、まずは理想の暮らしのイメージを固めることからスタートしましょう。マンションでどのような暮らしがしたいのかを家族と話し合い、希望条件に優先順位をつけ、絶対に必要な条件とゆずれる条件を整理しておきます。暮らしをイメージしながら、住みたいエリアなどの立地条件・間取り・広さ・欲しい設備・仕様・マンションの規模などを考えましょう。理想の暮らしを思い描くことで、理想をかなえるマンションが明確になってきますよ。家族とよく相談して素敵なマンションを見つけてくださいね。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】