「中央林間」駅 徒歩5分、総戸数857邸の「ドレッセ中央林間」

人気の田園都市線徒歩5分という好立地に建つドレッセ中央林間。中央林間駅前は、商業施設が充実。さらに「中央林間とうきゅう」が「中央林間東急スクエア」としてリニューアルオープン。商業施設はもちろん子育て支援施設や図書館・市民課窓口などの利便施設も開設されるなど、地域の利便性向上のためにさまざまな取組みが進んでいます(※1)。
駅前開発で、ますます便利になる中央林間に誕生する全857戸のマンションです。

<物件概要>
所在地:神奈川県大和市下鶴間1612番1(地番)
交通:東急田園都市線「中央林間」駅徒歩5分、小田急江ノ島線「中央林間」駅徒歩6分
総戸数:857戸(ウエスト街区452戸、イースト街区405戸)
階数:14階建
入居時期:ウエスト街区2019年3月下旬予定、イースト街区2020年3月下旬予定
施工会社:株式会社長谷工コーポレーション
売主:東京急行電鉄株式会社・大成有楽不動産株式会社・相鉄不動産株式会社・総合地所株式会社
※「ドレッセ中央林間」について最新の情報はこちら

モデルルームリビング
モデルルームのリビング・ダイニング。落ち着いた大人な雰囲気のモデルルームでした。

【周辺環境】人気の憧れ沿線エリア

最寄り駅の東急田園都市線「中央林間」駅より「二子玉川」駅へ直通23分。「渋谷」駅へ直通35分、「大手町」駅へ直通50分。再開発が進む「渋谷」や個性的で魅力的な「二子玉川」へ直通でアクセスできるのは、嬉しいですね。
さらに、徒歩6分の小田急江ノ島線「中央林間」駅より「町田」駅へ直通5分。「藤沢」駅へ直通18分。「横浜」駅へ22分。「新宿」駅へ38分。
2路線利用可能で、都心にお勤めの方でも十分アクセスしやすい立地です。

ドレッセ中央林間_アクセス

乗車率が高いイメージのある田園都市線ですが、「中央林間」駅に住む知人に聞いてみたところ、始発駅なので、多少ホームで並ぶか各駅停車でのんびり行けば、朝は座って通勤することが出来るとのことでした。(一個人の意見であり、もちろん時間帯によると思います。)帰路はある程度の混雑を覚悟した方が良さそうですが、電車が混雑するということは、それだけ人気の衰えない魅力的な路線だということでもあります。

シアターではイギリス人のパパと日本人で田園都市線育ちのママとその息子が出てきます。日本に戻ってきてママが田園都市線沿線に住みたい!ということになるのですが、学生時代から田園都市線に住んでいた私の知人も皆、実家から出て一度沿線を離れても、また東急線に戻ってきていますので、シアター見ながら「うんうん、一緒だ!」と思わずうなずいてしまいました。ドレッセ中央林間の購入者も地縁がある方や現在も大和市に住んでいる方が多いというのも納得ですね。

ガーデン
オーナーズガーデン完成予想図。自然豊かな環境も魅力的。
ドレッセ中央林間_モデルルーム
モデルルーム外観。吹き抜けのエントランス。

モデルルームも中央林間駅にありますので、モデルルームから駅に一度戻り、現地に行って見ました。実際の帰路を歩いてみると、その近さを実感できると思いますので、ぜひ歩いてみてください。
駅には複数の商業施設があり、日用品の買い物であれば駅前で十分済ませられそうです。駅前を通り、マンションへ向かう道へ曲がり少し歩くと現地のクレーンが見えました。歩道も広いので子どもと一緒でもストレスなく歩けそうですし、駅徒歩5分といいつつ、ほぼフラットでまっすぐ行けばマンションの角に着きますので、体感はもっと早い気がしました。(ただし、5分はエントランスまでの時間だと思いますので、棟によっては駅までの徒歩時間が増えると思います)
現地までの道のりや信号・道路の様子、周辺の音など、「ここに住んでみたら…」をいろいろチェックしてみてください。

様々な世帯の方が購入されているそうですが、当然、未就学のお子さんがいる子育てファミリーやプレファミリーも多く入居すると思います。
駅前の整備で東急中央林間ビルには子育て支援施設が開設予定。子育ての相談室や一時預かり機能も備えた送迎保育ステーションなど、子育てサポートもさらに充実します。また、マンションの周辺には幼稚園や保育園が複数あります。大和市の実質の待機児童である保留児童数は2017年で273人(※2)。数年前から待機児童数は減っていっており、2017年、2016年と2年連続0人になっています。もちろん857世帯が入居すれば、未就学のお子様の人口も増え、突然状況が変わることが無いとは言い切れません。大和市役所ほいく課で予約できる「保育コンシェルジュ」などもあるそうですので、早めに相談・情報収集をすることをおススメします。

【設備・仕様】家族が快適に暮らせそうな共用施設

32,000m2超という広大な敷地で、建物と建物の最大離隔53mというゆとりある配棟でプランニングされている本プロジェクト。大規模マンションらしく共用施設は充実しています。

まず、複数の共用施設を集めた「リンカンスクエア」には、個別利用も一体利用もできる「キッチンスタジオ」と「パーティールーム」、キッズエリアの子どもを見守りながら交流も図れる「キッズ&パパママサロン」、オープンデッキもある「リンカンカフェ」。カフェでは、淹れたてのコーヒーやパンも食べられるそうですので、休日の朝家族で遅めの朝ごはんを。なんて生活も実現できそうです。

和・洋2つの「ゲストルーム」にはコンセプトに合わせて蔦屋家電がセレクトした家電・備品が置かれています。ちなみに「和」のコンセプトは“孫とお泊り”、「洋」のコンセプトは“癒しとリラックス”だそうです。
趣味を楽しめる共用施設として楽器演奏やカラオケが楽しめる「ミュージックルーム」や、本格的なプロジェクターで大画面・高音質の映画鑑賞ができる「シアタールーム」もあります。映画鑑賞はもちろんですが、特別な日に両親を呼んで子どもの成長をまとめたビデオをシアタールームで鑑賞し、その日はゲストルームに滞在してもらうのとかいいな…と妄想しました!笑

ドレッセ中央林間_ミュージックルーム
ミュージックルーム。子どもに楽器に触れさせることもできますね。

大規模ならではの植栽も魅力です。エントランス前の「フロントガーデン」の中には、住民以外も利用できる「コミュニティパーク」(自主管理公園)。地域の人々と草木を育てる花壇などが設けられる予定です。グランドエントランス棟を通り抜けると「ラウンジガーデン」があり、さらにその奥のブリーズコートとエアリーコートの間には「オーナーズガーデン」があります。オーナーズガーデンは、遊具などもあり、子どもがセキュリティに守られた状態で遊ぶことができます。さらに、緑の中には、多目的スペースとして、ヨガやリトミックなどに利用できる「ガーデンハウス」。緑を眺めながらヨガを楽しむ。なんてなかなか経験できません!「BBQコーナー」もありますので、家族や住人同士でアウトドアを楽しむこともできますね。

bg03
オーナーズガーデン完成予想図。住人専用のプライベートガーデン
ドレッセ中央林間_共用施設模型
シアターでは模型を使って共用施設の
説明を聞けるので位置関係がわかります。

様々な施設が用意されていますが、ハードだけではなくソフト面でも住人同士や地域のコミュニティ形成について考えられています。イベントや居住者交流会、セミナーやサークル活動など、入居から2年間分のプログラムが用意されています。また、地域とのつながりも考慮して「コミュニティパーク」での「リンカンマルシェ」などが予定されています。同じマンション内の住人や地域の方と触れ合う機会が増えれば、より楽しく暮らせそうです。

セキュリティは24時間有人管理、全住戸の窓に防犯窓センサー設置、全住戸の玄関に防犯マグネットセンサーなど充実しており、安心して暮らせそうです。
さらに、防災面も防災備蓄倉庫を用意し、非常用飲料水生成システムやマンホールトイレなど、もしものときの対策がしっかり行われています。
駅近マンションではありますが、カーアクセスも良い立地ですので、駐車場は計523台分設置されます(平置駐車場203台分。自走式駐車場を307台分)。

【モデルルーム】多彩な間取りプラン

ドレッセ中央林間_コネクトプラン
2LDKと3LDKの住戸がドアでつながるコネクト
プラン。この小さい模型が間取りを上から
立体的に見れて分かりやすかったです。

シアターでも紹介されていたのですが、もともとは隣合う2つの住戸にドアがあり、玄関を通らなくても行き来できるという「コネクトプラン」という珍しいプランがありました。将来売却する際に売りづらそうとか、少しくらい離れていた方がお互い気が楽などの意見もあるとは思いますが、隣だからこそしっかり気配を感じて暮らせますし、小さいお子さんがいて、祖父・祖母に子どもを預かってもらうことがあるようなご家庭の場合、迎えに行く時間が必要ありませんね。子どもが既にパジャマ姿になっていたとしても外に出ずに、すぐ家に連れて帰れるので便利だと思いました。
いつでも行き来できる二世帯住宅の機能を持ちつつ、セキュリティやサービス、共用施設など分譲マンションならではの利便性も享受できますので、個人的にはとても魅力的なプランだと思います。
残念ながら、現在すでに販売は終了してしまっていますが、(もっと早く見学に行けば良かった…)高齢化社会や核家族化が進む現代に、増えていくと良い素敵な取り組みだなと思いました。

モデルルームはB9type(75.03m2)とA1type (85.25m2)の2タイプ。

3LDKのB9typeはリビングダイニングと横の洋室3をウォールドアで仕切り、ライフスタイルに応じて、ウォールドアを開ければ2LDKのように利用できる間取りプラン。奥行きのある布団クローゼットや、ウォークインクローゼットなど収納も充実しています。

ドレッセ中央林間_モデルルーム01
左上:男の子の部屋。壁紙がかわいい。 右上:子ども部屋の机。シンプルなインテリアで集中できそう。 右下:リビングダイニング 左下:キッチンの横にある収納。納戸は床とつながっているので、掃除機などを置きやすくて便利。 

A1typeはもともと4LDKだった間取りを2LDK+DENに変更しています。角部屋で、アルコーブに面した洋室にも面格子の窓がついており、窓がかなり多いので風通し良く快適に暮らせそうです。

ドレッセ中央林間_モデルルーム
左:中学生くらいの女の子の部屋。インテリアがかわいかったです。 上中央:intelligent HOMEとして「IPカメラ」や「家電コントローラー」など、IoT家電が紹介されていました。 上右:木目調シートのベランダ。 右下:おしゃれなDENスペース

【価格とまとめ】都心へのアクセスも豊かな自然に囲まれた暮らしもかなう大規模マンション

ドレッセ中央林間_模型
模型。位置関係を把握して、
どの住戸にするかじっくり考えたいですね。

マンションは5つのコートに分かれており、現在はより駅に近い3棟の販売が進んでいます。全戸、一斉入居ではなく奥の2棟が1年遅い入居になるそうです。

価格は、それぞれ前建(※3)と駅への距離を配慮して決められています。
駅に近い住戸(棟)を選ぶか、同じマンションでありながら比較的安価に設定された住戸(棟)を選ぶかは考えが分かれるとは思いますが、希望通りの住戸を選ぶためにも、まずは早めにモデルルームへ行ってみることをお勧めします。

(価格例)※見学時の価格表であり、現在販売中の住戸とは限りません。
【エアリーコート】※予定価格
1階  68.63m2 3LDK 3,998万円 ※テラス・専用庭付
2階  68.63m2 3LDK 3,888万円
12階  68.63m2 3LDK 4,468万円 ※最上階
12階  85.25m2 4LDK 6,248万円 ※最上階・角部屋

【カレントコート】
2階 72.15m2 3LDK 4,198万円

【ブリーズコート】
14階 75.19m2 3LDK 4,988万円 ※最上階

購入者は、戸建てからマンションへ住み替えるシニア世帯、比較的大きいお子さんがいるファミリー、未就学のお子さんがいる子育てファミリー、プレファミリーやDINKSなど、本当に幅広いそうです。少し意外だったのですが、中には単身の方もいらっしゃるとか。いろいろな世帯が同じマンションで暮らし関わっていくというのも大規模マンションならではの魅力かもしれませんね。

2路線利用可能、駅徒歩5分という利便性の高い立地でありながら、豊かな自然に囲まれて暮らせるマンションです。公式のアプリがあり、ダウンロードするといろいろな情報が見られますので、ぜひチェックしてみてください!



※1:掲載は基本的に見学時点の情報ですが、見学後、記事公開までの期間に「中央林間東急スクエア」がオープンしましたので、情報を更新しております。
※2:【記者発表資料】神奈川県県民局次世代育成部次世代育成課 保育所等利用待機児童数の状況について(2017年05月31日)
※3:通称「前建(まえたて)」 隣接している建物のこと。


※掲載の情報は見学時点の情報です。(「中央林間東急スクエア」に関する部分を除く)(モデルルーム訪問日:2018年1月30日)

同じ中央林間駅の新築マンション:LIFULL HOME'S 新築マンション「中央林間駅」の物件一覧をご確認ください。miku

関連記事

WoMansionではいろいろなマンションのモデルルームを訪問しています!
女性にやさしいマンション情報「WoMansion」

公開日: