マンションと一戸建てのインターネット契約の違い

pixta_21533754_S
マンションによって使える回線が
異なるかもしれません

まず、マンションと一戸建てにおけるインターネット契約の違いを簡単に確認してみましょう。
インターネット回線の契約プランには
“一戸建てプラン”“マンションプラン”があります。

一戸建てプラン(ファミリータイプ)は、世帯単位の契約で、近くの通信線から直接回線を引き込みます。

一方マンションプラン(マンションタイプ)は、マンションの共有部分までインターネット回線を引き込んでから、各住戸に配線する方法です。

複数の世帯をまとめて契約することで料金が割安になるというメリットがあります。

回線会社・プロバイダ・光コラボレーションの違いとは?

Illustration of the technology.
地域によって対応してない回線もあります

回線会社プロバイダの違いを知っておきましょう。
現在のインターネット接続の主流である、光回線の場合を想定して解説します。

回線会社とは、光回線を提供する会社のことです。
NTT東日本(フレッツ光)・au(auひかり)・SONY(NURO光)などが該当します。

次にプロバイダとは、回線を通じてインターネットに接続するための会社です。
OCN・@nifty(ニフティ)・ビッグローブ・So-net(ソネット)などが該当します。

つまり、インターネットを利用するためには、回線会社とプロバイダの両方と契約を結ぶ必要があります。

また、2015年からは光回線とプロバイダが一体化した“光コラボレーション”のサービスが開始されました。
ドコモ光・OCN光・ビッグローブ光などが該当します。

マンションのインターネット状況を確認しよう

それでは、マンションのインターネット導入にはどのようなケースがあるのでしょうか。

インターネット回線(光回線)がない
新築マンションであれば、インターネット回線が導入されていないということはまずありません。
ただし築年数の古いマンションのなかには、ADSLなど古いタイプの回線しかないというケースもあります。

インターネット回線がマンションの共有部分まで引き込まれている
共有部分まで光回線が引き込まれており、各住戸までは配線されていないケースです。多くのマンションはこのケースに該当します。この場合、配線の引き込み工事とプロバイダ契約が必要です。

各住戸まで配線されていて、すぐに使える
マンション単位でプロバイダ契約が行われているケースもあります。室内にルーターなどの通信機器が備え付けられており、入居後すぐにインターネットに接続することが可能です。インターネットの利用料金が、管理費や共益費に含まれていることもあります。

マンションのインターネット契約の大まかな流れ

マンションのインターネット契約は、設備の状況によって選択できるプランが異なるため、さまざまなケースが考えられますが、ここでは大まかな契約の流れを紹介します。

1. プロバイダに申し込む

pixta_19855271_S
インターネットから申し込みが出来ます

まず、管理会社や大家さんにインターネット導入の許可を得ます。
光回線提供会社のウェブサイトで、自分の住むマンションの住所を入力すると回線の提供エリアか・回線の引き込み済みかなどが判断可能です。
つぎに接続プロバイダを選択し、申込みを行います。
インターネット環境がなくウェブサイトからの申込みができない場合は、家電量販店などの店頭で契約することも可能です。

2.工事日の調整
プロバイダから折り返し工事予定日の連絡が来るので、立ち会い可能な日の調整を行います。
申込みから工事までは2~3週間ほど、混雑する時期は1ヶ月以上掛かることもあるので早めに連絡しましょう。

3. 引き込み工事
引き込み工事自体は1~2時間程度と短時間です。
工事が完了したら、インターネットに接続することができます。

インターネットの導入状況はどう表記される?

マンションの付帯設備として、“ブロードバンド対応”“インターネット導入済み”と記載されていることがあります。

ただし表記に関して統一された基準があるわけではありません。
光回線会社の種類や配線の具体的な状況は管理会社や大家さんに確認しましょう。

pixta_10655205_S
ブロードバンド=光回線が引き込まれています

|ブロードバンド対応マンション
ブロードバンドとは“広帯域通信”、つまり高速通信という意味です。
具体的な通信の種類を示す言葉ではないので、ブロードバンドが何を指すかは時代によって異なります。
現在の新築マンションで“ブロードバンド対応”と記載されている場合は、光回線が引き込まれていると考えてよいでしょう。

|光ファイバー対応マンション
文字通り、光ファイバー回線(光回線)をマンションに引き込んでいるという意味です。

city and clouds.
使える回線が引いてあるマンションは便利です

|インターネット完備・インターネット導入済み
マンションにインターネット回線が引き込まれていることを示す表示です。
ただし各住戸までは配線されていないケースもあり、その場合はプロバイダに工事を申し込む必要があります。

|インターネット無料マンション
マンション単位でプロバイダ契約済みのため、入居後すぐにインターネットを使用できます。
プロバイダを選ぶことはできません。

新たな回線を自分で契約したい場合

自分の希望する会社の光回線を、マンションに新たに引き込むことは可能なのでしょうか。
個人で契約する場合は、一戸建て向けプランのファミリータイプでの契約になります。
また、建物の規模やエリアによってはファミリータイプの契約ができないこともあるので、事前に確認しましょう。

希望の回線が自宅マンションに対応しているかどうかは、各回線会社のウェブサイトで調べることができます。
なお、対応可能な場合でも、分譲・賃貸ともに管理会社や大家さんへの申請は必要です。

モバイルルーターという選択肢も

pixta_29689800_S
ライフスタイルに合ったものを選びましょう

自宅に固定の回線を引かずに、パソコンなどの端末をインターネットに接続する方法として、“モバイルルーター”という選択肢もあります。
モバイルルーターはスマホ回線のように各地に配置された基地局に無線で接続するサービス。
モバイルルーターにはいくつかの通信規格がありますが、UQWiMAXY!mobileの“ポケットWi-Fi”などが代表的です。
店頭で申し込み・契約をすれば、工事不要ですぐに使い始めることができ、対応エリア内なら引越しの際も途切れることなく使用できます。

モバイルルーターの注意点は、通信制限
モバイルルーターには、通信制限のあるものが多いです。
例えば、月間あるいは3日間で一定の通信量に達すると、通信に制限が掛けられ転送速度が下がるものがあります。
しかし、種類によっては無制限のものもあります。
高画質の動画など、大きなデータをダウンロードすることが多い人は、プラン内容をよく確認しましょう。

インターネットの準備を早めにしておこう

インターネット回線が引き込まれているマンションでも、住戸内まで配線されていない場合は工事が必要です。
特に引越しの多い年度末などは、申込みが集中して開通までに1ヶ月以上かかることもあります。
入居後にインターネットに接続できない期間を作らないために、マンションの状況を引越し前に確認し、早めに手続きを行っておきましょう。

●まとめ●
・マンションのインターネット契約は一戸建てよりもお得
・回線会社とプロバイダの両方と契約する必要がある
・各住戸まで配線されていない場合は工事が必要
・マンションのインターネット導入状況に関する表記はまちまち
・対応状況によっては個人で新たに回線を引き込むことも可能


全国の賃貸物件を探すインターネット使い放題無料の賃貸物件を探すブロードバンド・光ファイバー利用可能な
賃貸物件を探す

(2018/02/21)