24時間換気設備の設置が必要になった原因は?

改正建築基準法が施行された2003年7月以降、全ての建造物に24時間換気システムを設置することが原則として義務付けられました。
その理由としては、シックハウス症候群を予防することが挙げられます。

シックハウス症候群は、主に建材や家具などから発生するさまざまな有害な化学物質が原因で起こると考えられています。
また、マンションなどの気密性の高い住宅が増えてきたこと、ライフスタイルの変化から換気する機会が減少した、などという理由によって、国土交通省は24時間換気システムを義務化するに至ったのです。

T計画換気
24時間換気

| 24時間換気の仕組み
24時間換気の仕組みは、外気をリビングや個室にある給気口によって取り込み、部屋全体の空気をきれいにした後、洗面所やトイレにある天井排気口から外に排出されるというのが一連の流れです。
建築基準法では、1時間で部屋全体の空気の半分以上が入れ換わっていることが必要である(※)と定めています。
※「シックハウス対策について知っておこう。」国土交通省

3つの換気方式とそれぞれのメリット・デメリット

24時間換気システムには3つの換気方式があり、それぞれの換気方式には一長一短あります。

“第1種換気方式”
外気を取り込む給気口と空気を排出する排気口の両方を、換気扇などの機械によって行う方法

“第2種換気方式”
給気のみ機械で行い、空気の排出に関しては自然に排気口から行う方法

“第3種換気方式”
空気の取り込みは自然に給気口から、排気は機械によって強制的に行う方法


安定した換気効果の第1種換気方式
費用面でみると、給気と排気のどちらも機械で行う第1種換気方式がほかと比べて高くなります。
しかし、空気の循環を最もコントロールしやすく、安定した換気効果が期待できます。

Air Duct Factory
機械で給気を行うのが第2種換気方式

住宅には少ない第2種換気方式
給気は機械で強制的に、排気は自然に任せるという仕組みの第2種換気方式。
通常、強制給気によって取り込まれた空気が室内に入ると、気圧が高まります。
室内の気圧が上がると、今度は下がろうとするので空気は外部へと自然に流れていきます。
その働きを利用して自然な排出に任せるというのが第2種換気方式の特徴です。

出入口のドアを開けても他の部屋から汚染した空気が入ってこないという特徴から、無菌室や手術室、工場などのクリーンルームに採用されてきた特殊な換気方法です。
気密性能が高くない住宅では隙間から室内の水蒸気を含んだ空気が外部側に流れるために、冬季間に壁体内結露を起こす可能性が高く、住宅に採用されることは少ないようです。

pixta_18194303_S
機械で排気を行うのが第3種換気方式

結露に強いのは第3種換気方式
排気は強制的に機械で、空気の取り込みは自然に任せるのが第3種換気方式です。
第1種、第2種換気方式と異なるのは、すべての居室に給気口を設ける必要があるという点です。

給気口からの自然給気と強制排気という仕組みは、内部結露が起きにくく、ランニングコストが抑えられるというメリットがあります。
近年増えている高気密・高断熱住宅にも適した換気方式ともいわれています。
しかし、外気の侵入口が増える分、気密性の低い日本家屋などは反対に暖房費が高くなる可能性もあります。

換気を止めるとどうなる?

pixta_30993398_S
場合によっては換気を止めた方が
良い場合もあるので注意してください

24時間換気があるおかげで、化学物質による空気汚染を抑えられている可能性があることもあり、原則として換気を止めてはいけないことになっています。
ただ、常に換気をしている状態だと、冬場などはとくに寒いと感じるかもしれません。

入浴の前後だけでも切りたいと思われるかもしれませんが、スイッチを完全に切ってしまうのはおすすめできません。

最近の24時間換気システムには、風量が細かく調節できるようになっているので、短時間程度なら風量を弱めても換気への影響は少ないでしょう。

しかし、完全にスイッチをオフにした方が良いケースというのも、例外として起こることがあります。

換気を切った方がいい場合というのは、大火災や原発による放射能汚染といった緊急事態の発生時などです。
基本的に24時間換気システムの稼働はしておくべきですが、万が一の事態が起こった際に慌てないように、止め方は事前に取扱説明書で確認しておきましょう。

効率的な空気循環のために定期的なお手入れを

pixta_12414759_S
数ヶ月に一度はフィルターを確認しましょう

24時間換気システムを採用している住宅に住んでいても、空気の出入り口部分や、中のフィルターがほこりで詰まったままだと電気代のムダ使いにしかなりません。

フィルターの汚れ具合は、周辺環境によって変わるため交換頻度は各家庭により異なりますが、次第に汚れが溜まってくるので、数ヶ月に一度は給気口や排気口のチェックを行うことをおすすめします。

給気口のふたは簡単に開くことができ、中にあるフィルターが取り出せるようになっています。

数ヶ月に一度のチェックでは、フィルターの目詰まりがあれば掃除機でホコリを吸引しましょう。

汚れがひどいようであれば、中性洗剤でやさしく洗ったら、よく乾燥させてから取り付けます。何回かお手入れをするうちに、フィルターが傷んできたら新しいフィルターに交換するようにしてください。

●まとめ●
・2003年の改正建築基準法で、住宅に24時間換気システムを設置することが義務付けられた
・24時間換気システムはシックハウス症候群予防にもつながる
・24時間換気システムには3種類の換気方式があるので、住宅の気密性や地域環境によって適したものを選ぶ
・換気効率が落ちないように、フィルターの点検・お手入れは定期的に行うこと

マンションを探す