分譲マンションを購入するとき、物件自体や間取りを選ぶほかに、階層も選択することになります。

同じ間取りであっても、階層によって価格が変わってくるほか、特徴も異なります。自分に合った高さはどこなのか、階層による暮らしやすさの違いから考えてみましょう。

マンションは階層によって<br>家賃が異なることが多いです。<br>なぜでしょうか。

分譲マンションに限らず、賃貸物件でも階層によって家賃は異なります。賃貸物件の家賃を決める要素は、立地条件や専有面積、築年数、階層や住戸の位置などです。

 

同一の賃貸物件で専有面積が同じであっても、上層階にいくほど家賃が高くなり、さらに角住戸は高めに設定されていることが一般的です。上層階の方が日当りや眺望がよく、通気性に優れ、騒音も軽減されるためです。

 

特に建物が密集している都心部では、低層階は日当たりや風通しが期待できないことが多いため、下層階と上層階では家賃の差が大きくなる傾向があります。

 

例えば、1階が10万円であれば、2階は10万4,000円、3階は10万6,000円といったように家賃が設定されます。

階下への足音を気にしなくて<br>いいこともメリットです。

 

1階はエントランスや駐輪場などに近いため、気軽に外出がしやすく、ベビーカーや大荷物がある時でも行き来しやすいというメリットがあります。

 

通勤時間帯でもエレベーター待ちの時間が掛からず、忘れ物をしても取りに戻りやすいことなども、忙しい人にとっては魅力の一つです。

 

階下になるフロアがないため、子供がいるファミリー世帯であっても、他の階に比べてそれほど足音を気にせずに暮らすことができます。専用庭があることを理由に、1階を選ぶ人もいます。また、家事や災害が起きた際には、避難しやすいこともメリットです。

 

ただし、外部からの視線が気になりやすいことや車の音や通行人の話声が聞こえやすいこと、虫が入りやすいことや草むしりが大変といったデメリットがあります。

 

2階や3階であれば、階段を使うことが苦になりにくいため、エレベーターのラッシュ時や緊急時の際も移動しやすいことがメリットです。

 

また、1階が駐輪場の場合で下階への音に気を使わなくて済むケースもあります。

 

反面、低層階は外部からの視線が気になりやすいこと、車の音や通行人の話声が聞こえやすいこと、虫が入ってきやすいことがデメリットです。

 

高層階はメリットが目立ちますが<br>注意したいこともあります。

 

高層階は周囲からの視線が気になりにくく、上階になるほど周囲に建物が少ないため、明るく、風通しがよいことがメリットです。

 

高層階は北向きでも前面に建物がない場合は、日中は電気をつけなくても済むほど明るくなります。また、高層階は立地によっては眺望が楽しめ、中には、花火が見られる物件もあります。

 

一方で、通勤時はエレベーターが混雑したり、日頃の外出が億劫になりやすかったりすることがデメリットです。

 

さらに夏場は日射しがきつく、室内が暑くなりやすいという点も挙げられます。また、免震マンションなどを除くと、地震の際の揺れが大きくなりやすいことも覚えておきましょう。

 

最上階は高層階の特徴に加えて、ステータス感があり、上階からの足音や物音が気にならないことがメリットです。

 

また最上階は、住人のほかに用のある人以外が来ることはないため、不審者を見つけやすくなります。

 

ただし、最上階は屋上や天井から熱が伝わりやすく、冷房効率が悪いことがデメリットとして挙げられます。

低層階からだけでなく、<br>上からの侵入も気を付けましょう。

 

価格を重視した場合には、階層が高い部屋の方が価格は高くなりますが、専用庭があるなどの条件によっては、2階より1階の方が高くなるケースもあります。

 

また、共用施設が充実しているマンションでは、低層階を選んだ場合、取得価格を抑えて豪華な施設を利用することが可能ということもあり、コストパフォーマンスの面で考えるとお得と言えるかもしれません。

 

セキュリティの面では、低層階は比較的侵入されやすいとされています。そのため高層階の方がセキュリティ上安全とは言えますが、侵入者が屋上から雨樋などを伝って降りて来るケースも考えられますので、一概には言えないのが実情です。低層階でも高層階でも、施錠はしっかり行うことが大切です。

 

虫が入って来なくなるのは6~8階が目安ですが、周辺環境にもよります。また、車の通行する音や通行人の話声など、騒音を避けたい場合には、高層階に行くほど静かな環境が得られやすくなります。

 

また、上階ほど遮るものがなく、日照量が多く風通しもよくなります。ただし、高層階は日射しが強すぎる面もあり、室内が高温になりやすいことも考えられます。

 

子供の教育環境では、気軽に公園などに外出しやすいという点では、低層階に利があるといえます。また、災害時に階段で避難しやすいのも低層階です。

 

子供がいるファミリー世帯は、下階への足音をさほど気にせずに済む1階を含め、外出しやすい低層階が向いていると言えるでしょう。

 

騒音から逃れ静かな環境を求めている人、眺望に重きを置いている人、ステータス感が欲しい人などには高層階や中層階が向いています。特に女性の一人暮らしでは、セキュリティの面でも高層階の方が安心できるでしょう。

 

また、高齢者など自力で高層階から階段で階下まで降りるのが難しい場合には、安全面を考慮して低層階を選びましょう。

 

予算が潤沢にあったとしても、価格の高い高層階が必ずしも自分に合った高さとは限りません。まずはマンションの階層ごとのメリット・デメリットを理解することが大切です。

 

どこの階層を選ぶか迷った場合は、価格や日当たり、騒音などの面でバランスのとれた、中層階を選ぶという考え方もあります。自分や家族のライフスタイルに合った階層の住まいを選んで、快適なマンションライフを実現させましょう。

・低層階は外出しやすく、緊急時にも避難しやすい
・高層階のメリットは眺望が期待できることや、日当たりや風通しがよいこと
・価格面だけで選ばず、ライフスタイルに合った階層を選ぶことが大切

公開日: / 更新日: