新婚夫婦の住まいはどうする?

新婚夫婦の住まいはどうする?
新婚夫婦の住まいはどうする?

賃貸でも分譲でも、新婚での住まい探しは、まずは予算を決めておくことが大切です。すぐに子どもを考えている場合には、1人の収入でも無理なく支払える程度に住居費用を抑えることが望ましいです。賃貸物件では、入居人数に制限がある場合もありますので、子どもと暮らせる物件か確認しておきます。夫婦のどちらかが、シフト制や夜勤を伴うなど、生活時間帯が異なる場合には、寝室を別にする方が暮らしやすいかもしれません。予算とライフスタイルに合った新居探しをしましょう。

新居を賃貸にするメリットとデメリット

新居を賃貸にするメリット・デメリット
新居を賃貸にするメリット・デメリット

新婚当初は、特に20代での結婚では、仕事やライフスタイルが定まっていないことが少なくありません。新居を賃貸にすると、転職や子どもの誕生など、ライフステージの変化に合わせて、暮らしやすい住まいへ手軽に住み替えやすいことがメリットです。設備などが老朽化によって壊れた際には、オーナーの費用負担での交換となり、外装などのメンテナンス費用も掛かりません。

一方、原状回復義務の問題から、壁に穴を開けたり、収納を増やすために壁に棚を設置したり、自由に室内をアレンジできないことがデメリットに挙げられます。ただし、数は限られますが原状回復義務のないDIY可能物件も出てきました。また、賃貸住宅に住み続けた場合には、老後も住居費用の負担が大きいことも難点です。

新居を購入するメリットとデメリット

新居を購入するメリット・デメリット
新居を購入するメリット・デメリット

新婚の際に新居を購入すると、住宅ローンの借入期間を長くとりやすいため、返済がしやすいことがメリットです。住宅ローンの支払いはあっても、住まいを資産ととらえて資産を築いていくことができます。マイホームを購入すると頭金や諸経費などの初期費用は掛かりますが、老後の住居費の負担を抑えることもできます。ただし、多額の住宅ローンを長期間にわたって借り入れると、金利負担が大きいため、20代での新婚での購入は、十分な頭金を用意するのがおすすめです。新居を購入することで、自分たちの住まいとしての愛着が湧きやすく、落ち着いた暮らしもしやすいでしょう。

ただし、新婚当初は子どもの人数が定まらないため、将来的に家族に合った大きさの住まいにならず、いずれ住み替えをする可能性があるかもしれません。また、お互いのライフスタイルがわからない状況で住まいを購入すると、生活時間帯の違いなどから、暮らしにくさを感じてしまうケースもみられます。終の棲家のつもりで購入した住まいでも、転職や転勤という理由を含めて、手放さざるを得ないケースがあることもデメリットです。さらに、近隣の騒音問題に悩んだり、近所づきあいが上手くいかなかったりする場合でも、すぐに転居しにくい面もあります。

また、一戸建てはメンテナンス費用が全額自己負担になるほか将来的に内装や設備だけではなく、外装を含めた修繕費用が掛かります。マンションでは共用部の改修のために、修繕積立金を積み立てていますが、専有部分の修繕費用は別に用意しておくことが必要です。

賃貸で暮らしてみることも選択肢に

不確定要素が多いタイミングは賃貸が賢明かも
不確定要素が多いタイミングは賃貸が賢明かも

新婚当初はお互いのライフスタイルで知らない部分があったり、子どもの人数や将来の仕事といった不確定要素も大きかったりします。同じ広さの住まいでも、リビングを広くとって家族や友人でにぎやかに過ごす生活を好む人もいれば、ワークスペースを確保することを優先したい人もいます。まずは、新婚当初は賃貸で暮らし、頭金を用意してから、生活に合った間取りの住まいを購入することも検討してみましょう。

離婚する可能性も頭の片隅に

離婚する可能性も頭の片隅に入れておこう
離婚する可能性も頭の片隅に入れておこう

結婚当初は仲のよい夫婦でも、長い年月を一緒に過ごしていく中で、考え方やライフスタイルの違いなどから、離婚を選択するケースもあります。離婚をするときに、持ち家の場合はマイホームをどうするか、問題になりがちです。

夫婦の共有名義の場合、双方の同意がなければ、売却することはできません。住宅ローンの借り入れをして夫の単独名義で購入し、妻が住み続ける場合には、一括返済や、妻名義への借り換えが選択肢になります。しかし、妻の収入が少ないと、ローンの抵当権を設定している金融機関の同意を得にくく、夫名義のまま、妻が住むという不安定な状況になることが考えられます。

将来、万が一離婚という選択をした際に、マイホームを購入する場合は、処分に困らないよう、名義を考慮するとともに、売却を進めやすい物件を購入しておくことが大切です。住まいは立地条件が資産価値に大きく左右しますので、ターミナル駅にアクセスしやすく、最寄り駅から徒歩10分以内の物件は流動性が高い傾向です。頭の片隅に離婚したときのことも念頭において、新居を探しましょう。

関連記事

“中の人”に聞いてみた!「子育てパパ・ママの住まい選び座談会」
一生賃貸?それとも購入して持ち家?それぞれのメリット・デメリットを考えてみる
就職、結婚、子育て…… ライフイベント時期に合わせて 「借りる」or「買う」どう考える?
売却する可能性も考えて買うと吉!30代マンション購入のメリット・デメリット
家賃抑え目でもインテリア次第で豪華に!新婚生活にぴったりな間取りとインテリア