住みたい部屋の方角といえば「南」と答える方が圧倒的に多いですが、果たしてすべての人にとって南向き住戸はベストな選択なのでしょうか。日中はほとんど家にいない人や、朝型生活の人は、考え方によっては南向きより東向きの方が合っているかもしれません。今回は、東向き部屋のメリット・デメリットを紹介します。

日当たりの良さでいったら南向きが一番だと、多くの方は先入観を持っているかもしれませんが、一概に南向きというだけで、すべての住居が明るいとはいえません。実際、明るいと思って南向きの部屋で暮らしてみたものの、期待していたよりも日が当たらないということはあるでしょう。特に一戸建ては、方角だけの問題ではなく、周りの住戸の外壁や屋根に光が遮断されて日光が当たらないこともあります。せっかく日当たり重視で南向きを選んだのに、光が入ってこないうえに、南向きだからという理由だけで、同じ間取りで他の方角の物件よりも割高だった…といったケースも珍しくありません。

 

南向きの次に人気があるのが、東向きといわれています。午後以降にしか日が当たらない西や北よりは、東の方がいいという意見が多いようですが、東向き部屋でしか得られないメリットというものも存在します。今回は、東向き部屋の特長や魅力について解説します。

 

部屋の向きは、本当に南向きが最適?

部屋の向きは、本当に南向きが最適?

東向き部屋のメリットでまず挙げられるのが、気持ちの良い朝日を浴びられるということです。もともと朝型の方はもちろん、朝早く起きなきゃいけないのになかなか起きられないといった方も、窓から差し込む光で自然と目覚めることもできるでしょう。朝日を浴びることは、前向きな気分になる効果があるといわれています。

 

東向き部屋のメリットは?

東向き部屋のメリットは?

一般的に南向きの部屋は、日照時間が最も長く、人気が高いことから、東・西・北の方角よりも高い坪単価で取り引きされています。ただし、部屋の明るさの問題が解決すれば、東向き部屋の方が物件の予算を抑えながら、理想とする暮らしが実現可能かもしれません。例えば、南東の角部屋の東側に大きな窓があれば、長時間明るい住居に近づくことができるでしょう。
つまり、物件選びにおいて大事なのは、南か東かなど方角だけにこだわるのではなく、部屋の構造や窓の大きさも同時に確認することです。窓が大きいハイサッシ・ワイドサッシといった物件の場合、南向きだと明るすぎるのに対し、東向きなら丁度良い明るさだというケースもあるようです。また、物件の周りに光を遮る建物がないかということや、今後建設予定のある空き地がないか等、周辺環境も事前に確認しておくと安心です。

 

方角だけでなく、窓性能の確認もしましょう

方角だけでなく、窓性能の確認もしましょう

東向き部屋の朝日が気持ち良いというのは、場合によっては眩しすぎると感じることもあるようです。生地の薄いカーテンでは、完全に朝日を遮断できないため、朝方に早く起きてしまい困ることもあります。そういった時は厚めの遮光カーテンを使用したり、寝室を東以外の方角に変更して日差し対策をする必要がありそうです。

 

なお、東向き物件の日当たりは午前中がピークで、正午にかけて暗くなっていくのが通常です。そのため、洗濯物を乾かすには朝早い時間に干さないとなかなか乾かないこともあります。子どもがいる家庭や二世帯同居など、毎日沢山の洗濯物を干さなければならない場合は、東向きの部屋選びの際に、どの程度日が当たるかを入念にチェックすることをおすすめします。
また、東向きは南向きよりも植物が育ちにくいことが考えられるため、東向きのバルコニーでガーデニングを楽しもうと思っている方は、その辺も考慮して物件選びを行うといいでしょう。

 

東向き部屋のデメリットは?

東向き部屋のデメリットは?

日照時間の影響を大きく受け、夏と冬で住み心地が変化するのも東向き部屋の特徴です。東向きで比較的よく聞かれるデメリットが、冬場の日照時間の短さの関係で「冬になると暗い・寒い」ということです。それだけでなく、部屋の構造や、物件の周辺に高い建物が建っているかなどによっても、室内の温度は左右されるため、できれば午前中・午後と時間帯を変えて下見をすることをおすすめします。

 

一方で、基本的には東向き部屋に日が当たるのは季節にかかわらず午前中が中心なので、暑さがピークになる昼過ぎを避けることができることから、夏は涼しく感じるというメリットもあります。
部屋の暗さや寒さは照明や暖房器具を使う方法で快適に過ごせるというなら、東向き部屋のデメリットも人によってはそれほど気にならない場合もあります。また、「早起きは三文の得」というように早寝早起きの習慣をつける、冬場の午後は暖かい場所に出かけるなど、暮らす側が東向き部屋の環境に合わせてみると、生活習慣を整えるきっかけにもなりそうです。

 

季節で変わる日照時間

季節で変わる日照時間

公開日: / 更新日: