20畳の広さを想像してみよう

20畳ってどのくらい?広さを想像してみましょう
20畳ってどのくらい?広さを想像してみましょう

実際に暮らすことを考えたときに、20畳という広さを想像するところから始めてみましょう。

坪数に換算すると11坪、平米数ではおよそ36.5m2、畳20枚分。このように数字に置き換えてみてもぴんと来ない人もいるのではないでしょうか。6畳の部屋3つ続きなどと考えると、比較的想像しやすいかもしれません。LDKですので、この広さの中にキッチン部分として、キッチンシンクとコンロスペース、人によっては食器洗い乾燥機スペース、食器棚などを確保する必要があります。さらに、ダイニング、リビング部分として、くつろぎのスペース・食事スペースなどを配置する必要があります。キッチン・ダイニング・リビングそれぞれの広さを6畳程度と捉えると多少イメージは広がるでしょうか。

そう考えてみると、家族4人の生活で20畳ほどのスペースは「ある程度余裕がある」と言えそうです。一家だんらんの時間を持てるLDKにこの広さがあれば、家族それぞれがパーソナルエリアを保ちながら過ごすこともできます。特に思春期の子どもがいる家庭では「付かず離れず」を保てる広さが一番落ち着くといえます。

この他のメリットとして、大人はヨガなどスペースを確保する必要がある趣味を楽しむこともできますし、子どもたちのお茶の間学習の場所としても十分に確保できます。大人の目が届く範囲で子どもが遊ぶことができるので、安心材料にもつながることでしょう。

リビングにいる子どもの様子を見守ることもできます
リビングにいる子どもの様子を見守ることもできます

配置によってゆったり感が変わる

家族4人の生活で20畳ほどのスペースは「ある程度余裕がある」と言えそうと先ほどふれましたが、もちろん配置によって「広く」感じるか、「狭く」感じるか、異なってきます。例えば、アイランドキッチンを部屋の中心に据える間取りの場合には狭く感じるケースが多いようです。来客を想定して大きなダイニングテーブルを配置する、また大きなシステムソファなどを導入すると、意外とそんなに余裕はないため、家族4人の場合でも途端に部屋が狭く感じるようになるといわれています。

広さを保ちたいのであれば、キッチンはアイランドキッチンではなく、I型・L型を選んだほうがいいでしょう。また、ダイニングテーブルを置かず、カウンター付きのキッチンに代えてダイニングとキッチンを一体化させることもおすすめです。

リビングは配置が大切
リビングは配置が大切

実際に置く家具の配置だけでなく、インテリアの雰囲気からも広さや狭さの印象は異なってきます。例えば、こだわりのインテリアグッズをいくつも配置し過ぎるのも部屋全体に圧迫感を与えてしまいます。カップボードや食器棚など見せる収納をするとこうした傾向に陥りやすいです。見える収納は、高級感やおしゃれ感を部屋全体に与えてくれますが、こうした圧迫感も与えやすいので、見えない収納をうまく使いたいところです。

インテリアであれば、収納できるスツールをLDKに入りしたり、壁面埋め込み型の収納などを取り入れたいところです。うまく見える収納と見えない収納を使い分けることが大事です。また、いっそのことリビングには収納を必要以上に置かないように、必要最低限の家具だけを配置するというようなルールをつくることもありでしょう。たったこれだけでも、広さを感じることができます。

家具・設備の配置、インテリア以外にも天井の高さによっても広さの体感が変わってくるようです。

このように、家具・設備の利便性を取るか、広さを取るか、収納力などを優先させ「スッキリ感」を取るか、はその家族の価値観次第と言えるでしょう。

マンションの20畳のLDKでは…?実際の内覧が大事

Web内覧会でイメージを膨らませることも大切。でも・・・
Web内覧会でイメージを膨らませることも大切。でも・・・

「家族の価値観」によって、20畳程のLDKの場合、広いか狭いか異なってくるでしょう。

住まい探しをしているとき、新築マンションの購入を検討している場合には内覧できるモデルルームに足しげく通い、実際家具が置いてある部屋を自分の目で見ることが大事です。モデルルームであれば、その部屋に住む人をイメージした家具・設備が実際に配置されているので、家具あった20畳程度のLDKを体感できるでしょう。実際にソファに座り、ダイニングテーブルに座り、キッチンに立ってみる。そうした生活視点から見ると、20畳程度のLDKが広いか、狭いか、実際の目線で感じることができます。

また、自分たちが思い描く居住スペースのイメージがつかみやすくなります。家の方角や窓の数なども考慮に入れると更に広さを有効的に利用するためのヒントが得られるので、モデルルームでの体感度合と検討中の住まいの間取りを考慮してみましょう。

HOME'Sのポイント
家族4人にとっての20畳程度のLDKの広さは家具・設備の数や配置、そしてインテリアなどで大きく印象が異なってきます。家族の中で、検討あるいは住みたいと思っている住まいのLDKに対して、家具・設備の利便性を取るか、広さを取るか、収納力などを優先させ「スッキリ感」を取るか、など、LDKの部屋をどうしたいのか、家族に話し合い価値観をそろえることが大事です。

また、検討している住まいにおいて、Web広告やチラシだけの情報だけを鵜呑みにするのではなく、新築マンションの場合にはモデルルームへ実際に足を運び広さを体感することをおすすめします。できれば家族全員で行って、それぞれ体感することが重要です。

新築マンションを探す中古マンションを探す

関連記事

間取り変更ができないマンションがあるって本当!?購入時に気をつけたいポイント
今よりも家事がラクになるには何が必要?家事動線を意識した間取りの物件選び方について
最近の「ファミリー向け住宅」はどんなもの?
マンションの「資産価値」に注目を! 賢い物件選びとそのポイントは?
ちょうど良いと感じやすい広さって?~間取り・不具合編【住まいの購入失敗談4】