マンションへの住み替えで暮らしをスリム化する

階段の昇り降りが億劫…
階段の昇り降りが億劫…

近年シニア世代を中心に、いわゆる「終活」が注目されており、老後のライフスタイルを積極的に考える人が増えているようです。かつては、老後は子供世帯と同居するものという価値観が主流でしたが、生涯未婚率の増加や、歳をとってもできるだけ自活したいという人の増加などから、コンパクトなマンション暮らしを選ぶ人が増えています。

例えば30代で一戸建てを購入した場合、50代になる頃には家も築20年を迎え、大掛かりなリフォームを施して住み続けるか、別の家に住み替えるかを考える時期になります。
シニア世代になると「広い庭の手入れが大変になってきた」、「子供が独立して部屋を持て余すようになった」、「階段の昇り降りが億劫になってきた」という悩みも多いもの。そのため、郊外の一戸建てを引き払い、都市部のマンションへの住み替えを考える人が増えるのでしょう。

また、ファミリータイプの広いマンションから、床面積の少ないマンションへの住み替えも選択肢のひとつです。部屋数を減らしたマンションへ住み替えれば、光熱費やメンテナンス費用を抑えられるなど、暮らしのスリム化をはかることができます。

利便性の良さは50代にとって大きなポイント
利便性の良さは50代にとって大きなポイント

50代といえばまだまだ現役世代ですが、リタイア後70・80代と年齢を重ねて行くことを見越し、バリアフリー設計のマンションを選びたいもの。また近年はほとんどのマンションがオートロック機能を備えているので、セキュリティ面でも安心です。若い頃は苦に感じなかった車が不可欠な生活が、シニア世代になって難しくなってくることもあります。マンションは利便性の高い場所に建てられていることが多いので、毎日の買い物へ歩いて行ける、病院や介護関係の施設が近隣にある、というのも安心できるポイントとなるでしょう。

思わぬ出費にも備え、しっかりとした資金計画を

老後は医療費など思わぬ出費も予想されます
老後は医療費など思わぬ出費も予想されます

50代でマンションを購入する際に気になるのは、資金計画ではないでしょうか。ローン申込時の年齢が上がるほど借入金の返済期間が短くなるため、30〜40代に比べると審査は厳しくなります。
シニア世代の場合は、定年退職後の支払い能力があるかどうか、退職金の金額や相続が予想される資産の見込みなども考慮されます。借入できる金額が少なくなるため、自己資金を多く用意しておく必要があるでしょう。
また、老後は医療費など思わぬ出費も予想されるので「借りられる金額」よりも、「返せる金額」であるかが大切です。無理のない資金計画を立てましょう。

前の住まいのローンが残っている場合は?

場合によっては住み替えローンの検討を
場合によっては住み替えローンの検討を

家を購入する人の多くが30年ほどのローンを組むため、50代ではまだ借入金が残っていることも多いです。ローンが残っている家を売却する場合は、売却代金で借入金を一括返済する必要があります。
もし売却金額が借入金よりも低かった場合には、新しく購入するマンションを担保に、前の家の残債も含めた「住み替えローン」を組むことも可能です。
また、前の住まいが思ったほどの金額で売却できないこともあります。一般的には、築20年経過した一戸建ての評価額はほぼゼロで、土地代のみの評価となり、マンションの場合は新築時の半額程度になることが多いです。住み替えを考え始めたら、早めに複数の不動産会社に売却査定を依頼してみましょう。

元本を返済しなくて良い「リバースモーゲージ」とは

リバースモーゲージとは?
リバースモーゲージとは?

老後の資金計画のひとつとして、「リバースモーゲージ」というシニア世代ならではの金融商品もあります。55歳以上80歳未満の人を対象に、自宅を担保に金融機関や地方自治体からお金が借りられるサービスです。毎月の返済は利息分のみで、元本は死亡後に自宅を換金して一括返済するシステムなので、不動産を相続する人がいないシニアにおすすめです。
かつては一戸建てのみで利用できる商品でしたが、首都圏や近畿地方の都市部のマンションに対象を広げた金融機関も登場しています。

一戸建て(建売住宅)を探す注文住宅カタログを見るマンションを探す購入可能額を調べる

関連記事

高齢者専用分譲マンションという老後の新しい選択
話題の「リバースモーゲージ」とは
ローンを組む最後のチャンス!50代の一戸建て購入のメリット・デメリットは?
憧れの二拠点居住。都会と田舎を行き来する暮らし方は魅力的?
気になる情報は直接見る・聞くが基本。マンションの口コミ情報活用法とは?

(2016/10/17)