住まい探しをする際、どういった条件でみなさん探されますか?「街(駅)」で住まい選びを始める人も多いはず。特に賃貸と違って持家購入の場合、“一生の買い物”なので立地について慎重に選ぶ方も多いと思います。賃貸では気に入らなければすぐにでも引越すことができますが、持家ではそうはいきません。住環境選びも様々な視点が入り、持家購入で選ぶ街は賃貸で選ぶ街と異なってきます。

今回HOME'Sの中古マンションや一戸建てなどの「購入サイトの検索数の伸び率」について出してみました。

購入編第1回目は、HOME'Sの購入(流通)物件に関する東京の駅の検索数伸び率ランキングです。前年比で検索が伸びた上位50位の駅と、逆に検索が鈍化した下位50位の駅を発表します。

データ概要:HOME’Sの中古マンション、中古戸建てのサイトで駅検索した2015年度(2015年4月~2016年3月)のデータと2014年度(2014年4月~2015年3月)のデータを使用

 

該当サイト:
http://www.homes.co.jp/mansion/chuko/
http://www.homes.co.jp/kodate/chuko/
        

 

ランキング軸:2014年度を対として2015年度の東京都の駅それぞれの検索数の伸び率

 

駅数:東京都における全路線の累計646駅対象(2015年時点)

 

※なお、小数点第二位以降も見て順位付けしております。
※物件がある全駅を対象しているため、もともと検索数の少ない駅も含まれます。「検索数の伸び」であくまで見ているデータなのでその旨、ご了承ください。

 

HOME'S東京都における購入(流通)サイトでの検索数伸び率ランキング(上位50位)

HOME’S東京都における購入(流通)サイトでの検索数伸び率ランキング(上位50位)

 

この50駅を見るとおおよそ3つのカテゴリに当てはまる駅がランクインしていることが伺えます。まず1つ目として、竹橋、桜田門、新日本橋、内幸町、虎ノ門、大手町、京橋といった都心の中でも官庁・ビジネス街の駅です。

 

2つ目として、市場前、羽田空港第1ビル、羽田国際線ターミナル、新整備場、羽田空港第2ビル、テレコムセンター、国際展示場正門など、インフラに関わる駅です。

 

3つ目として、白丸、宮ノ平、武蔵増戸、秋川、西武園、鷹の台、青梅街道、砂川七番、ひばりヶ丘など、東京都下の西側の駅がランクインしています。

 

「伸び率」とこうした人気のあるランクインした駅をカテゴリ毎で見ると、現在どういった駅が購入(流通)分野における住まい探しで注目が集まっているかが分かることでしょう。

 

東京

東京

検索数の伸び率で鈍化した東京の駅の50駅についてお届けします。
※全体のランキングでは伸び率が低いですが、前年に比べて検索数が伸びた駅も含みます。

 

※購入(流通)の東京における伸び率鈍化ランキングはこちら

 

流通サイト、駅の検索数伸び率ランキング。鈍化した駅50位

流通サイト、駅の検索数伸び率ランキング。鈍化した駅50位

 

伸び率が鈍化した駅50を見ると、強いて言えば京成上野、上野御徒町、末広町、仲御徒町など上野界隈がランクインしていることが伺える。

 

鈍化傾向の駅については敢えて鈍化率は公表しません。ご了承ください。

 

またその他、上記データの使用許諾あるいはご不明点は下記アドレス宛てにご連絡いただけますようお願いいたします。

 

記事の利用や掲載についてはこちら→ info-media@LIFULL.com

 

公開日: / 更新日: