マンションで水漏れが起きると、被害を受けた部屋はもちろんのことですが、原因となった側でもたいへんなことになりかねません。速やかな対応が求められるものの、それ以前に原因の特定が難しい場合もあるでしょう。

マンションで水漏れが起きる原因は、主に人為的なものと配管の故障などによるものに分けることができます。人為的なものとしては、洗濯機のホースが外れた、玄関やトイレの床など防水処理されていない箇所を水洗いした、バルコニーに置いた植木鉢に水を多くやり過ぎたなど、原因となった部屋における不適切な行為が挙げられます。トイレに紙おむつや新聞紙、ティッシュペーパーなどを流したり、キッチンの排水口から油を流したりすることで排水管が詰まって起きる水漏れもあるでしょう。

 

一方、給水管や排水管の腐食や劣化、破損、建築当初からの接続不良などによって水漏れが起きる場合もあります。これらは原因の特定が難しいほか、すぐに水漏れを止めることができずに被害が拡大するケースもあってなかなか厄介です。それ以外には、最上階やルーフバルコニー直下の部屋で、防水処理箇所の劣化から雨漏りが起きることも少なからずあります。最上階ではなくても外壁の亀裂などから雨水が浸入し、窓に近い部分の天井で雨漏りがすることもあるでしょう。

 

どうする?マンションの水漏れ

どうする?マンションの水漏れ

自分が住む部屋の天井などから水漏れや雨漏りがあったときには、できるかぎり早い段階で管理員や管理会社、管理組合に連絡をして原因を突き止めてもらい、水漏れなどを止めることが先決です。賃貸マンションであれば賃貸管理会社と貸主の双方に連絡をします。少しでも早い対応が被害の拡大を食い止めることになるでしょう。軽い水漏れだからといってしばらく様子をみたり、自分だけで直してしまおうとすることは禁物です。

 

被害状況を写真に撮って証拠を残しておくことも大切です。上階の部屋が原因と疑われるときには立ち入って調べることも必要となりますが、この場合になるべく管理会社などを通して、あるいは管理員の立ち会いのもとで上の階の住人と話をするようにします。自分だけで訪問すれば協力が得られにくい場合もあるほか、感情的なトラブルにもなりかねません。

 

自分の部屋が原因で下の階に水漏れを生じさせているときには、すみやかにその原因を取り除くことが大事です。何らかの異常があれば、ケースに応じて水道工事店に連絡をして調べてもらうのと同時に、管理会社や管理組合にも連絡をして階下に被害が生じていないかどうかを確認してもらうことも大切です。しかし、自分では気付かないまま床下の配管などで水漏れが生じていることもあるでしょう。

 

階下の住人や管理員、管理会社などが調査に訪れたときには、誠実に対応をして協力するべきです。決してあなたを疑って来たわけではなく、とにかく水漏れを止めることとその原因究明が最優先です。床下の共用配管が原因であれば個人の責任を問われることはありませんが、それを確認するために上階の床板などを外して調べることなども必要となるのです。

 

水漏れの原因が共用部分にあったとき、その修繕や被害者宅への損害賠償は管理組合の責任です。また、賃貸マンションであれば貸主が責任をもって対処してくれるでしょう。しかし、個人の不適切な使用方法が原因のとき、あるいはマンションの床下などの配管のうち個人の所有となるもの(専有部分に含まれるもの)の故障などが原因のときには、被害者宅への損害賠償をしなくてはなりません。

 

このとき被害の程度によっては賠償額が数百万円に及ぶこともあります。火災保険などの特約として「個人賠償責任保険」に加入していれば、このような事故で責任を負ったときにカバーしてくれます。自分が被害者の場合にも、相手が保険に入っていれば安心です。

 

また、最近では管理組合が加入する共用部分の火災保険に、各世帯を対象とした「個人賠償特約」を付加しているケースも多いでしょう。この特約では、階下の被害者宅への賠償に対応できますが、原因となった部屋の修繕などには保険金が出ません。また、水漏れ原因の調査のために天井を外したり、床板やフローリングを剥がしたりして高額な費用が発生することもありますが、このような原因調査費用についても補償されるのかどうかは保険の内容次第です。

 

いずれにしても、管理組合でどのような保険に加入しているのかを確認するとともに、不足する部分については自分で保険に加入するなど、いざというときに備えておくこともマンション生活のうえでは大切になってきます。

公開日: / 更新日: