託児所と保育所は違うもの?

「子どもを預けるだけならどこも同じ」と思われがちですが、大きくは行政による厳しい要件を満たした「認可保育所」とそれ以外の「認可外保育所」に分けられます。「認可保育所」に預けるには決められた入所要件を満たす必要があり、また都市部では特に競争率が高いため必ずしも希望する園に入所できるわけではありません。「認可外保育所」は「認可保育所」不足をカバーするニーズで設置されている性格が強いため、入所に際しての手続きや選考、一時保育などへの対応も多くはフレキシブル。ただし園庭が無かったり、保育料が高額(認可の倍額から数倍まで幅広い)である点に注意する必要があります。一般的に「託児所」と称されるのは、この「認可外保育所」になります。

knowhow_014
託児所付き・子育てマンション

新築マンションの子育て施設って?

出産・子育て世代が諸々の条件から人気の大規模マンションの周辺では、しばしば「認可保育所」のみならず既存の「認可外保育所」の定員も大幅にオーバーすることがあります。とは言え休みなしの育児生活では、急用の際の数時間の一時保育も叶わないようでは困るケースも起こり得ます。そういったときの不安を解消してくれるのが、「マンション内託児所」のような至近の子育て施設。託児所が本当に必要な期間は数年間かも知れませんが、小さな子どもを育てながらの心許ない暮らしを強力にバックアップしてくれることでしょう。また、安全なセキュリティ内部にある住人専用の「キッズルーム」や「キッズガーデン」のような共用施設は、幼児期のみならず学童期に至るまで助けになります。

子育て環境ごと、住宅を購入しよう!

「子育ては社会のみんなで」というのが時代の趨勢です。ただ、そう言われても親自身が核家族で育ってきた世代の場合、どうやって自分の子育ての疑問を社会に開いていいのか、本当に頼っても良いものか分からないというのが正直なところではないかと思います。近年の気密性に富み、遮音性能も向上したマンションでは、その気になれば周囲の住まいとの関係を完全に断って生活することができます。しかし、ほんの少し意識して子育て支援の共用施設である「キッズルーム」などを活用したり、管理組合の行う集まりに顔を出すなどするところから、むしろ強固な地域コミュニティの絆を手に入れることも可能です。また新入居の場合には年の近い子ども同士を育ち合わせる稀有な環境を得ることもできるでしょう。住まいは「暮らし」の拠点、人生そのものの土台ともいえる場所。そこで子育てを行うのですから、個々の「間取り」などを超えた広い視点からの住まい選びを行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コンシェルジェサービス、キッズルーム・・・。分譲マンション共用施設はどんなものがあるのか?
マンション購入、情報収集マニュアル
大規模マンションによくある敷地内公園の魅力を探ってみる
子育てしやすいのはどっち?
子育てのしやすい街ランキング。東京23区で1位は待機児童数が多めの練馬区!?