Example
1. "庭にひらく大開口" パーフェクトバランス"
2. "扇型の土地に扇型の家を" 空間の余白で美的要素を表現
3. "美しい表情で、鮮烈な第一印象を" 旗竿地
4. "自分サイズで暮らす" 縦長の19坪に、快適を詰めこむ
5. "家族と光を繋ぐ" 約4.5メートルの高低差を、逆転の発想で解決

≫ Example 1
"庭にひらく大開口"パーフェクトバランスの住まい

パーフェクトバランスの住まい
こちらは広い敷地にゆったりと建てられた2階建ての木造住宅。

リビングルームの吹き抜けと、庭に向けて大きく開け放った窓が太陽光をたっぷりと取り込み、開放感のある住まいを実現しています。

庭に張り出すように作られた小上がりの和室は、屋外と室内を繋ぐ縁側のようにも使える、居心地のいい家族の特等席。

パーフェクトバランスの住まい
地震に強い工法で建てられた木造住宅のこの住まいは、最大9メートルの大開口の家。

パーフェクトバランスの住まい
広い庭や借景に恵まれた土地であれば、この住まいのように、大開口の窓や大空間により、室内と室外を一体的に感じられる空間を作るプランもいいのではないでしょうか。

この事例を詳しくみる

≫ Example 2
"扇型の土地に扇型の家を" 空間の余白で美的要素を表現した住まい

空間の余白で美的要素を表現した住まい
こちらは扇型の土地に、形状に沿って作った住まい。

敷地形状を活かし、2棟の建物でVの字に見えるようにデザイン。

中庭は外からの太陽光を室内に導いてくれるだけでなく、住まいにある"余白"として多目的に使えるようにしつつ、空間の美的要素になっています。Vの先端2点を繋いで、2階にバルコニーを設けているのもユニーク。

空間の余白で美的要素を表現した住まい
一般的には、扇型の土地でも正方形や長方形の住まいを作りますが、この住まいは、無駄な土地が出ないように扇型の建物にして、さらに外観をV字にして白と黒に塗り分けることで、建物が大きく見えるという視覚効果を持たせています。

土地なりに目いっぱいに建物を作り、室内に中庭という"余白"を作ることで、全体で調和を取った住まいに仕上がりました。

空間の余白で美的要素を表現した住まい
住まいの機能性とは関係の無い部分……、たとえば壁にニッチを作ってアクセントタイルを貼ったり、今回のような中庭を作ったりするという、ちょっとした設計上の"余白"が、住まいの中にあること。

生活の豊かさとは、こんなちょっとした遊び心のある空間から、作り出されていくものなのかもしれません。

この事例を詳しくみる

≫ Example 3
"美しい表情で、鮮烈な第一印象を" 旗竿地の住まい

旗竿地の住まい
不整形地の中でも"手強い"のが旗竿地(※)
※敷地を上から見た際に、旗のように見えることからついた名称。前面道路に面する部分が狭く、敷地が奥に広がっている土地。
道路から竿のように直線に伸び、奥にいくと広がっているような敷地形状は、周辺状況によってプランやデザインに工夫が必要な土地です。

旗竿地に建つこの住まいで大切にされているのは、住まいの"顔"。

土地と前面道路の接道部分から見える住まいの"顔"を直線的で端正なデザインに仕上げ、白と黒のコントラストで、訪れる人の第一印象をより強くしています。

旗竿地の住まい
道路の正面に玄関を作らず、横向きに設計されているのも、この住まいのポイントの一つ。

道路の正面に玄関を作るとドアを開けるタイミングに気をつかったり、開けた瞬間に室内が丸見えになってしまいます。

プライベートに配慮した設計は住まいの基本、暮らした後のことまで考えられる設計士との出会いが大切です。

旗竿地の住まい
旗竿地は、敷地延長部分には建物を建てづらいマイナス面もありますが、一方で、敷地奥にしっかりとしたボリュームの建物を建てられることもあります。

旗竿地のメリット・デメリットを把握して、自分たちの理想の住まいがその土地で実現できるかどうか、慎重に検討しましょう。

この事例を詳しくみる

≫ Example 4
"自分サイズで暮らす" 19坪の土地に、快適を詰め込んだ住まい

縦長の19坪に、快適を詰め込んだ住まい
こちらは"都心"にある住まい。街の利便性やブランド性に惹かれて都心の住まいを検討する人も多いのでは?

ただし一般的に、都心に住まいを建てようとすると土地の特性上、"狭小地"を選ばざるをえない場面が多いでしょう。

しかしこちらの住まいは19坪の土地に、こんなにも奥行きを感じさせる洗練された空間を確保しています。いったい、どのような工夫がされているのでしょうか。

縦長の19坪に、快適を詰め込んだ住まい
この住まいの設計で大切にしているのは、廊下を作らないこと。

広さをとれない空間に廊下を作ってしまうと、居室の大きさが確保できないため、廊下をできる限り短くしたシンプルな動線計画が考えられています。

この住まいは地下1階・地上3階+ペントハウスと、横に伸ばせない分を縦に伸ばして空間を確保しています。

縦長の19坪に、快適を詰め込んだ住まい
狭小地が多い都心には、周りに高いビルが建っていることが多いため室内が暗くなりがちですが、この住まいでは、天井に窓を設け、スケルトン階段を採用して地下にまで太陽光を届けます

さらに、壁と床を白基調にすることで、光が反射して空間が明るくなる工夫がされているのも、広々と快適に過ごせるポイント。

都心などの土地の狭さは、住まいづくりを諦める要素になりがちですが、狭小地でも快適に暮らせる住まいが実現できるとしたら……?

それは、「自分たちの好きな街に暮らせる」ということ。憧れの街に住まうことを諦めず、建て方を工夫するという選択肢もアリかもしれません。

この事例を詳しくみる

≫ Example 5
"家族と光を繋ぐ" 約4.5メートルの高低差を、逆転の発想で解決した住まい

約4.5メートルの高低差を、逆転の発想で解決した住まい
こちらは2階建て+ペントハウスの木造住宅。

前面道路よりも4.5メートル下に敷地があり、かなりの高低差の土地に建つこの住まいは、ペントハウスとリビングの間にアプローチがあり、一般的な戸建て住宅とは逆の発想で建てられています。

約4.5メートルの高低差を、逆転の発想で解決した住まい
3階の玄関からスケルトン階段がつなぐのは、2階のリビングルーム。こちらは、広い空間を確保する吹抜けと、ハイサイドライトによる採光により、明るさと開放感を演出しています。

また、閉鎖的な階段室スペースではなく、スケルトン階段にすることで、各階をゆるやかに繋げることで家族の気配をどこにいても感じさせてくれます。さらに、トップライトを設けることで1階までも明るくする役割をもたせています。

"土地の高低差の解決"という明快なコンセプトを持ち、"高低差を生かして楽しむ"逆転の発想で設計された空間。

スケルトン階段が家族と光を繋ぐという機能的な構成の妙が光る、住み心地の良さを実現した住まいです。

7メートルの高低差を、逆転の発想で解決した住まい
高低差のある土地に建つ住まいのメリットの一つが眺望の良さ。

室内は住み始めてからでも変更できますが、周辺環境は変えることができません。家族にとって気持ちのいい場所に建つ住まいは、これからもずっと住み継がれていきそうです。

この事例を詳しくみる

不整形地で叶える、“理想の暮らし”

DSC_2489-S
株式会社ビー・ツー 打ち合わせスペース

この5つの住まいは全て、整形地だけでなく不整形地も得意とする株式会社ビー・ツーの設計によるもの。

どんな土地の条件もポジティブに捉えて、"土地を生かした住まいを建てる"という考え方は理にかなっていて、不整形地の可能性を広げてくれます。

また、大開口を実現しながら耐震性も担保する地震に強い工法や、屋根からの雨漏りを防ぎ屋上緑化も叶えるメンテナンスコストも考えた防水など、木造住宅のデメリットを補う技術を持っているのも魅力。

住まいの購入を検討している方は、「土地は整形地が良い」という既成概念を外したところに、理想の住まいの答えが待っているかもしれません。
ビー・ツー 公式ページ
資料請求・お問い合わせ