住宅の断熱方法には、大きく分けて「外断熱」と「内断熱」の2種類があります。両者にはそれぞれ異なる特徴があり、選ぶ方法によって住まいの断熱性にはさまざまな違いが見られます。

また、構造等によっても適した断熱方法が異なるため、その意味でも特徴を正しく理解しておくことが重要なのです。

今回は外断熱の仕組みやメリット・デメリットについて、内断熱と比較をしながら詳しく見ていきましょう。

一戸建て

 

断熱とは、建物の内部に断熱材を敷き詰め、外気の出入りを遮断する方法を指します。このとき、断熱材をどの部位に設置するかによって、外断熱か内断熱かに分けられるのです。

 

ここではまず、外断熱の基本的な仕組みと特徴について見ていきましょう。

 

外断熱とは、柱と外壁の間に断熱材を敷き詰め、外気を遮断する方法のことです。建物全体を断熱材で包み込むため、外気をしっかりとシャットアウトできるだけでなく、気密性にも優れるのが特徴です。

 

外断熱は、外壁の工法によって異なる特徴を持ちます。「湿式(しっしき)工法」で外壁を施工する際には、コンクリートに断熱材を密着させ、建物の軽量化と防湿性の向上を図る仕組みがとられるのが一般的です。

 

一方、「乾式(かんしき)工法」が用いられる際には、外装材を支えるための金具を設置して施工されます。外壁材と断熱材の間に、水蒸気が通り抜けるルートが設けられ、湿気によって建材が傷まない工夫が凝らされるのが特徴です。

 

外断熱で使用される断熱材には、「繊維系断熱材」と「発泡プラスチック系断熱材」の2種類があります。

 

繊維系断熱材には、ガラスを加工したグラスウールや、鉄鋼スラグ・玄武岩などを繊維状にしたロックウール、パルプなどを粉砕して加工したセルロースファイバーなどがあります。

 

グラスウールやロックウールは、安価で耐火性に優れているのが特徴であり、断熱材として広く普及している素材です。セルロースファイバーは価格が高いものの、防湿性や防音性にも優れているのが魅力です。

 

一方、発泡プラスチック系断熱材には、ポリスチレン樹脂などを加工したポリスチレンフォームや、ウレタンを加工したウレタンフォームなどがあります。ポリスチレンフォームは高い吸湿性、ウレタンフォームは高い断熱性を持っているのが特徴です。

家を建てる

 

外断熱と内断熱では、工法やコストなどにさまざまな違いがあります。ここでは、内断熱の仕組みと特徴について解説していきます。

 

外壁と柱の間に断熱材を設置する外断熱に対して、内断熱は柱よりも内側に配置する工法です。具体的には、柱と柱(間柱)の間に断熱材を挟み込み、室内の空気を外へ逃がさないような仕組みがとられます。

 

外断熱のように使用される素材が制限されることはなく、内断熱ではほとんどの断熱材を使うことが可能です。また、外断熱に比べて施工が簡単であり、コストも安く済むことから、木造一戸建ての多くで採用されている方法でもあります。

 

ただ、外断熱とは違って、柱の外側にある構造材は断熱されないため、外壁と柱の間に湿気がこもりやすくなってしまうなどの注意点もあります。

外断熱と内断熱のメリット、デメリット

 

外断熱と内断熱のおおまかな仕組みを理解したうえで、それぞれのメリット・デメリットを表で比較してみましょう。

 

外断熱と内断熱のメリット・デメリットは以下の表のとおりです。

 

断熱方法

メリット

デメリット

外断熱

・断熱性能が高い

・気密性が高い

・結露が起こりにくい

・柱などの構造体が傷みにくい

・工事コストがかかる

・外壁が厚くなる

・地震などで断熱材がずれる可能性がある

内断熱

・工事コストが安い

・施工できる会社が多い

・外壁を厚くせずに施工可能

・結露が起こりやすい

・施工会社によって施行の質に差が生まれやすい

 

外断熱の場合、使用できる断熱材が限られているため、内断熱よりも2倍近くのコストがかかってしまうことがあります。また、壁が厚くなってしまうため、外観のデザインを損なったり室内が狭くなったりする可能性がある点もデメリットです。

 

一方、内断熱よりも断熱性・気密性に優れており、結露が起こりにくい点は大きな強みだといえます。このように、それぞれに違った特徴があるため、住まいの状況や求める条件に応じて比較検討することが大切です。

リビング

 

住宅の断熱工法には、外断熱と内断熱を組み合わせた「付加断熱」もあります。状況によっては、付加断熱がもっとも適した工法となる場合もあるため、選択肢のひとつとして目を向けてみるといいでしょう。

 

ここでは、付加断熱の仕組みと特徴を紹介します。

 

付加断熱とは、柱の間に断熱材を設置する内断熱に加えて、外側に高性能の断熱材を敷き詰める工法を指します。

 

住宅の熱損失が少なくなり、高い断熱性能を発揮する点や、外断熱よりも豊富な種類の断熱材を組み合わせられるところが大きなメリットです。

 

費用は外断熱と内断熱の中間程度でありながら、工法の組み合わせ方によっては、外断熱以上の気密性・断熱性を発揮することもあります。

 

そのため、高いコストパフォーマンスを発揮する方法として、付加断熱の施工も検討してみましょう。

施工会社を探す

 

断熱工法にはそれぞれ異なる特徴があるものの、すべてに共通しているのは「施工状態によって断熱性が左右されてしまう」という点です。

 

隙間があると断熱性が極端に低下してしまうため、高断熱住宅を実現させるうえでは、工法や素材だけでなく施工会社選びが重要なポイントとなるのです。

 

最後に、信頼できる施工会社を見極めるポイントを見ていきましょう。

 

施工会社選びの重要なポイントのひとつは、「断熱に関する豊富な実績があるかどうか」です。特に、外断熱や付加断熱については、ノウハウを持っているハウスメーカーや工務店が少ないという面もあります。

 

会社ごとに得意としている断熱工法は異なるため、いくつかの会社を見比べながら、適した依頼先を見つけるようにしましょう。

 

もし、迷ったり、分からなかったりする場合はLIFULL HOME’Sの「住まいの窓口」を活用してみるのもいいでしょう。「住まいの窓口」とは、家探し・家づくりの無料相談窓口です。

 

ハウジングアドバイザーが理想の条件をヒアリングし、設定予算内で理想をかなえるために最適な施工会社を紹介しています。1社だけでなく、複数社紹介することも可能なので、一度相談してみるのもひとつの手です。

 

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略であり、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指した住宅のことです。ZEHの条件を実現させるためには、住宅の断熱性や気密性を高める必要があるため、自然と高品質の施工が求められます。

 

そのため、ZEHに対応している会社であれば、一定以上の施工水準を持っていると判断できるのです。

 

住宅の断熱性や気密性は、決められた数値をもとに判定することができます。たとえば、気密性を表す「C値」や断熱性を表す「UA値」、遮熱性を表す「ηAC(イータエーシー)値」は、低ければ低いほど性能が高いことを示しています。

 

施工会社のなかには、この数値を公表しているところも少なくありません。そのため、候補となる会社が見つかったときには、これらの指標をもとに比較してみるのも有効です。

リビング

  • 外断熱は、柱と外壁の間に断熱材を敷き詰めて外気を遮断する方法
  • 内断熱は、柱と柱の間に断熱材を挟み込み、室内の空気を外へ逃がさないようにする方法
  • 外断熱は断熱性と気密性、防湿性などに優れている
  • 内断熱はコストの安さや施工の容易性などがメリット
  • 外断熱と内断熱を組み合わせた「付加断熱」も選択肢のひとつ
  • 施工状態によって断熱性が左右されるため、信頼できる施工会社に依頼する

公開日: