マイホームの中でも新築一戸建ては、希望の間取りを実現しやすい点が魅力です。しかし、いざプランを考え始めると悩んでしまうという人もいるでしょう。

そこで今回は、延床面積30坪の家を建てる人に向けて、そもそも30坪がどのくらいの広さかを紹介したうえで、空間を広くおしゃれに見せるときのポイントや間取り例を紹介します。

併せて建築費用の相場なども解説するので、ぜひ家づくりをするときの参考にしてみてください。

リビング

 

「30坪の家」といっても、30坪を表すものが土地、建坪、延床面積なのかによって住まいの広さは異なります。

 

この記事では、建物の各階の床面積を合計した面積=延床面積30坪をテーマにして、家づくりのノウハウをお伝えしていきます。

 

まずは、延床面積30坪の広さを具体的にイメージできるようになりましょう。広さを感覚的につかめると、心地よく暮らせる人数や間取りをイメージしやすくなります。

 

延床面積30坪とは

  • 30坪は約99.3平米、約60畳
  • 4~5人向けの広さ
  • 3LDK~4LDKの間取りに向いている

1坪は約3.31平米、畳に換算すると約2畳になるため、30坪は約99平米、約60畳の広さとなります。10畳の部屋6つ分をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

どのくらいの人数に適した広さかを考えるときは、国が定める「誘導居住面積水準」が目安になります。誘導居住面積水準とは、豊かな住生活を送るときに望ましいとされる家の広さの水準を表したものです。

 

これによると30坪は、都市部では大人4人、都市部以外では大人3人程度に適した広さになります。

 

間取りは3LDK〜4LDKが中心となる広さなので、核家族世帯なら十分に暮らせるサイズです。工夫すれば二世帯での同居や、コンパクトな平屋も選択肢に入るでしょう。

土地の広さ

 

延床面積30坪の家を建てるときに、必要な土地の広さについても少し触れていきます。必要な土地の面積を知るには、「建ぺい率」と「容積率」という建築法規を理解することが大切です。

 

建ぺい率とは、敷地面積(土地)に対する建築面積(建坪)の割合のことです。一戸建ての多い地域では、一部の例外を除き30〜60%に定められています。

 

一方、容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合です。一戸建てが多い地域では、一般的に50%〜300%に定められています。

 

ここでは「建ぺい率50%、容積率100%」というケースを想定し、延床面積30坪の家を建てるときに必要な敷地面積を考えます。

 

建ぺい率50%、容積率100%の場合

  • 1階建て(平屋)…1階30坪の場合、敷地面積は60坪必要
  • 2階建て…1階20坪+2階10坪の場合、敷地面積は40坪必要
  • 3階建て…1階10坪+2階10坪+3階10坪の場合、敷地面積は30坪必要

つまり、延床面積が同じ場合、階数が増えるほど必要な敷地面積は少なくて済みます。

吹き抜け

 

延床面積30坪の家を、できるだけ広くおしゃれに見せたいときの間取りのポイントを紹介します。

 

開放感を得たいときは、吹き抜けと天窓がおすすめです。特に住宅密集地で、側面に大きな窓を設けづらいときに有効です。

 

1階と2階の一部を吹き抜けでつなぐことで視界が広がり、天井に窓を付ければ自然光が注がれます。天窓を開閉式にすれば風通しも得られます。

 

ただし、空間がつながるということは、音や空気も伝わりやすくなります。寝室の配置や部材を工夫したり、冷暖房費を抑えられるよう、採光や空気循環をコントロールできる設計・性能を意識したりするといいでしょう。

屋根裏部屋

 

一般的に天井は水平ですが、屋根の傾斜に沿って斜めにつくる天井を“勾配(こうばい)天井”と呼びます。水平の天井では、デッドスペースになる屋根裏を利用できるため、その分スペースを広くとることができます。

 

屋根裏部屋は、収納部屋や子どもの遊び場、趣味の空間などさまざまな活用方法があります。ロフトのように下の空間とつながりを持たせれば、空間を広く見せる効果も。吹き抜けとの相性もいいです。

 

屋根裏部屋をつくるときに注意したいのは、天井高1.4m、階下の面積2分の1以下という規制がある点です。これを超えると床面積にカウントされ、前述した容積率に影響してきます。

 

スキップフロアとは、1つのフロアに高低差をつけて1.5階や2.5階をつくる設計手法のことです。フロアを壁ではなく段差で区切ることで、空間につながりを持たせたまま別の空間をつくることできます。

 

スキップフロアは、高さ制限などで1階層つくるほどの高さがないときなどに適しています。また、スキップフロアの下や階段下を収納スペースにできるため、収納を増やしたいときにもおすすめです。

 

ただし、段差があるためバリアフリーの概念とは逆行します。将来どのように使っていくかも考えてプランニングしましょう。

間取り図

 

それでは、延床面積30坪前後の新築一戸建ての間取り例をいくつか見ていきましょう。

間取り図

 

約20畳という広いLDKに吹き抜けを設け、明るく開放的な空間をつくりだしています。2階に水回り設備が集中しているため家事動線に優れ、特に洗濯機置き場がバルコニーと通じている点が魅力です。

 

3階の2部屋と1階の1部屋を寝室にすれば、夫婦と子ども2人の4人家族にも十分な広さです。1階の玄関付近に駐車スペースと納戸が設けられているため、アウトドアの趣味がある人にも使い勝手がいいでしょう。

間取り図

 

こちらの間取りは、勾配天井を利用して屋根裏にロフトが設けられています。ロフトは床面積に含まれないため、同じ延床面積でもロフトのスペース分、空間を広く使うことができます。

 

1階の和室は、応接間として使ったり、仕切り扉を開放してLDKとつなげたりとアレンジが利く空間です。1階を親世帯、2階を子世帯の寝室にすることで、2世帯でもプライバシーに配慮しながら住むことができます。

間取り図

 

居室は4つ欲しい、収納スペースも充実させたい、そんなときに参考になるのがこちらの間取りです。

 

6畳程度の部屋が4つ設けられ、うち2部屋にはウォークインクローゼットを完備。2階の6畳の部屋には屋根裏を利用した収納スペース(グルニエ)もついています。

 

居室はすべて南側に面しているため採光は十分。玄関も吹き抜けによって明るさが保たれ、家全体が自然光に満たされた空間になっています。

費用相場を調べる

 

家づくりにどのくらいの費用がかかるのか、費用相場についても見ていきましょう。建築費と土地代に分けて解説します。

 

まずは、建築費用の相場です。新築一戸建ての建築費用は、ハウスメーカーなどが提示する坪単価からおおよその目安を出すことができます。

 

ただし、坪単価は本体工事のみの価格です。塀や駐車場などの外構工事費と、手続きなどにかかる諸費用を足して、総合的に考える必要があります。

 

ローコスト住宅と、高価格帯住宅が得意な大手ハウスメーカーの場合で見ていきましょう。

 

 

ローコスト住宅

坪単価50万円

大手ハウスメーカー

坪単価80万円

本体工事費

1,500万円

2,400万円

外構工事費と諸費用

500万円

800万円

総額の建築費用

2,000万円

3,200万円

 

ローコスト住宅の坪単価は30〜50万円程度です。仮に坪単価を50万円としたとき、本体工事費の目安は1,500万円となります。

 

外構工事費と諸費用は全体費用の25%が相場です。単純計算すると500万円になるため、建築費は総額で2,000万円程度となります。

 

大手ハウスメーカーの坪単価は70〜90万円程度です。坪単価を80万円としたとき、建築費の総額は3,200万円程度となります。

 

一方、土地代は地域差が大きいです。国土交通省の資料(※1)を参考に、三大都市圏の平均地価を見てみましょう。

 

圏域別の住宅地の平均地価

東京圏(※2)・・・21万1,800円/平米(約70万1,000円/坪)

 

大阪圏(※3)・・・14万1,200円/平米(約46万7,000円/坪)

 

名古屋圏(※4)・・・10万4,800円/平米(約34万7,000円/坪)

仮に、東京圏で40坪の土地を購入するとしたら約2,800万円かかり、大阪圏なら約1,870万円かかることになります。

 

ちなみに、東京圏の中でも東京都は突出しており、37万8,100円/平米(約125万1,500円/坪)です。このように土地の価格はエリアによって大きく変動するため、希望するエリアの価格をそれぞれでチェックすることが大切です。

 

(※1)国土交通省「令和2年都道府県地価調査

(※2)首都圏整備法による既成市街地及び近郊整備地帯を含む市区町村の区域

(※3)近畿圏整備法による既成都市区域及び近郊整備区域を含む市町村の区域

(※4)中部圏開発整備法による都市整備区域を含む市町村の区域

リビングでくつろぐ家族

 

延床面積30坪の広さから間取りのポイントや実例、費用相場について紹介しました。ここで得た情報をヒントに、自分なりの住まいの形を見つけてください。

 

また、家づくりの準備を進める中で専門家の意見を聞きたくなったときは、オンライでも利用できる「LIFULL HOME’S 住まいの窓口」の活用がおすすめです。

 

専属のアドバイザーが、家づくりの進め方や予算の立て方、ハウスメーカーとのマッチングなど、住まいにまつわるさまざまなサポートを無料で行ってくれます。

公開日: