一戸建て住宅に住みたいと考えたときに、土地探しからすべてこだわって注文住宅にするか、より手軽に建売住宅を購入するか、迷う人も少なくないと思います。

いろいろと検討する中で「規格住宅」という言葉を聞いたことはありませんか?

今回は、「規格住宅」とはどのようなものなのか、注文住宅や建売住宅との違いやメリット・デメリットについて解説します。

規格住宅

 

規格住宅とは、ハウスメーカーや工務店などが用意した一定の「規格」に従って建てる住宅のことを指します。一定の「規格」とは、プロが設計した間取りやデザインなどです。

 

住宅の購入者は、メーカーから提示される複数の選択肢の中から希望のデザインを選んだり、オプションを追加したりして、自分好みにアレンジしていくことが可能です。

注文住宅とは

 

これに対して、注文住宅は、ゼロの状態から建築家やメーカーと相談して、設計・建築します。間取りや内装、設備、デザインなど細部に至るまでこだわって、自分たちだけのオリジナルの住宅を建てることが可能です。

 

なお、すべて自由に設計できるのは「フルオーダー住宅」、おおむね自由ではあるものの、一部は選択肢の中から選ぶタイプは「セミオーダー住宅」と呼ばれます。

 

規格住宅は、セミオーダー住宅よりもさらに設計の自由度が低く、間取りやデザインなどは基本的にある程度のパターンの中から選んで決めていくことになります。

建売住宅とは

 

一方で、建売住宅は、土地と建物をセットで販売する住宅のことです。完成仕様が決まっているため、入居者の好みや希望を反映させることは基本的にはできません。

 

ただ、土地探しからすべてを自分で行う必要がなく、完成後の購入であればすぐに入居することができるので、規格住宅や注文住宅よりも手軽だといえます。

規格住宅を買う

 

フルオーダーの注文住宅や建売住宅と比較したとき、規格住宅のメリットとしては次のようなことが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

  • 工期が短く、入居までがスムーズ
  • 完成後のイメージのギャップが少ない
  • コストが想定しやすい

注文住宅を建てる場合、たくさんのカタログや住宅展示場、ショールームなどを見て情報を集めることになります。そして、打ち合わせを重ねながら仕様やデザインを決めていくので、建て始めるまでにかなりの時間を要します。

 

一方、規格住宅はあらかじめ決められたパターンから選んでいくので、打ち合わせ回数も少なく、よりスムーズに進めていくことができるでしょう。

 

また、注文住宅では資材なども希望にあったものを取り寄せなければならないケースがありますが、規格住宅であれば、同じものをある程度の量、生産しているので、資材の入手も容易な場合が多いです。

 

さらに、建築工程などもマニュアル化されていて、トラブルが起きにくいことから、完成までの工期も短縮されます。規格住宅はある程度仕様が決まっているので、完成後にイメージのギャップを感じにくいでしょう。

 

コストに関しても注文住宅は、自身の好みやこだわりを強く反映できる分、想定よりも費用が膨らんでしまうケースも少なくありません。規格住宅は、どのプランやオプションを選ぶかによって、金額が明確に決められているので、そうした心配が少ないと考えられます。

 

建売住宅と比べると、規格住宅のほうが設計の自由度が高いことがメリットです。注文住宅ほどではないものの、自分の好みやライフスタイルなどを反映させることができます。

規格住宅を検討する

 

続いて、規格住宅のデメリットを考えてみます。フルオーダーの注文住宅と建売住宅の中間のような位置にあるのが規格住宅。それは、注文住宅ほど自由度がなく、建売住宅ほど手軽でないともいえます。

 

たとえば、規格住宅は基本的な仕様がある程度決められているので、自由な住まいづくりは難しくなります。また、複雑な形をしている土地など、特殊な条件の場所には対応できない場合があります。

 

最初から最後まで自分の希望をかなえる、独創的なデザインでこだわりの住まいをつくりたいという人は、規格住宅よりもフルオーダーの注文住宅を選びましょう。

 

さらに、設計・建築のプロセスが必要になるので、建売住宅に比べると費用も高くなり、入居までに時間がかかることになります。

リビングでくつろぐ家族

 

規格住宅は完成する前から間取りやデザインのパターン、金額などが明示されています。

 

フルオーダーの注文住宅に比べて、時間やコストをかけずに住まいが建てられるので、打ち合わせの時間がなかなか取れない人や、コストを抑えたい人などにおすすめです。

 

あるいは、注文住宅は決めることが多すぎて、悩んでしまうという人にとっては、ある程度の選択肢が提示される規格住宅のほうがスムーズでしょう。

 

さらに、建売住宅よりは自由度があるので、一定の規格の中でも自分の希望や好みを反映したいという人にも向いています。

 

規格住宅は、注文住宅や建売住宅と比べると、メリットもデメリットもあります。「手間やコストはなるべく抑えつつも、自分の希望も取り入れたい」という人には、規格住宅もひとつの選択肢となるでしょう。

公開日: