物件探しをしているときには、どうしても室内ばかりに目が向いてしまいがちなものです。しかし、快適な生活環境を手に入れるためには、室外スペースにも意識を向けておくことが大切です。今回はベランダに焦点を当て、バルコニーとの違いや2階にベランダがある一戸建ての特徴、内見時のチェックポイントについて解説します。

不動産情報を見ていると、物件によって室外スペースの呼び方が異なることに気がつきます。そのなかでも、ベランダとバルコニーは、一見すると違いがはっきりと分かりにくいため、混同してしまう人もいるでしょう。

 

両者にはどのような違いあるのでしょうか。ここでは、主な違いについて解説していきます。

 

ベランダ

 

ベランダとは、室外の専用スペースのうち、「屋根が設けられているもの」を指します。形状や広さにもよるものの、屋根があることで雨の影響を受けにくくなるため、洗濯物を干しやすくなる点が大きなメリットです。

 

屋根については、専用のものが取り付けられるケースのほかに、上の階のベランダ部分がそのまま該当するケースもあります。そのため、日本の集合住宅の室外スペースはベランダの場合が多いといえます。

 

なお、一戸建ての和風建築の縁側も、屋根があるため定義上はベランダにあたります。

 

バルコニー

 

バルコニーは、室外の専用スペースのうち、「屋根がなく開放された空間」であるものを指します。どちらかといえば一戸建てに見られることが多く、ベランダよりも面積が広いものが多い点が特徴です。

 

また、下の階の屋根部分を利用してつくられた室外スペースをルーフバルコニーと呼びます。一戸建ての場合は、屋上として扱われることも多く、広々としたスペースを自由に使える点が魅力です。

 

ベランダのメリットは、屋根によって雨の影響を受けにくくなる点や、室内へ直射日光が差し込むのを予防できる点にあります。一方、バルコニーと比べて採光性が低くなってしまうため、明るさや室内の暖かさが物足りなく感じられやすいところは難点です。

 

バルコニーはベランダより広いタイプのものが多く、日当たりもよいため、プランターや家庭菜園などを楽しみたい人にとって適した環境となります。その半面、少しの雨でも洗濯物がぬれてしまうため、干し方やタイミングには工夫が必要です。

 

どちらがよいかはその地域の気候等によっても異なるため、特徴を押さえたうえで比較検討しましょう。

2階にベランダがある一戸建て

 

一戸建ての場合、2階部分にベランダが設けられているケースは多いといえます。ここでは、2階にベランダがある物件のメリットや注意点について見ていきましょう。

ベランダの使い道として、もっともよくイメージされるのが、洗濯物を干すスペースです。ベランダには屋根があることから、雨の影響を防げるという点で、洗濯物を干すスペースとしてはバルコニー以上に適しているといえます。

 

また、一戸建ての場合、周辺環境によっては1階部分の日当たりに恵まれないこともあります。2階にベランダがあれば、方角や周辺環境にかかわらず太陽光を取り込みやすいため、庭よりも洗濯物が乾きやすくなる点が魅力です。

 

それ以外には、2階のエアコンの室外機を設置する場所としての使い道が挙げられます。ベランダがなければ壁に取り付けるか、1階まで長い管で接続する方法しかないため、外観上の問題からベランダがあったほうがいい場合もあります。

 

2階のベランダは、どうしても室外へむき出しになっているため、風雨の影響を受けやすい面があります。そのため、定期的な防水工事などの必要があり、メンテナンスコストがかかりやすいです。

 

また、ベランダは死角になりやすく、防犯面で弱点となるケースがあります。不法侵入者の隠れ場所とされてしまうこともあるのです。

 

2階にベランダがある物件では、防犯対策にしっかりと目を向ける必要があります。たとえば、ある程度外からの視認性を高めるため、柵上やスリット状の手すりを選ぶといった方法が挙げられます。

 

また、物置などの足場になりそうなものは、できるだけ近くに置かないように気をつけましょう。簡単な足場を利用すれば、そのまま2階部分に侵入できてしまうため、周囲の状況に気を配ることが大切です。

 

侵入者を避けるうえでは、センサーライトを設置するのも効果的です。人の動きを感知して点灯するタイプのものなら、死角になりやすいベランダでも不審な状況が人目につきやすくなり、防犯性が向上します。

 

日当たりのいい部屋

 

ベランダのある物件を内見するときには、事前にチェックポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、どのような点に目を向ければいいのか、具体的なポイントを紹介します。

 

ベランダの方角は、住まい全体の日当たりに影響を与える重要なポイント。一般的には日当たりのよい南向きに設けられているケースが多く、実際に南側にベランダがあれば洗濯物を干すときなどにとても便利です。

 

しかし、ベランダの大きさによっては、1階部分の日当たりを遮ってしまうこともあります。特に1階部分の南側にリビングがある間取りでは、2階のベランダによって採光性が低くなってしまう場合が多いため、注意が必要です。

 

ベランダの用途に合わせて、室内の生活動線にも目を向けることが大切です。たとえば、洗濯物を干すのに使用したい場合には、洗濯機からの距離が近いかどうか、階段を上り下りする必要があるかどうかといった観点が必要となります。

 

また、ガーデニングなどを楽しみたい場合には、水道などの水回りからの距離も意識しておきましょう。

 

雨の吹き込みを防ぐために、十分な屋根の大きさがあるかどうかを確かめることも重要です。物干しざおは軒先から一定の距離を保つ必要があるため、雨が降ったときに洗濯物がしっかりとカバーされるかどうかをチェックしましょう。

 

ベランダは常に風雨にさらされる箇所となるため、防水加工や排水設備が重要なポイントとなります。特に排水設備が整っていない場合、大雨の際に水がたまってしまったり、下の階に水漏れしてしまったりすることもあるのです。

 

また、雨どいの割れや歪みなどがないかも併せてチェックしておきましょう。

 

周辺環境については、隣接した家との距離やプライバシーを意識して見極めるといいでしょう。隣の住宅とあまりにも距離が近い場合は、プライバシーの確保が難しくなってしまいます。

ベランダ

2階のベランダは便利であるものの防犯対策が必要です。この記事のポイントをまとめます。

ポイント

  • ベランダとバルコニーの大きな違いは屋根の有無
  • 屋根のあるベランダは、雨の影響を受けにくく、洗濯物を干しやすい点がメリット
  • 2階のベランダは日当たりがよく、洗濯物を干すスペースとしてうってつけ
  • 周囲の死角になりやすいため、防犯対策を意識することが重要
  • 内見の際には、方角や1階部分への日当たりの影響などに目を向けて見極める

公開日: