住居を構えるうえで、立地は住まいの快適さを左右する重要な条件のひとつだといえます。

特に角地は、一般的な土地と異なる特徴を持っており、人気が集まりやすいことから、競争率が高くなるケースも少なくありません。

今回は角地の特徴をメリット・デメリットの両面から詳しく見ていきましょう。また、角地と似た特徴を持つ“準角地”についても併せて解説していきます。

日当たりのいい部屋

 

角地とは「交差する2つの道路に接した角の区画」の土地を指します。ここでは、ほかの土地とは異なる特徴を持つ角地のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

角地に人気が集まりやすい理由のひとつとして、日当たりの良さが挙げられます。

 

通常の土地とは異なり、複数の方向から日差しが入ってくることから、住居に光を取り込みやすくなるのです。

 

また、隣地と接する部分が少なく、風通しが良くなる点も角地の魅力だといえます。

 

特に、住居同士が密接になりやすい都心部などでは、明るく開放感のある住まいづくりを考えるうえでは、重要な条件のひとつとなります。

 

角地には間取りの自由度が高いといったメリットもあります。

 

通常の土地では、基本的に玄関を設ける方向が道路側の一択になってしまうため、自然とそのほかの部屋の配置においても選択肢が狭まります。

 

しかし、2方向の道路に面している角地では、異なる方角のどちらでも玄関を配置することができるのです。

 

そのため、日当たりの良い面にリビングを配置したり、駐車場と玄関の向きをバラバラにしたりといったある程度自由な間取りが実現可能となります。

 

角地のもうひとつのメリットは、資産価値が下がりにくい点にあります。

 

将来的に住まいを手放すことになったとしても、角地は人気が集まりやすい条件のひとつでもあるため、周囲よりも高い売却価格が期待できるのです。

地価

 

有利な面が大きい角地にも、いくつか注意しておきたいデメリットはあります。実際に土地を購入する際には、長所と短所の両面を押さえておくと安心です。

 

資産価値が下がりにくいメリットの裏返しとして、角地は周辺の土地と比べて地価が高く、場合によっては1~2割ほどの差が生まれることもあります。

 

そのため、土地の価格に応じて算出される固定資産税や都市計画税なども、周りと比べて割高になります。

 

また、角地はどうしても人目につきやすくなるため、住居の周りにフェンスやブロック塀などを設けるのが一般的です。

 

その場合、道路に1面のみ接している通常の土地と比べて、2面分の外構設置費用がかかるため、建築コストが高くなりやすいといえます。

 

面している通りの通行量によっては、車の走行音が気になってしまうこともあります。

 

大型トラックが通行できるような車通りの多い土地では、振動・騒音対策が必要になるケースも少なくありません。

 

また、日中から夕方にかけて西日が差し込む土地では、夏場の日差しが強くなりやすい面もあります。

 

その場合は、室内に熱がこもるのを避けるために窓や軒の配置を工夫したり、遮熱性能に優れた設計を行ったりするなど、何らかの対策が必要となります。

建物の高さ制限

 

自治体によっては、角地に「道路斜線制限」が設けられているところもあります。

 

斜線制限とは、周囲の採光や風通しを確保する目的で、建物の高さに対してかけられる規制のことです。

 

これにより、制限を超えてしまうような3階建ての家が建てられないため、購入前に建築制限について確かめておく必要があります。

日当たりのいい部屋

 

日当たりの良さは、角地の大きなメリットのひとつではあるものの、方角によって傾向は大きく異なります。そのため、土地を購入する際には、方角ごとの特徴も押さえておくことが重要です。

 

北西・北東・南西・南東の4方向について、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

北西角地は、午前中や日中の日当たりはそれほど強くなく、一方で西日の影響を受けやすい立地です。

 

しっかりと日当たりを確保するためには、北側にある程度のスペースが必要となるため、周囲の状況を確認しておくことが大切だといえます。

 

北西角地は、ほかの方角と比べて日当たりに恵まれていないとされている半面、角地のなかでは土地の価格が比較的に安いといったメリットもあります。

 

北東角地も北西と同じように日当たりには恵まれない面があるものの、東側に建物がないため、朝方は日差しを取り込みやすい点が特徴です。

 

向かいの建物の反射光や天空光を利用して、北側の採光性を高めるような工夫をすれば、北向きでも十分に住まいの快適性が向上する可能性があります。

 

日当たりに関する条件は、北側の立地に比べて優れているといえます。土地の南側に面している部分は、日当たりがもっとも良くなるため、リビングなどの団らんスペースに最適です。

 

ただ、東側がほかの建物に遮られるため、午前中は日差しが取り込みにくい面があります。また、西日が入り込む立地であることから、夏場は室温が高くなりやすい点に注意が必要です。

 

日中の日当たりが良い南側と、午前中の日当たりに優れた東側に面しているため、日当たりに関してはもっとも理想的な立地であるとされています。

 

また、西日は差し込みにくい立地であるため、夏場でもそれほど室温が上がる心配はありません。

 

ただ、ほかの角地よりも土地の価格が高くなりやすい面もあるため、コストとのバランスを考慮することが重要となります。

角地の家

 

角地に建物を建てる際には、建ぺい率の角地緩和についても知っておく必要があります。ここでは、建ぺい率と角地の関係性について詳しく解説していきます。

 

建ぺい率とは、土地全体の面積に対して、建物の建築面積が占める割合のことです。

 

土地の建ぺい率については、自治体の都市計画法によって用途地域ごとに上限が定められており、制限を超えない範囲を守らなければなりません。

 

建ぺい率の角地緩和とは、一定の要件を満たした角地の建ぺい率が10%加算されるという仕組みです。

 

これにより、通常の土地よりも10%広い建築面積が確保できるため、角地のメリットのひとつとして挙げられることも多いといえます。

 

ただ、自治体によって細かな条件は異なるため、対象の土地が緩和の要件に該当するかどうかは事前に確かめておく必要があります。

 

自治体によっては、建ぺい率のほかに「隅切り」という建築制限が設けられることもあります。

 

隅切りとは、交差点の見通しを確保したり、安全に曲がれるようにしたりするために、一定範囲にわたって角の一部を空き地にしなければならないというものです。

 

隅切りが必要なケースや形状については、自治体ごとに細かな違いがあります。

 

また、道路として扱うか、所有者の土地として扱うかについても異なるルールがあるため、建ぺい率と併せて確認しておくことが大切です。

準角地イメージ

 

準角地は角地と同じような特徴を持つ土地であり、メリットもデメリットも類似しています。しかし、角地にはないメリットも備わっているため、購入する土地の候補となる可能性も十分にあるのです。

 

ここでは、準角地の特徴を見ていきましょう。

角地と準角地

 

2つの道路に面した角地と異なり、準角地は「L字形の1つの道路に面した角の土地」のことを指します。

 

立地上の特徴は角地と似ており、日当たりのよさや資産価値の高さなどのメリットは一致しています。

 

一方で、2方向の道路を利用できる純粋な角地と比べると利便性はやや下がるため、固定資産税や相続税の評価額が安くなる面も特徴です。

 

角地の購入を検討する際には、準角地にも目を向けながら探していくと、より広い範囲から候補を絞っていけるでしょう。

角地

 

  • 角地は日当たりの良さ、間取りの自由度の高さ、資産価値の高さが魅力
  • 建築コストが高くなりやすい点や、高さ制限には注意が必要
  • 同じ角地でも方角ごとに日当たりの条件は異なる
  • 建ぺい率の角地緩和や隅切りも意識しておくことが大切
  • 角地だけではなく準角地にも目を向けておくと土地の候補が広がる

公開日: