省エネ住宅やエコ住宅とは、冷暖房による消費エネルギーを減らしたり、自然エネルギーや自然素材を多用する住まいのことです。ここでは構造・施工・設備を選択するときのポイントや、補助金対象となるシステムや設備について解説します。

省エネ住宅とは

省エネ住宅とは、冷暖房機器による消費エネルギーを減らすなど、省エネルギーに配慮した住宅のことをいいます。

 

具体的には、壁や床、天井、屋根に断熱材を入れたり、断熱・気密性能の高い窓やドアを用いることなどによって、室内と室外との熱の出入りをできるだけ少なくするというもの。冷暖房による二酸化炭素の排出量を減らして地球温暖化防止に貢献できると同時に、光熱費を抑えられて家計にもやさしいというメリットがあります。

 

省エネ性能については、「次世代省エネルギー基準」で基準が定められ、家づくりの目安が示されています。「エコ住宅」は省エネ住宅と同じ意味で使われますが、太陽光などの自然エネルギーを活用する、自然素材を多く用いるなど、より地球環境に配慮した住まいのことをいうケースもあります。

 

複層(ペア)ガラスの一例

複層(ペア)ガラスの一例

暖房でつくり出した熱が外へ逃げていったり、夏の暑さが室内に入り込んでしまったりすることを抑えるために、さまざまな方法があります。

 

たとえば、高性能な断熱材を入れる、「外(張り)断熱工法」や「充填断熱」などの断熱施工方法に工夫をするなど。熱の出入りが大きい開口部に高い断熱性能を持つ複層ガラス窓や断熱ドアを用いることも有効です。

 

また、給湯の熱効率を高めて省エネを図る「エコキュート」や「エコジョーズ」、ガスエンジンで発電して、そのときに出る熱でお湯をつくる「エコウィル」など、エネルギー効率の高いシステムを用いるのもポイント。太陽光発電システムなど、「わが家でエネルギーをつくり出す」ことも省エネに大きく貢献します。

 

子どもたちの将来のためにも、エネルギーを大切に使って、地球環境にやさしい住まいを建てたいもの。

 

でも、「省エネ」や「エコ」への意識が高まるあまり、「省エネ性能を表す数値が高ければ高いほどいい家」とばかりに数値だけで家の良しあしを判断したり、省エネのために便利さをガマンするというのでは「快適な住まい」とはいえません。

 

あくまでも、無駄なエネルギーを増やすことなく、住まいの心地よさも向上させるという、省エネ性と快適性を両立させた住まいを目指しましょう。また、高機能な省エネ設備は補助金が出るものの、やはりコストアップにつながる可能性があります。設置後のコスト削減と、設置時にかかるコストのバランスもしっかりと考えたいものです。

家づくりの基礎知識・ノウハウは参考になりましたか?

こだわりの注文住宅を建てるなら、LIFULL HOME’Sに掲載しているハウスメーカー・工務店の中からお気に入りの住宅カタログや施工会社を見つけて、一括問合せがおすすめです。

公開日: