新築見学会(完成見学会)とは、その名のとおり新築で建てたマイホームを一般の方々に公開することを言います。見学する側にとっては、実際に完成した注文住宅や建売住宅を見ることができるため、モデルハウスよりもリアルに生活の雰囲気を感じることができます。

見学会では、生活動線や設備についてチェックしたり、廊下やキッチン、階段など、さまざまな場所の寸法を測ったりして、これから家を建てようと考えている方が、より具体的に家を建てるイメージを持てるようにします。

通常、見学会を行うかどうかはハウスメーカーから打診され、施主が自由に決めることができます。ハウスメーカーによって見学会の打診を行うタイミングは異なり、住宅によっては打診されないケースもあります。

ハウスメーカーから見学会を行いたいと打診があった際は、状況をよく理解したうえで検討しましょう。ここでは新築で建てたマイホームの見学会を行うメリットや、後悔しないために事前に知っておくべきことについて紹介します。

まずは新築見学会を行うことで得られるメリットには、どのようなことがあるのか見ていきましょう。

新築で家を建てる際は、できるだけ自分たちの理想に近い住宅を建築してもらいます。注文住宅であれば、内装や外装の細部など隅々までこだわる方もいるでしょう。そうして苦労して完成した住宅を誰かに見てもらえるという点は、新築見学会の最大のメリットと言えるかもしれません。

新築マイホームの見学会に訪れる方のほとんどは、これからマイホームを建てようと考えています。そのため、施主がこだわったところなどを紹介し、参考にしてもらえることは誰か役に立つことにつながります。

新築見学会の実施にあたってはハウスメーカーなどから、「見学会を行いませんか?」と打診されるのが一般的です。もちろん断ることもできますが、見学会を行うことで謝礼が出ることがあります。ただし謝礼といっても、あくまでも気持ち程度の場合が多いでしょう。

 

またハウスメーカーなどによっては、建築費用が安くなったり、サービス工事を行ってくれたりする場合もあります。

建築会社も、これからマイホームを検討している方々に完成した住宅の隅々まで見られるという意識のもと、より一層気合が入ることもあるようです。

 

もちろん、見学会を行わないからといって、手を抜かれるということではありません。ただ、建築会社やハウスメーカーも、せっかく多くの方に見てもらえるなら、いい家だなと思ってもらえる家づくりを目指したいと、つくり手の意識が強まることがあります。

新築見学会はメリットばかりではありません。見学会で起こり得ることについても理解したうえで、見学会を行うかどうかを判断しましょう。

トイレを使用されることもある

見学会に訪れた方の中には、トイレを使用したくなる方もいるかもしれません。トイレに行きたくなるのは生理現象なので、貸してほしいと言われれば断りにくいものです。

 

それでも、「新築住宅のトイレを見ず知らずの方に使用されるのはちょっと嫌だな」と思う方もいることでしょう。そういう方はハウスメーカーに依頼し、外に仮設トイレを設置してもらうなどの工夫をしましょう。

新築住宅に傷をつけられる可能性がある

見学会に訪れた方が、悪気がなくても室内を誤って傷つけてしまう可能性も十分にあります。引き渡し前に気づくことができれば、ハウスメーカーに依頼して修繕してもらえますが、引き渡し後であれば修繕してもらえない可能性があります。

 

そのため、見学会を行った後には、必ず傷などがないかを確認しましょう。もし傷が見つかれば、ハウスメーカーに伝えて対応してもらいましょう。

知らない方が入ってくるという防犯上の懸念

防犯上のリスクを考えた際に、室内を隅々まで見られてしまうのは不安だという方もいます。普通に考えれば、見学会に訪れる方の中にそうした悪意を持った方は少ないはずですが、どういった方が来るのか分からない以上、防犯面での懸念を感じることもあります。

 

そのような場合は、見学会に訪れる方を“ハウスメーカーとの契約済みの方”に限定するなどして対応しましょう。

費用が公開される

住宅や設備の値段などは公開されます。同じような住宅を建てる際にいくらかかるのか、また、この設備を導入したらいくらかかるのかなど、見学に来た方たちが具体的なマイホームのイメージを膨らませられるようにです。

 

このため、新築見学会は住宅の外観や室内、金額に至るまで、そのすべてをオープンにするものと考えておきましょう。

スリッパなどを準備

通常、ハウスメーカーが新品の靴下やスリッパなどを用意してくれるので、施主が用意する必要はありません。しかし、中には用意をしてくれていない場合もあるため、前もって確認したうえで、必要に応じて自分自身で準備しましょう。

見学会は自慢の住宅を公開できるといったメリットがある半面、知らない方が家に上がるという点において、さまざまな可能性を考える必要があります。ただ、見学に訪れる方にとっても、見学会はマイホームの購入に向けて有益な情報をたくさん収集できる機会となります。

 

モデルハウスは理想のつくりであることが多く、間取りや延べ床面積も実際には余裕を持ったものであったり、グレードの高い設備機器が使われていたりします。しかし、新築見学会で見学するのは、実際に施主が建ててこれから住む家であるため、家具の配置や標準仕様の設備などについても、現実味を帯びたものとして体感できます。また、家の中だけでなく、近隣住宅との関係を考えた間取りや設備などの工夫も実際の住宅から見ることができます。

 

試行錯誤した住宅づくりの体験が、誰かの役に立つということはとても意味のあることです。もし打診があった場合は、考慮すべき点もしっかり確認して見学会を行うのか判断するようにしましょう。

公開日: / 更新日: