マイホームを持つなら注文住宅で家を建てたいと考えていながらも、貯蓄や収入、ローンのことを踏まえてベストな時期を模索中の方もいると思います。

それでは、一般的には、何歳頃に家を建てる人が多いのでしょうか?

今回はマイホームを建てた方の平均年齢や、無理なく支払いが続けられるローンの組み方のコツを紹介します。

家を建てる人の平均年齢とは?

家を建てる人の平均年齢とは?

国土交通省が発表した「平成29年度(2017年度) 住宅市場動向調査報告書」(※1)によると、初めて住宅を取得した方の年齢は30歳代が最も多いという結果になりました。

 

内訳を詳しく見ていくと、注文住宅、分譲戸建住宅、分譲マンションの一次取得者は30 歳代が最も多く、中古戸建住宅、中古マンションでは40歳代が最も多いということがわかります。

 

中でも注文住宅を購入する人の年齢の割合は30歳代が48.1%、40歳代が26.6%、30歳未満10.5%、50歳代8.8%、60歳以上5.5%となっており、平均年齢は39.5歳とされています。

 

※1 出典:「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」(国土交通省) (https://www.mlit.go.jp/common/001287439.pdf

 

 

初めて住宅を購入する方に30歳代が多い理由としては、住宅ローンの完済年齢による影響が挙げられます。住宅ローンには完済年齢が決まっており、金融機関によって異なりますが75歳または80歳までと期限が設けられています。

 

例えば、住宅ローンの支払い期間を35年とした場合、75歳までに完済したいとなると40歳で住宅ローンの契約をしている必要があります。完済期間に余裕を持たせたいとなると、30歳代で住宅ローンを組みたいと考え、住宅購入に踏み切る方が多いと考えられます。

 

将来住宅ローンを利用してマイホームを建てたい方や、購入したい方は、完済年齢から逆算して住宅の購入時期を決める必要があります。

 

「平成29年 住宅市場動向調査報告書」によると、注文住宅の世帯の居住人数は平均3.5人で、2人が19.4%、3人が29.2%、4人が32.7%、5人が10.1%、6人以上が5.2%となっています。

 

なお、注文住宅で高齢者のいる世帯は全体の24.3%、高齢者の住んでない世帯は58.1%となります。また、注文住宅だけでなく、分譲戸建住宅や中古戸建住宅でも世帯居住人数の平均は3人超となっており、それぞれ高齢者の住んでいない世帯の割合も70%超となっています。

 

これらのことから、戸建住宅では子どものいる世帯が多いと推測されます。よって、住宅ローンの完済年齢だけでなく、子どもができたことをきっかけにマイホームの購入を検討する人も多そうです。

初めて家を建てる方の年収や購入資金、ローンの返済方法の平均

初めて家を建てる方の年収や購入資金、ローンの返済方法の平均

「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」によると、注文住宅で初めて家を建てる方の年収は400万~600万円に次いで600万~800万円の方の割合が多く、平均年収は670万円という結果が出ています。

 

また、初めての注文住宅の購入資金の平均は新築の場合4,082万円建て替えの場合は平均3,128万円と発表されており、自己資金がそれぞれ919万円、1,668万円と金額に差はありますが、共に自己資産を用意したうえで購入しているケースが多いということがわかります。

 

ただし、平均収入や購入資金の平均は職業や地域によって異なります。あくまで参考として認識しておきましょう。

 

初めて注文住宅で家を建てた方の中で、新築では半数以上の方が住宅ローンを利用しています。ここで気になるのが返済期間です。

 

返済に設ける期間の平均は、住宅建築における借入金の返済期間の場合は平均31.1年、土地購入における借入金の返済期間の場合は33.2年と、共に30年を超える返済期間を設定する方が多いと「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」で発表されています。

 

また、年間返済額の平均金額は、注文住宅を建てた人の場合、平均130.5万円で、月々の返済金額に換算すると約10.9万円、世帯年収に占める返済負担率は平均20.4%という結果となっています。

住宅ローンを無理なく組むコツとは?

住宅ローンを無理なく組むコツとは?

家を建てる際、多くの方が住宅ローンを利用していますが、自己資金があっても住宅に必要となる費用は大きく、借入金額が自己資金を大きく上回ることが多いでしょう。

 

借入金額が増えれば増えるほど、当然ながら住宅ローンの支払いは大きくなります。住宅ローンを組む際は、無理なく支払いができるように組み方にも工夫をしましょう。

 

家を建てる、または購入する際、頭金なしでもローンが借りられるケースもありますが、住宅の購入費用に加え、諸費用や融資手数料が必要となります。

 

これらの費用は現金のみの支払いとなるケースも多いので、自己資金を準備しておくに越したことはありません。諸費用などもまとめて融資してくれる住宅ローンもありますが、返済金利が高く設定されている場合が多く、返済方法によってはわずかな金利差でも、今後の支払いに大きく影響を与えることもあります。

 

住宅ローンを利用する際、頭金の割合に応じて金利を下げてくれる金融機関もあります。頭金を準備することで、利息を減らすことができるので、可能な限り頭金や自己資金を準備するようにしましょう。

 

住宅ローンの返済金額を設定する際は、収入金額からローン支払いを行っても余裕が持てるよう、金額を設定するようにしましょう。

 

収入からギリギリ支払える返済金額を設定してしまうと、貯蓄や急な出費に対応できなくなり、生活が苦しくなってしまいます。収入と返済金額を照らし合わせて、余裕が持てる返済金額を設定してください。

 

「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」によると、住宅ローンの減税制度を利用している世帯は、今後利用する予定という世帯を含めて注文住宅取得世帯では94%、分譲戸建住宅と分譲マンションの取得世帯でそれぞれ 90.8%と 88.1%、中古戸建住宅と中古マンションの取得世帯でそれぞれ 63.3%と 60.7%と発表されています。

 

家を建てる際、一定の条件を満たせば住宅ローンの減税制度を受けることができます。適用する住宅ローンの減税制度を調べ、利用できるものはぜひ利用しましょう。節税することも、無理のないローン計画には大切です。

 

データ上、家を建てる際の平均年齢は30歳代となっていますが、これは一般的な話であり、すべての人に該当するわけではありません。自身の収入や貯蓄、ライフスタイルによってベストな住宅購入の時期は異なります。

 

マイホームを建てる際は、自身の状況に合わせて、無理のないローンを組むようにしましょう。

公開日: