「住宅の気密性や断熱性を高めると、省エネ効果がある」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。これらの性能を高めることで、外の温度に左右されず、室内の温度を一定に保てるようになるため、省エネ効果が期待できます。

しかし、高気密・高断熱性の住宅にする際は注意すべきポイントもあります。今回は高気密・高断熱の住宅の特徴やメリット、注意しておきたいポイントを紹介します。

はじめに高気密と高断熱、それぞれの住宅の特徴について説明します。

 

高気密住宅

高気密住宅とは、外部との隙間が少ない気密性の高い家のことです。建築の際に生じやすい目に見えないくらいの小さな隙間を、精度の高い建築素材や防湿シート、断熱材、気密テープなどでしっかりと埋め、外気の侵入を防ぐことにより室内の気密性を高めています。

高断熱住宅

高断熱住宅とは、外壁と内壁の間に断熱材を用いたり断熱性の高い窓を採用したりすることで、断熱性能を高めた住宅のことを指します。

 

断熱とはその字のとおり、熱の行き来を遮断するという意味で、夏は外から熱が入ってくるのを防ぎ、冬は部屋の熱が出ていくのを防ぐことにより、室内を常に快適な温度に保ちやすくなります。

 

高気密と高断熱の双方には相乗効果があり、気密性を高めることで、断熱機能の低下を防ぐことができ、断熱性を高めることで室内の空気が逃げにくくなるため、高気密・高断熱を一緒に取り入れる建築方法が増えつつあります。

高気密かつ高断熱性を取り入れた住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。もっと詳しく見ていきましょう。

外気温の影響を受けにくく、室内の温度を一定に保つことができる

断熱効果が高いと、室外の気温変化の影響を受けにくくなります。

 

熱は、壁や窓を通して家の中と外を行き来するので、断熱性が十分でないと室内も冬は寒く、夏は暑くなるなど外気温に左右されやすくなってしまいます。

 

断熱性を高めることで室内外への熱の移動を防ぐことができるので、外の温度変化にかかわらず室内の温度を一定に保ちやすくなります。また、気密性が高いことにより、さらに室内の空気が逃げにくくなり、室内の温度を一定に保ちやすくなります。

 

省エネ効果が期待できる

高気密・高断熱の住宅では、冷房で室内を冷やした場合は冷気が逃げにくく、暖房で暖めた場合は暖気が逃げにくいという特徴があります。

室内に冷気や暖気がとどまるため、少しの冷暖房の使用で十分室内が快適な温度になり、フルパワーで使わなくて済むようになります。冷暖房の使用が多くなる夏冬の光熱費を抑えることができるなど、省エネ効果が期待できます。

ヒートショック防止に効果的

ヒートショックとは、特に冬季、急激な温度変化により血圧が急上昇、急降下して体に悪影響を及ぼし、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす現象のことを言います。

 

高気密・高断熱の住宅だと、室内の温度が一定に保ちやすくなるので、急激な温度変化が起こりにくく、部屋ごとの温度差が少ないため、家庭内で起こるヒートショック現象の防止にも効果的です。

 

熱中症予防にも

また、近年では地球温暖化の進行により熱中症が起こりやすく、死亡率は年々増加傾向にあります。特に、高齢者の場合は体温調節がうまく行えず、急上昇する気温に体が耐えられなくなる方も多く見られます。

住宅に複層ガラスや遮熱ガラスといった断熱素材を用いることで室内の温度上昇が緩和され、熱中症予防にも効果的です。

 

高気密・高断熱の住宅にはさまざまなメリットがありますが、注意しておくべき点もあります。

 

隙間があると結露ができる場合がある

壁内に断熱材をいれる場合、柱と断熱材の間に小さな隙間ができやすく、温度差によって結露ができる場合があります。これを壁内結露と言います。

 

壁内の結露は、壁や柱など建物の劣化をもたらすだけでなく、カビの原因ともなります。結露を防ぐためにも、定期的に換気するようにしましょう。

 

現在は改正建築基準法により、24時間換気システムの設置が義務付けられていますので、“全く換気ができない”という状況はよほど特殊な状況でない限りないと思われます。

 

しかし、住宅の間取りや構造に合わせて、気密性と断熱性、換気のバランスを取らなくてはいけません。このバランスは住宅の性能によって異なるので、お願いするハウスメーカーや工務店に相談、または確認を取るようにしましょう。

 

暖房器具によっては乾燥しやすい

高気密・高断熱の住宅では、二酸化炭素排出量が高い石油を使用した暖房器具が使えない場合が多いため、エアコンや蓄熱式暖房器具が主流となります。

 

特に、エアコンなど、ファンによって気流が発生する暖房器具を使用すると、家全体を暖めてくれる分、1つの部屋だけでなく家全体が乾燥しやすくなってしまいます。そのため、暖房器具を使う場合は、乾燥予防を含めた注意が必要です。

 

比較的乾燥の少ない床暖房や薪ストーブを取り入れたり、加湿器を用いたりするなど、乾燥対策を行うように心がけましょう。

 

また、開放式の石油ストーブを使用すると、室内の二酸化炭素濃度が高くなるため、頻繁に換気する必要が出てきます。

 

換気することにより、せっかくの高気密・高断熱性による“室内の空気を一定の条件に保つ”という機能が十分に発揮されなくなります。

生ごみなどのにおいがこもりやすい

キッチンの生ごみや日頃の生活から発せられるにおいが強ければ強いほど、部屋の中にこもりやすくなります。

 

設置義務のある24時間換気システムは、主に空気の循環が目的なので、一般的な換気扇ほどの強力なパワーは持っていない場合が多く、室内の消臭が追いつかない可能性もあります。

 

キッチンなどのにおいがこもりそうな場所には、換気扇をあらかじめ設置しておく、または消臭剤を設置するなど、換気&消臭対策を取るようにしましょう。

シックハウス症候群を引き起こす可能性がある

高気密・高断熱の住宅は室内外の空気の行き来を遮断するため、自然な空気の入れ替えがあまりできません。

 

空気の入れ替えがスムーズでないとハウスダストが室内にこもりやすくなり、頭痛やめまい、吐き気などのシックハウス症候群を引き起こす可能性があります。

 

家を建てる際は有害物質を発しない建材を使用して、シックハウス症候群の発生を抑えるようにしましょう。また、換気と掃除を徹底し、室内を清潔な空間に保つことも大切です。

高気密かつ高断熱だと、室外の温度に左右されにくく、室内は快適な温度を保ちやすい家になります。ヒートショックの防止や省エネ効果などメリットもたくさんありますが、結露や乾燥、空気の循環など注意すべきこともあります。

 

高気密・高断熱の住宅を選ぶ際は、まず注意点を意識して、しっかりと対策を取るようにしましょう。対策が取れれば、高気密・高断熱の特長を生かした快適な住まいづくりができるでしょう。

公開日: