理想の住まい拝見|02 東京・足立 佐々木邸|元々持っていた家や土地、小さい頃から住み慣れた町に家族一人一人のことを考え、こだわりの家を手に入れた5軒のお宅をご紹介。快適な住まいづくりの一歩を教えてくれます。

限られたスペースを
最大限に生かした狭小住宅

親御さんから譲り受けた土地を持ち、いつかは家を建てると決めていた佐々木さんご夫妻。結婚をきっかけに、住宅の相談窓口で工務店を探し、新しい家族を迎える家づくりが始まりました。

写真狭い土地をうまく活用した3階建て。1階の玄関横は、車や自転車が置けるガレージになっています
写真通常は壁で隠れてしまいがちなコンロ周りをガラス張りに。空間を仕切らず、キッチンに立つときも家族の顔が見えます

元々土地が狭いということが分かっていたからこそ、「3階建てにして、狭小の中でも生活動線をうまく作りたい」と考えたご夫妻のこだわりは随所にあります。

一日の大半を過ごす2階にリビングとキッチンを配置。天井は高く、窓を大きくし、腰壁の対面キッチンにして余計な仕切りを無くしたことで、フロア全体が抜けるような開放的な空間となりました。

コンロ周りの壁もガラス張りにして、どこにいても部屋全体が見渡ます。キッチンの奥に洗濯機、階段下に収納を配置するなど、スペースを余すことなく有効活用しました。

写真 キッチンからリビング全体を見渡せる間取り。ベビーベッドも見える位置に
イラスト
写真 (左)生活動線を考えキッチンの奥に洗濯機を配置。(右)パソコンやデスクなどの作業スペースも使わないときはパントリーに収納
写真 階段下は、収納スペースとして有効活用。防災グッズをはじめ、細かなものを収納しておけます
イラスト

また、フロアごとにテーマを変える遊び心も。水まわりのある1階は「海」。2階は「森や山」をイメージし、木のぬくもりを感じるナチュラルな雰囲気に。寝室や子ども部屋のある3階では、「空」をイメージしたブルーの壁紙がおしゃれ。

実際に暮らし始めて、「家事をしながら子どもを見ることができ、毎日のことが快適にできる」と生活の中心を2階に置いた間取りは正解だったと語るご夫妻。部屋を広く見せるためのスペースは、家族との時間や育児にも役立ちました。

写真 きれいなブルーのドアや壁が部屋のアクセントに。1階は「海」、3階は「空」などフロアごとのテーマに合わせて、家具や小物までこだわっています。3階は南向きの窓やベランダもあり、日当たり良好!
写真 電気のスイッチは、ご主人がDIYパーツ店で買ってきたアメリカンスイッチ。見慣れないデザインでどれも格好いいです
HOUSE DATA

株式会社リバティホーム 03-3658-0101
東京都江戸川区西小岩3-21-30
https://www.liberty-home.biz/

  • 出典:家を買Walker (KADOKAWA)
  • 撮影= 柴田ひろあき
  • 取材・文=吉田晃子
  • 編集= LIFULL HOME'S 編集部

(2019/05/16)

この記事をシェアしませんか?

住みたい街ランキング

ランキングページ
首都圏、近畿圏、中部圏、九州圏の住みたい街探しにお役立てください。

不動産サービス&関連ツール

不動産用語集
不動産に関する用語をわかりやすく解説しています。

LIFULL HOME'S
公式アカウント

ホームズくん
  • twitter@HOMES_kun

    Twitterでお部屋探し!ホームズくんに希望条件をつぶやくと手動で検索して返事をするよ!

  • facebookLIFULL HOME'Sページ

    LIFULL HOME'Sからのお知らせやキャンペーン情報などをお届けします。

今回の事例紹介は、親御さんから譲り受けた土地を持ち、いつかは家を建てると決めていた佐々木邸。狭い土地をうまく活用した3階建てはきっとお手本にしたくなります。キッチンに立つときも家族の顔が見えるなど、狭小の中でも生活動線をうまく作りました。家族一人一人のことを考え、こだわりの家を手に入れたお宅をご紹介します。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

  • 情報セキュリティマネジメントシステム国際規格
    株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。