注文住宅を購入して、家族の好みやニーズを反映したオリジナルの家に住みたいという方は少なくないでしょう。しかし実際に住宅を購入するとなると、現実問題として購入費用について考えざるを得ません。住宅は人生でもっとも高額な買い物です。できる限り費用を抑えて購入したいのが本音だと思います。そこで気になるのが、「値引き交渉ができるのかどうか」です。今回は注文住宅の購入の際に値引き交渉の可否について検討するとともに、その他の価格を抑えるための方法についても紹介していきたいと思います。

一戸建ての住宅市場には以下の2種類があります。

・建売住宅

建売住宅は土地とセットで販売されている新築分譲住宅のことを指します。建売住宅はすでに完成されているため、購入者は「家づくり」に携わることはできません。購入の際には完成された住宅の中から好みのものを選ぶという形になります。

・注文住宅

注文住宅の場合、「家づくり」の段階から購入者が参加します。購入者自身が、建てたい住宅のイメージを、設計や工事を担当する設計事務所やハウスメーカーに伝えることで、間取りや外観から使用する木材や断熱材といった仕様にまで、購入者の意向を反映させることができるのです。

それでは、それぞれの住宅を購入する際の値引き交渉の可否について検討していきます。

・建売住宅の値引き交渉

建売住宅の場合、交渉による値引きは可能な場合があります。

・注文住宅の値引き交渉

注文住宅の場合、交渉による値引きはなかなか難しく、あまりおすすめもできません。
なぜ、建売住宅では値引き交渉が可能なケースがあるのに対し、注文住宅では難しいのでしょうか?

建売住宅は購入の際に既に完成しています。そのため値引き交渉をして価格を下げたところで、家の性能が変わる心配はありません。交渉次第では、従来の価格から大幅に値引きできることも少なくありません。

 

一方で「家づくり」の段階から購入者が携わる注文住宅では、建売住宅のようにすでにある住宅を購入するわけではありません。そのため値引き交渉をした結果、値引きに応えるために建材等を変更する可能性があるのです。たとえ交渉が成功し価格が安くなったとしても、その分だけ家の品質が下がったのでは、これは純粋な値引きとは言えません。

 

例えば、値引き交渉をしたばかりに、材料費が削減されるケースはよくあります。少しでも割安に建てるために安い資材が使われるのですが、質の低い材木や金物は、家の品質にも悪影響を及ぼします。理想の家を建てるためわざわざ注文住宅を購入したのに、値引きしたばかりに家の出来栄えが悪くなってしまっては本末転倒です。

 

このように完成前に購入する注文住宅では値引き交渉は建材等の見直しが発生することを押さえておきましょう。価格を下げたい場合には、プラン変更による価格調整という形をとることをおすすめします。

プラン変更による価格調整方法

見積もりが希望の予算を超えていた場合、最初に検討してほしいのがプランの調整です。注文住宅の見積もり項目は非常に多く、プランの仕様を細かく調整し不要なオプションを削除するだけで、かなりのコスト削減につながるのです。
プラン調整によるコスト削減は、正当な理由があるため、値引き交渉のように家の品質を損なう危険もなく、安全性が高い点も魅力です。

複数の会社から見積もりを取り、実現できる会社を探す

注文住宅では、依頼する工務店やハウスメーカーによって価格に大きな差が生じるケースは少なくありません。たとえまったく同じ仕様で家を建てたとしても、人件費、広告費や上乗せ利益など、様々な要因が積み重なり、価格に数百万円規模の差が出ることもあります。そのため、かならず複数社から見積もりを取り、よく比較検討することが重要です。

ハウスメーカーのキャンペーンを活用しよう

ハウスメーカーの中には、決算前などに定期的なキャンペーンをおこなっているところもあります。キャンペーンによる値引きは、当然のことながら家の品質に影響を及ぼすということはなく安全です。こうしたキャンペーンを活用することで、適正価格よりも安い額で高いクオリティの注文住宅を建てることも可能なのです。また、こうした期間限定のキャンペーンの他にも、お友達紹介キャンペーンなど、お得なキャンペーンを実施しているハウスメーカーは多いので、確認してみてください。

予算の都合でどうしても価格を下げたいが、できればプラン変更もしたくないという人もいると思います。そこでここからは、注文住宅の値引き交渉の可能性と留意点について探っていきます。

注文住宅でも値引きは不可能ではない

本来なら難しい注文住宅の値引きですが、実はまったく不可能というわけではないのです。ただし無理な値引きを交渉は禁物です。材料費の削減や工期の短縮などで調整され、できあがる家の品質を落とす結果となるからです。そのため建売住宅のような数百万円の値引きは期待してはいけません。

値引き率は依頼先によって異なる

地域の工務店に依頼するか、大手ハウスメーカーに依頼するかで、値引き率はかなり変わってきます。
地域の工務店が出す見積額は適正額に近いことが多く、大きな値引きには期待できません。端数を切る形で数十万円の割引などなら受けてもらえる場合は多く、見積額の3%程度が値引き率の相場となります。

 

大手ハウスメーカーの場合は、広告費などの分が見積額に上乗せされているため、地域の工務店と比べると、大きな値引きが期待できるケースがあります。それぞれのハウスメーカーで差はありますが、値引き率の相場は5~10%程度と考えておくとよいでしょう。ただし無理な値引き交渉はぜず、相場内でのスムーズな交渉を心掛けてください。

タイミングが大事。値引き交渉は契約前に

値引き交渉はおこなうタイミングも重要です。最適なタイミングは契約直前です。契約直前まで来ると、契約直前の時期には細かい見積もりがすでに出ているため、内容を大幅に変えられる危険性も減るためです。また、ハウスメーカー等の営業担当者が「ここまできたら契約にこぎ着けたい」と考えてくれた場合、要求をのんで相場内の値引きならば応じてくれるケースもあります。一方で、早い段階での値引き交渉は控えた方がいいでしょう。仮に交渉が成功しても、材料の見直しなどがおこなわれる可能性が高まるからです。

 

以上、注文住宅の値引きができるかどうかについてご紹介しました。無理な値引き交渉はせず、見積もりを複数社から取ったり、プランの見直しをするなど、安全な方法をおすすめいたします。

公開日: