「いつも玄関に物があふれてしまう、ここに大きな収納があれば…」という悩みをお持ちの方々におすすめなのが“土間収納”。

室内のクローゼットや押し入れとは違う使い方ができるため、非常に便利な収納だと言えます。ここでは、これから家を建てる方に向けて、土間収納の魅力や注意点を紹介します。

 

土間収納 とは、玄関で靴を脱がずに利用できる収納場所のことです。土間収納の他に「シューズインクローク」「シューズインクローゼット」などと呼ばれることもあります。

 

下記のようなものを収納するのに、大変便利です。

  • 靴を脱いで持っていくのが面倒なもの
  • できれば部屋には持ち込みたくない外で使うもの
  • 持ち運びが大変な大きなもの

ゴルフバッグなどのスポーツ用品やベビーカーなどを玄関に置いておくと、出入りが不便になってしまいます。その点、土間収納があれば常に玄関を整頓された状態に保つことができるのです。

 

土間収納のメリット

土間収納のメリット としては、以下のようなことが挙げられます。

    • 自転車やバイクなどを室内で安全に保管できる

    • 汚れたり濡れたりしたものを室内に持ち込まなくて済む

    • 砂遊びの道具や水鉄砲など、子どもが外で遊ぶものを置きやすく、出しやすい

    • 物置などと違って外に出なくてもいいため、物の出し入れに天候や服装を気にしなくてよい

    • ゴミを一時的に置いておく場所として使える

    • 濡れたレインコートや傘などを干すことができる

 

具体的には、以下のようなものを置くことが可能です。

  • ゴルフバッグや野球、サッカーボールなどスポーツ関係の用具

  • キャンプ用品などのアウトドア関連グッズ

  • ベビーカーやバギー、三輪車、キックボード

  • シーズンオフの石油ストーブや灯油

  • スキーやスノーボード用品

  • 庭の掃除用具やガーデニンググッズ

 

土間収納は大きなものもまとめて置けることが多いので、その分、家の中が片付くというメリットもあります。

 

 

土間収納にはデメリット もあります。デメリットを踏まえた上で、土間収納をつくるかつくらないかを判断するようにしましょう。以下のような点に注意して考えてみてください。

土間収納をつくるには、玄関だけをつくるよりも費用がかかることが考えられます。 たとえば「アウトドアやスポーツをまったくしない」という家庭であれば、無理に土間収納をつくる必要はなく、押し入れやクローゼットのほうが費用をかけずに済むかもしれません。

「三輪車やベビーカーをしまうために土間収納が欲しい」と考えて土間収納を設置する場合、「それらを使わなくなったら」という子どもの成長による持ち物の変化について考える必要があります。

最初はとても便利でも、時間の経過とともに使わなくなるかもしれません。可能な限り、将来の使用方法についても想定しておいたほうがよいでしょう。

土間収納にはある程度の広さが必要です。無理につくると玄関が狭くなったり他の部屋が狭くなったりする恐れがあるので、間取りを決める際には気を付けましょう。

特に、玄関が狭くなってしまうと、土間収納に運び込むものも限られてしまうため、土間収納を上手く活用できなくなってしまうかもしれません。そのため「玄関と収納の広さのバランスを考える」というのも重要です。

収納するものが雨で濡れたり、湿った土が付いたりすることが多いと、湿気やカビに悩まされる危険性もあります。これは換気がきちんとできていれば問題ないため、事前に対策を練るようにしましょう。

窓や通気口の位置などで調整が可能です。また、除湿剤や新聞紙、除湿機といったアイテムも活用するとよいでしょう。

土間収納にはドアがないタイプのものもあります。ドアがないことにより物が出し入れしやすいという利点もあるのですが、収納したものが丸見えになってしまうので注意が必要です。

 

常に整頓できる場合はいいのですが、それが難しい場合には、簡易的なドアを設置する、カーテンを付けるなどの対策も考えてみましょう。

土間収納は玄関を圧迫してしまう可能性もあるため、収納したいものに合わせた広さを選ぶことが大切です。自転車を置きたいという場合には「自転車を押して動かす」ことに無理がない程度の広さが必要です。

 

また、玄関まで階段の場合は、自転車を収納するたびに不便さを感じることになるので、玄関から土間収納までの移動しやすさも考えて家づくりをするように注意してください。

土間収納の注意点

土間収納は「使う家庭はよく使うが、靴箱程度で済む家庭はなくても問題ない」というものなので、無駄になってしまわないようにしっかり考えてつくる必要があります。

 

また、子どもの成長やライフスタイルの変化などによって将来、土間収納が不要になる可能性もあります。
収納するアイテムや生活を見直して、長期的に必要かどうかを考えてみるようにしてください。

公開日: