今回お話を聞いた人

贄田あゆみ(にえだ あゆみ)

IMG_45812

職業:住まいの窓口専属アドバイザー
普段相談時に心掛けていること:丁寧、的確、分かりやすく話すこと
嬉しい瞬間:贄田さんに相談して良かったと言っていただけたとき
趣味:海外旅行
特技:動物と仲良くなる
出身:宮城県仙台市

二世帯住宅のメリットとデメリット

二世帯住宅に住むメリット

二世帯住宅では複数の家族が一緒に暮らすため、それなりの広さの家が必要になり、建築費用も割高になります。しかし、住宅を2棟建てたり、お互いに部屋を借りて住むことを考えると、一般的に建築費や家賃は安く済むことが多いです。

また電気や水道などの光熱費も、基本料金をそれぞれが払うよりも1つにまとめたほうが節約と言えるでしょう。

共働きの子世帯にとっても、祖父母が同居することで家事や子育てのサポートを受けられるという安心感を得られます。

二世帯住宅に住むデメリット

世代の異なる二世帯が同居するため、食事や入浴、就寝時間といった生活習慣や価値観の違い、訪問客の受け入れなどが原因で、家族間のトラブルに発展する可能性があります。

また、家族間の関わりが増える中でプライバシーの確保がしにくく、二世帯住宅に住んでから気を遣う場面が増えたと感じる人もいるようです。

二世帯住宅 3つのタイプ


二世帯住宅と一口に言っても様々なタイプがあり、大きく3つのタイプに分けられます。
1)完全同居型
2)部分共用型
3)完全分離型

それぞれどんな特徴があるのか、メリットとデメリットを簡単に説明します。

■完全同居型

通常の一戸建て住宅に二世帯で同居するタイプです。玄関から内部設備まで、すべて二世帯で共有します。

【メリット】
・他の二世帯住宅と比較して建築費用が安い
・将来一世帯となった場合に対応しやすい

【デメリット】
・プライバシーが確保しづらい
・電気、ガス、水道、電話代などを世帯別に把握しづらい

■部分共用型

玄関は一緒で、階層にて各世帯が居住。1階は親世帯、2階は子世帯というように居住空間が独立し、トイレやお風呂、キッチンといった内部設備を別々に設ける場合が多いです。

【メリット】
・同居ではないものの、一部生活空間を一緒にすることで距離の近い暮らしができる
・完全分離型と比較して、一般的に建築費がおさえられる

【デメリット】
・電気、ガス、水道、電話代などを世帯別に把握しづらい
・完全分離型と比較して、プライバシーが確保しづらい

■完全分離型

玄関を2ヶ所設置し、内部の設備も世帯ごとに2つに分かれています。階層もしくは各棟にて各世帯が居住する形です。

【メリット】
・生活動線が別々なのでプライバシーの確保がしやすい
・電気、ガス、水道、電話代など世帯ごとに把握することができる
・分離しながらも隣同士である家族の安心感はある
・他の二世帯住宅よりも、半分を賃貸として使うことも検討しやすい

【デメリット】
・設備を完全に分けるため、建築費用がかかる

二世帯住宅の価格はいくら?


二世帯住宅は、それなりの広さや設備が必要なため、一般的な一軒家に比べて建築コストは少し割高です。

一般的に完全同居型、部分共用型、完全分離型の順に費用は高くなります。

設備のグレードや工法、依頼先によっても当然値段は変わってきますが、坪単価で見る費用の目安は以下の通りです。
完全同居型:坪単価 60万円
部分共用型:坪単価 85万円
完全分離型:坪単価 100万円

さらに、部分共用型タイプを例にとり、工法別による建物本体工事の坪単価の目安を紹介します。

工法 坪単価の目安 工期の目安
木造軸組工法 85万円(65〜105万円) 4〜6ヶ月
2×4 75万円(60〜95万円) 3〜4ヶ月
鉄骨造(S造) 105万円(95〜115万円) 約6ヶ月〜
鉄筋コンクリート造(RC造) 115万円(105〜125万円) 約6ヶ月〜

二世帯住宅、部分共用型タイプの工法別による坪単価目安 「住まいの窓口」口座資料より

二世帯住宅は、新築の建売として売られていることは少なく、オーダーメイド型の注文住宅で建てる場合がほとんどです。

建物代は割高になりますが、もともと親の持っていた土地に二世帯住宅を建てるケースも多く、本来かかるはずだった土地代を建築費にまわすことで負担を軽減できます。

購入のタイミングは? どんな人が二世帯住宅を建てる?


二世帯住宅を建てやすいのは、すでに土地を持っている方です。建物にお金をかけられるので、実家を建て替えるタイミングで二世帯住宅を選ぶケースは多いと思います。

それ以外にも、共働きで子どもがいる方や両親が高齢になり、住まいをバリアフリー化させて介護が必要な方などです。

また、二世帯住宅で家族と同居している場合、相続税対策に大きなメリットがあります。

通常、土地の評価額が高いと納めなければならない相続税も高額に…。しかし、二世帯で暮らしている場合は、条件次第で土地の評価額を8割も減額してもらえる「小規模宅地等の特例」という制度が利用できます。

特に、土地の評価額が高い地域にお住まいの方にとっては、二世帯住宅にすることでかなりの節税が期待できます。

建築会社決定までのチェックポイント


二世帯住宅を依頼する建築会社を決める際は、4つのポイントに注目してみましょう。
・キメ細やかに対応してくれているか
・親子の意思疎通を図ってくれているか
・将来的な提案はしてくれているか
・購入後の保証体制がしっかりしているか

二世帯住宅では、建物が大きくなる分、打ち合わせ頻度も多くなります。

それと共に、親子の意見の食い違いによって、スケジュール通りに進まなくなることもあるので、担当者の方としっかりコミュニケーションが取れるか、自分たちの要望を聞いたうえで将来的な提案ができているのかを確認しましょう。

また、建物が大きくなる分、通常の一戸建てに比べてチェックの範囲も広がり、欠陥の見落としが起きる可能性も高まります。一番安いからと価格だけで決めず、保証の範囲や期間を含めて注意が必要です。

理想の二世帯住宅を建てるために

建築会社にとっても二世帯住宅は費用や工期を含め、大型プロジェクトになります。長期に渡ってストレスなく進めるためには、営業担当者選びもとても大切です。

理想の家づくりを実現するためには、まずはしっかりと自分たちで話し合って条件を整理しましょう。

意見がまとまらないときや不安なことがあれば「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」までいつでもご相談ください。

注文住宅カタログを見る無料でアドバイザーに相談する

※贄田にご相談したい場合、ご予約時にお申し付けください。
※店舗は現在、一都三県にございます。お近くに店舗がない方はお電話での相談も可能です。【0120-975-534】



(2018/10/31)