エクステリアとは?

インテリア(interior)はよく聞くかと思いますが、エクステリア(exterior)については知らないという人も多いのではないでしょうか。インテリアは家具や照明など室内空間全般のことを指すのに対して、エクステリアは建物の外周り全体の空間を指す用語です。「門扉」や「ウッドデッキ」など単体の構造物だけなく、庭や車庫、ポストなど建物の周りにあるものすべてを含みます。
すてきなエクステリアの家であれば、出先から帰路に着いたときに眺めるだけで癒されます。家の周りを好みの塀で囲んだり、子どもが遊べる広いスペースを作ったり、アプローチの素材に凝ってみたりと、インテリアと同様に住んでいる人の個性を発揮できる場です。

pixta_29513554_S (1)

外構とエクステリアとのちがい

エクステリアと似た用語で外構がありますが、少し意味合いが異なります。エクステリアが住まいの外周り全体の「空間」を指すのに対し、外構とは、建物の周りにある「構造物」のことを指し、塀、門扉、カーポート、植栽、物置などのことをいいます。いわゆる外構工事とは、カーポートのリフォームや、フェンスを作るなど、構造物の一部分を作り変えたり造形したりすることを指します。

エクステリアの印象を変える外構スタイル

住まいを魅力的にみせるためには、エクステリアを含めた住まいの全体像を思い描くことが大切です。主に3つの外構スタイルがあるので、エクステリアの参考にしてみてください。

pixta_19004236_S

・オープンスタイル建物をフェンスや植栽などで覆わない、開放的なタイプをオープンスタイルといいます。門柱にインターホンと表札、すぐそばにポストのみを設置するなど、最低限のアイテムをそろえるだけなので、外構工事の費用も安く済むでしょう。狭い敷地でも窮屈にならず明るい印象を与えることができますが、プライバシーの確保には工夫が必要です。

pixta_42747353_S

・クローズドスタイルクローズドスタイルは、建物をフェンスや門構えなどで完全に囲って見えないようにするスタイルのこと。庭で洗濯物を干していても、部屋のカーテンを開けたままにしていても中の様子が外から見えないため、プライバシーを重視した設計といえるでしょう。一見防犯面でも安心のように思えますが、侵入者が中に入ったときに外からは姿が見えなくなるため、意外と狙われやすいというのがデメリットです。クローズドスタイルの場合、防犯センサーやカメラを設置すると、より安心感が増します。

pixta_28151061_S

・セミクローズド(オープン)スタイルクローズドスタイルのように建物全体を囲うのではなく、隣家側だけ塀を設けたり、塀を低めにしたり、テラスやカーポートだけオープンにしたりなど、オープンスタイルとクローズドスタイルを自由に組み合わせたスタイルです。隠したい部分と出したい部分をプランナーと相談しながら自由にデザインできます。デザインのバリエーションもさまざまあるため、周辺エリアとの調和や家との統一感を考えながら行うことが成功の秘訣です。

エクステリアを彩る5つの要素

ここでは、エクステリアのイメージを決める5つの重要な要素について解説します。

・門扉訪問者が初めて手を触れるのが門扉です。家の雰囲気やグレードに合うデザインにしたいのはもちろん、フェンスや植栽、庭など他の外構とのバランスも考慮して決めましょう。バリアフリーも意識して設計すると、将来的にも安心です。

・アプローチ門扉から玄関扉までの道のりのことをアプローチといいます。家へ入るまでのわずかな距離でありながら、アプローチのデザインによってエクステリアのイメージを大きく変える場合もあるので、慎重に検討したいところです。素材はレンガや天然石、タイル、モルタルなどがあり、住まいのイメージに合わせて選ぶことができます。アプローチをカーブさせてあえて距離を長くすれば、家に入るまでの高揚感を味わえるでしょう。

pixta_39688078_S

・ウッドデッキ室内から気軽に外に出られるウッドデッキは、生活空間の一部ともとらえられるため、デザイン性とともに快適性・実用性が求められます。素材上、湿気の多い場所や日当りの悪い場所は、カビによる腐食の原因につながるので避けましょう。ウッドデッキを設置した分、庭の面積が減るため、雑草対策や庭の手入れなどの手間が省けます。

・庭、テラス庭は手入れが大変だから必要ないという声も聞かれますが、緑が身近に感じられる住まいは心を豊かにしてくれます。植栽は季節の移り変わりを感じさせてくれると同時に、周囲の視線を遮るという実用的な役割もかねているため、プライバシー保護にも有効です。
テラスとは、庭などの屋外に設けた、地面より一段上がったスペースのことです。庭の一部分をテラスにし、その上にテーブルと椅子を置けば、ティータイムなどくつろぎの場として活用できます。

pixta_33644027_S

・駐車スペース所有している車の台数や家の前の道幅などによって、必要な駐車スペースは異なります。車の出し入れは、容易かつ安全にできるような設計でなければなりません。よく耳にする「カーポート」は、屋根があって壁がないタイプのもので、その他に建物の内部に停められる「ビルトインガレージ」や、「地下車庫」などがあります。

まとめ
・エクステリアとは、住まいの建物周りにあるすべての構造物を含めた、外周りの空間全体のことを指す
・外構のスタイルは主に、オープンスタイル、クローズドスタイル、セミクローズド(オープン)スタイルの3つのタイプがある
・エクステリアを構成する代表的な構造物には、門扉やアプローチ、庭、駐車スペース、ウッドデッキなどがある


新築一戸建てを探す中古一戸建てを探す

(2018/08/20)