建売住宅やハウスメーカーの住宅を購入すると、ほとんどの住宅では、外壁はサイディングという窒業系タイル、内装は織物や紙のクロスが使われています。この外壁と内装の維持管理をおろそかにすると、漏水やタイルの剥がれなどのトラブルが起こってしまうこともあります。

逆に、建物のメンテナンスがしっかりと行われていると、築年数が20年、30年経っていても、売却時の価格が高く出やすいなどのメリットも。

そこで今回は、外壁・内装のメンテナンスの方法や時期の目安、気を付けるポイントなどを紹介します。

見て分かる劣化は早めに補修しましょう

見て分かる劣化は早めに補修しましょう

 

外壁は、太陽光、雨、台風、落雷などの自然環境に日々さらされているので、特に目視による検査と日頃の清掃が重要になってきます。通常なら清掃だけで済んだものが、放置して劣化が進んでしまうと、リフォーム会社に依頼して外壁を入れ替えなければならないこともあります。

 

 

AKI-018

 

また内装は、生活空間のため汚れが付きやすく、日々のケアが大事になってきます。特にドアノブや玄関前の壁紙などは、気づかないうちに汚れてしまったり剥がれが起きやすい箇所なので注意しましょう。

 

 

屋根や雨どいも見落とさないように

屋根や雨どいも見落とさないように

 

外壁は、雨や風などを5年、10年受けていくと、サイディングの継ぎ目のシーリングが劣化して、サイディングの剥がれや水漏れなどの原因にもなります。補修が必要な箇所はないか、しっかり確認しておきましょう。内装は、クロスの汚れや水廻りの水漏れなどを目視でチェックしましょう。

 

劣化の状態によっては、自分で応急処置を行うことも可能です。必要な用具はホームセンターなどで購入することができます。リフォーム会社に依頼するよりも安価で済むので、劣化の初期症状を見逃さないようにしましょう。

自分でできるメンテナンスや緊急の場合の応急処置
外壁
シーリング目地の劣化などはVカット(劣化したシーリングに切れ目を入れる)してからパテで埋めたりすることで修繕が可能。用具はホームセンターなどで購入できる

 

内壁
内壁は、ほとんどの住宅ではクロスが使われている。アンモニアを含んだ専用洗剤を用いて雑巾などで清掃するとよい。クロス等が剥がれている時は、剥がれたクロスをカッターで取り除き、新しいクロスをヘラ・ローラーなどで貼る方法がある

 

外壁・内装の劣化は、どのような点を注意して見ればよいのでしょうか。

 

外壁は、屋根・雨どいの部分と2階以上の清掃しづらい部分を見落とさないようにしましょう。これらは高所梯子を用いるなどしないと清掃はできないので注意が必要です。高所梯子を用いるときは、安全のために必ず2人1組で取り組みましょう。

 

内装は、気温の変化や湿気などでクロスのたわみなどが発生する可能性があるので、季節ごとに気を付けて見るようにしましょう。

 

次に、劣化がどのように進むのか5年ごとに区切って解説します。

 

ふき取ることのできる汚れは早めに除いておきましょう

ふき取ることのできる汚れは早めに除いておきましょう

 

外壁では、窒業系サイディングが使われることが多いです。窒業系セメントを用いてできており、繊維質原料を加えて型取りしたものです。密度があるので耐震性、耐火性、遮音性に優れています。また工場で生産されるので精度が変わるということはほぼありません。修繕時期は7年~13年と言われています。これらの寿命はあくまで目安にすぎないので、清掃によるメンテナンス次第で耐用年数は大きく変わってきます。

 

内装では、クロスの変色や汚れが起こりやすい時期です。アンモニアを含む専用の洗剤を用いたフキンなどで清掃することで対応が可能です。

 

日頃のメンテナンスが大切です

日頃のメンテナンスが大切です

 

10年から15年というのは、給排水管などの設備機器などの更新時期とも言われています。大体の建売住宅やハウスメーカーの窒業系サイディングを用いた外壁は、この年数からシーリングの劣化やタイルの剥がれなどが見えてきます。また内装でもクロスの経年による色の変化などが見られるので張り替える時期でもあります。

 

ただ、清掃を通したメンテナンスをしっかりと行うことで、修繕のサイクルを遅らせることは可能です。

 

 

築年数が進むと工事費用も高くなってきます

築年数が進むと工事費用も高くなってきます

 

給排水管などの設備機器、空調機器も痛んでいることが多く、内装、外観ともに入れ替えを検討するのがこの時期です。ただし全てを入れ替えると修繕費用のコストが上がるので、目視によって劣化した部分だけを交換することをおすすめします。必要のない修繕をカットすることで見積もり金額も数十万~数百万落ちることもあります。

 

また見積もりを取る際は、工務店3社ほどに見積もりを取るようにしましょう。同じ内装工事でも工務店によって数十万~百万円ほど価格が違うことがあるので注意が必要です。

 

ほぼ入れ替えも済んで新しい時期を迎えようと言うのがこの時期です。外壁や内装の修繕コストも、放置した場合数百万~数千万円とかなり高額となります。日ごろの清掃を通したメンテナンスをすることで、住宅の長寿命化を期待できます。

 

 

外壁リフォームと清掃、こんなに違う修繕費用
工事種別 修繕内容 150m2外壁の場合 修繕費用
1.張り替える 既存のサイディングボードは撤去して
新しいボードを張る
170~240万円
今あるボードの上から新しいボードを張る 160~210万円
2.上塗り(塗装する) 既存ボードは剥がして、塗装する 110~190万円
塗料次第
既存ボードの上から塗装する 90~150万円
塗料次第
3.シーリングのみのリフォーム 打ち替え
既存シーリングを撤去し、新しいシーリングを打ちます。
15~21万円
+(足場代)
打ち増し
既存シーリングの上から新しいシーリングを打つ工法です。
12~18万円
+(足場代)
4.清掃の費用 ・清掃洗剤費用+雑巾
・ハブラシ+酢による汚れ落とし
洗剤代+水道代
1000円(月1回)

窒業系サイディングの外壁張り替えや、既存ボードをはがしての塗装など、リフォーム会社に依頼した場合は費用がぐんと高くなります。逆に、清掃を定期的に行うことが、費用で見ても効率が良いことが分かります。

 

内装のリフォームもまた、清掃によるメンテナンスが最も費用が割安です。
近年では部分補修などDIYで行うケースも増えてきました。自身で行う方法なので、専門の会社に依頼する場合に比べて割安です。カッター、ヘラ、接着剤などは、ホームセンターや100円ショップなどでも揃えることができます。補修とDIYを兼ねて自分好みの家に作り代えることも可能です。

 

内装リフォームと清掃の修繕費用の違い
工事種別 修繕内容 150m2外壁の場合 修繕費用
1.張り替える 既存のクロスは撤去して新しくクロスを貼る 40~60万円
品番次第
2.部分補修 剥がれた部分にカッターで切れ込みを入れて予備のクロスで張り替える(専用の接着剤で貼付) 2000円
3.清掃の費用 ・専用洗剤+雑巾
・ハブラシ+酢による汚れ落とし
洗剤代+水道代
1000円(月1回)

 

良い状態で保つことで<br>物件の利用方法の可能性も広がるかもしれません

良い状態で保つことで
物件の利用方法の可能性も広がるかもしれません

 

メンテナンスを行い、住宅を綺麗に保つことは、住宅を売却する際の価格にも影響を及ぼします。

 

既存住宅の売却への関心は年々高まっており、国交省は「安心R住宅」(※)という制度の運用に向けて動き始めました。「安心R住宅」は、一定の基準を満たす既存住宅を「安全な建物」として認定することによって、流通促進を図る取り組みです。

 

建物を綺麗に保つことで、こういった住宅評価制度を利用し、高く売却できる可能性があるため、住居の売却を考えているという方は、日ごろのメンテナンスを欠かさないようにしましょう。
※国土交通省 「『安心R住宅(仮称)』及び住宅ストック維持・向上促進事業について」

 

住宅の寿命は、日々の点検や清掃によって大きく変わってきます。こまめなメンテナンスで長寿命化を図ることも可能です。しっかりメンテナンスが行われている住宅は、売却時の金額も高めに出る傾向があります。将来的に売却を考えている方は、日々の点検や清掃をしっかり行うようにしましょう。

まとめ
・外壁・内装の汚れなどは日ごろからチェックし、清掃を行う
・5年ごとに劣化の進み具合を改めて確認しておく
・リフォームによるメンテナンスと清掃によるメンテナンスでは修繕費用が大きく異なる
・住宅評価を上げて売却価格を向上させることができる
・こまめなメンテナンスで住宅の寿命は延びる

 

公開日: / 更新日: