一戸建て住宅の種類について比較

一戸建てを購入する際に多くの方が迷うのが、建売住宅か注文住宅か、あるいは中古一戸建てにするかということではないでしょうか。それぞれの違いについてメリット・デメリットをふまえて解説します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
街から作られているような規模の
建売住宅もあります

建売住宅
建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。図面や仕様があらかじめ決められているため、間取りやデザインを大幅に変更することができません。建売住宅というとすでに建っている完成済みの物件というイメージを持つかもしれませんが、未完成のものや土地だけの状態だとしても建売住宅に含まれます。建築前の時点で図面は決定されているので、建築前や途中だとしても原則的に間取り変更などが難しくなります。

建売住宅のメリットは、大量生産により仕様が統一されているので、コストが抑えられるところです。また、完成済みの建物も多いため完成物を自分の目で見て確認してから購入できるという安心感もあります。
一方で、建物が未完成の段階で購入する場合は、完成後の建物と事前イメージとの差異が生じてしまうこともあります。また、見えない部分の工事を確認することができないため、不安に感じる方もいるかもしれません。

pixta_22252283_S
一から家づくりをしたい人におすすめです

注文住宅
注文住宅とは、土地は土地で用意し、建物の建築は家主が決めた設計事務所やハウスメーカーで家を建てるというものです。間取りから材質・デザイン・設備など自分の好みに合わせて家づくりができるというメリットがあります。

しかし、色々なオプションをつけすぎて予算オーバーしてしまいやすいという点では注意が必要です。家に対するこだわりが強いと、理想の家に近づけたいと思うばかりに、どうしても建売住宅よりコストがかかる傾向があるようです。また、ハウスメーカーや施工会社との話し合いには時間と手間がかかるので、多忙で時間が取れない方や「今すぐ住みたい」という方には難しい場合もあるかもしれません。

pixta_22252711_S
まずどこでどのような住宅を建てられるのか
確認しましょう

建築条件付き土地
建築条件付き土地とは、“売主の指定する建築会社で家を建てることを約束してくれたら、この土地を売ります”という条件付きの土地のことをいいます。
土地の購入後、一定期間内に家を建てる旨の契約を、指定の建築会社と交わさなければなりません。一見広告で建売住宅のように宣伝されているものも、よく見ると”建築条件付き土地”と載っていることがあるので注意しましょう。

メリットは売主が土地と建物の両方の利益が見込める分、土地の価格が相場より安く設定されている場合が多いということです。建物は参考プランがいくつか用意されているため、建築までの段取りや資金計画がスムーズに進みやすいでしょう。土地を購入してから建築といった流れになるので、注文住宅に近い部分もありますが、施工会社が決められている分、仕様の変更や自由な設計には応じてもらえない場合も多々あるようです。土地を購入する前に希望する設計プラン・仕様・デザインで建てられるかどうかを施工会社に確認する必要があります。

住宅購入【フォトクラフト・シリーズ】
中古住宅の方がエリアの選択肢は
広がるかもしれません

中古一戸建て
新築一戸建てにこだわらなければ、新築と同程度の条件で、土地の面積にゆとりがあったり、購入資金が抑えられる中古一戸建てというのも、選択肢の一つでしょう。子どもの人数や親との同居といった家族構成の変化から、限られた予算内で広い土地を探している場合は、中古一戸建ての方が探しやすくなります。築浅の中古住宅を購入し、好みの内装や設備にリフォームをするという方法もあります。

中古一戸建てのデメリットは、新築一戸建てと比べると住宅購入後の保証や保険、売主のアフターフォローなどが手薄になるという点です。また、中古住宅の耐用年数は建物のメンテナンスが定期的にされてきたか、建物の構造躯体が頑丈であるかによっても左右されるため、築年数だけで物件の良し悪しを判断するのは難しいところです。


一戸建ての種類
特徴 土地の売主 建物の売主/
施工会社
建売住宅土地と建物がセットで販売されている住宅。デザインや間取りは決められている。ビルダー、ハウスメーカー、工務店などビルダー、ハウスメーカー、工務店
注文住宅土地は別に購入し、好きな建設会社で自分好みのデザインを最初から組み立てていく。不動産会社、個人などハウスメーカー、工務店、設計事務所
建築条件付き土地売主が指定した建築会社で家を建てることを前提にした土地。建築会社によっては、希望する設計プラン・仕様・デザインにならないこともある。逆に言えば決まっている分スムーズに話が進む可能性も不動産会社
ハウスメーカー、工務店など
売主に関係する、ハウスメーカー、工務店
中古一戸建て築年数の経過した建物を、土地と一緒に購入する。不動産会社、個人など物件の所有者

一口に一戸建てを買うといっても、希望の予算や条件もあります。さらに住宅を建てられる土地の有無などの状況によって、買い方にもさまざまなケースが考えられます。

自分たちに合った住まい探しをしよう

pixta_19791085_S
先によく話し合って条件を整理しておくと
スムーズです

一戸建て購入に対する思い入れの強さには個人差がありますが、自分の希望だけでなく家族の意見にも耳を傾けましょう。自分や家族にとって何を一番に優先させたらいいのか、購入前によく話し合うことが大切です。

間取りや内装の一つ一つにこだわりたいなら、注文住宅を選択することをおすすめします。家族と相談しながら家の希望に優先順位をつけておくと、予算にメリハリをつけやすくなります。限られた予算の中で最大限に希望をかなえるためにも、施工会社との打ち合わせは念入りに行っておきましょう。

反対に、間取りなども特にこだわりはなく細かい話し合いも面倒、時間的にも余裕がないといった場合は、建売住宅や建築条件付き土地をおすすめします。あらかじめ用意された間取りプランの中から選ぶことができるので、漠然としたイメージしかないという方や、間取り作成に不安を感じる人もスムーズに決めることができます。

まとめ
・一戸建て住宅の種類には土地と建物をセットで購入する“建売住宅”、土地と建物を別々で購入する“注文住宅”、土地購入先の売主指定の建設会社で家を建てるという条件のある“建築条件付き売地(土地)”がある
・建設会社には全国展開しているパワービルダーやハウスメーカー、地域密着型の工務店などの種類がある
・建設会社にはそれぞれ特徴があるので、自分の理想に近い会社選びが大切

全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す

(2018/03/30)