20代の新婚カップルの住まいの選択肢

20代の新婚カップルが住まいを検討する際には、大きく分けて2つの選択肢があります。

◆賃貸物件を借りる

pixta_11229903_S
賃貸物件に住み続けるか
思い切って購入してしまうか
悩む人は多いでしょう

結婚したての20代のカップルの場合、夫婦の収入がまだあまり安定していなかったり、年収がそれほど高くなかったりするケースがあります。そこで、まずは賃貸物件を借りてある程度貯金を蓄えてからマイホームを買うという選択肢があります。

◆マイホームを購入する

一旦賃貸暮らしをするのではなく、結婚と同時に一戸建てを購入するという選択肢です。
マイホームの購入は人生においてとても大きな買い物となるため、20代の若いうちに購入するのは勇気がいる部分もあるでしょう。ただ、両親から頭金などを援助してもらって20代で購入する人は少なくありません。

このように、20代の新婚カップルの住まいの選択肢は、賃貸派と購入派に分かれる傾向があります。では、20代で思い切ってマイホームを購入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

20代の新婚カップルがマイホームを購入するメリット

pixta_35147417_S
老後のことも考えると住宅ローンを後ろまで
残さない方が良いかもしれません。

20代でマイホームを購入する一番のメリットは、住宅ローンにあると言えます。
通常、住宅ローンはフルで35年ローンを組む人が多いようです。
仮に25歳で35年ローンを組んだ場合、60歳で住宅ローンの返済が終わることになります。
定年が65歳だとすると、仕事を退職する5年も前に住宅ローンが完済するため、その5年の間を老後のための貯蓄期間に充てることも可能になります。

住宅ローンは大きな借金というイメージを持っている人が多いので、若い20代でローンを組むことに消極的になりがちな傾向があります。実際はできる限り若いうちからローンの返済をスタートさせた方が、ゆとりのある人生設計を立てられるかもしれません。

「とりあえず賃貸を借りて、そこで貯金をしてからマイホームを買おう」

そう考える人も少なくありませんが、実はその間に支払っている家賃こそがもったいないと言えるかもしれません。その家賃分を20代のうちから住宅ローンの返済に充てていった方がより効率的、という考え方もあるのです。

マイホーム購入時の住宅ローンや名義について知っておきたいポイント

pixta_16792265_S (1)
ライフプランを立ててその後かかる
費用も計算するといいかもしれません

ポイント1:予算の考え方
マイホームの購入を検討する際に、まず重要になってくるのが予算です。
一戸建てを購入する際の予算は、住宅ローンを組むことができる金額を目安に考えると分りやすいです。
ライフプランによって、住宅購入後にかかる費用は個人差があるので、借りられる金額がそのまま購入可能額だと一概に考えてしまうことはできませんが、目安にはなるでしょう。
そのため、まずは自分たちがいくらのローンを組むことができるのか、不動産会社や金融機関に問い合わせてみましょう。

ポイント2:住宅ローンについて
20代の人の場合、すでに就職していて収入が安定していれば、十分住宅ローンを組むことができます。ただ、年収が300万円程度であることが多いため、希望する一戸建てに手が届かないこともあります。そのような場合は、夫婦の年収を合算して住宅ローンを組むことができます。

これを利用すれば、夫の年収300万円、妻の年収300万円の場合、合算して600万円の年収をベースとして住宅ローンが組めるため、より予算の幅を広げることができます。

pixta_25796065_S
結婚を約束している間柄や事実婚の状態でも
二人の収入を合わせた金額で住宅ローンを
組める可能性もあります

夫婦の年収を合算して住宅ローンを組む場合、どのタイミングから可能になるのでしょうか。
具体的には、必ずしも結婚して婚姻届が提出済みである必要はありません。
金融機関にもよりますが、結婚前でも婚約済みであれば可能な場合もあります。
また、婚姻届は出していないが、実態は夫婦と同等である内縁関係のカップルでも、合算して住宅ローンが組める場合があります。

ポイント3:一戸建ての名義について
一戸建てを購入した場合の名義は、頭金と住宅ローンを合わせた金額から、それそれが負担する金額の割合で持分を決めます。
夫単独で資金を負担していれば夫名義、夫婦合算であれば、夫婦の共有名義となります。

20代の新婚カップルがマイホームを購入する際の注意点

基本 CMYK
起こりうるリスクに対応できる分の
余裕は持った方が良いかもしれません

住宅ローンを組んだ場合、当然ですが必ず返済しなければなりません。
20代のうちは転職を繰り返す人も少なくなく、収入が安定しなくなる場合もあるため注意が必要です。

また、万が一離婚することになった場合、賃貸であれば解約すればそれで終わりですが、一戸建てを購入している場合は、財産分与の問題が出てきます。
一戸建てを売却する場合、ローン残債以上で売れなければ、その分の現金を用意しなければならないなど、非常に面倒な事態となりますので注意が必要です。

20代の新婚カップルが一戸建てを購入する際の心構え

20代で一戸建てを購入することは、住宅ローンの返済効率を考えればとても良い選択と言えます。
ただ、まだ先が長い20代であるが故に、転職や離婚など、予期せぬ事態が発生する可能性があるリスクについては事前に認識しておく必要があるでしょう
また、20代で収入が安定していなかったり、勤続年数が短かったりすると、銀行のローン審査が難しくなる可能性もありますので、そのあたりにも留意する必要があるでしょう。

まとめ
・マイホームは20代で購入した方が、住宅ローンがより早く完済できる
・20代の場合、夫婦の年収を合算すると、より大きな住宅ローンが組める
・将来的に、転職や離婚する可能性があるというリスクは存在する

全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す