建売住宅と注文住宅の設計や費用、特徴の違いは?

pixta_737668_S
家の外観が統一されるなど
綺麗に整う街並みも多いです

建売住宅は、土地とセットで販売されている新築分譲住宅を指します。
建売住宅は住宅の完成後に販売が開始されるケースと、建築中に販売がスタートするケースがありますが、いずれも設計は決まっていることがほとんどです。
建売住宅は広いまとまった土地を複数の区画に分けて、同様の仕様の住宅を建てることが多く、数棟程度の小規模の分譲住宅地から数10棟、100棟を超える規模の大規模分譲地まであります。
建売住宅の中でも、大規模分譲地は美しい統一された街並みが形成されるのが特長です。

同じ広さや仕様の家を建てた場合、建売住宅は資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進められたりするため、注文住宅よりも割安になることがメリットです。
ただし、設計の自由度がなく、完成物件は建築の途中の過程を見られないことがデメリットになります。

pixta_31619128_S
自由度が高いのでこだわりたい人におススメです

一方、注文住宅は設計事務所や工務店、ビルダー、ハウスメーカーなどに設計や工事を依頼し、家づくりを行うもの。

建築基準法などによる制限はありますが、間取り・デザイン、壁紙・フローリング・タイルなどの内装材や外装材、キッチン・トイレなどの設備などを自由に決められることがメリットです。
自分や家族の好みやライフスタイルを反映した住まいを手に入れることが可能です。
ただし、ハウスメーカーやビルダーで規格化された住宅を建てる場合は、プラン・内外装材・設備などの自由度に制限があります。
コストを抑えた家づくりも、グレードの高い住まいを建てることもできます。
とはいえ、プランを確定するまでの打ち合わせなどに時間を要するうえに、土地を持っていない場合には土地探しから始める必要があり、全ての工程に時間が掛かりがちなことがデメリットです。

pixta_30729945_S
通常の注文住宅よりも低コストなことも多いので
選択肢の一つに考えてもいいでしょう

また、建築条件付き土地は、売主や売主の指定する住宅建築会社と建築工事請負契約を結ぶことを条件に、土地の売買契約を結ぶ形態です。
注文住宅を建てることにはなりますが、住宅建築会社が決められているため、選択できる工法や仕様が限られることがあります。

建売住宅や注文住宅に入居するまでの段取りや期間は?

建売住宅に入居するまでの段取りや期間 
建売住宅を購入する場合は、予算・希望条件を整理した後、物件探しをスタートします。不動産情報サイトや不動産仲介会社を利用して物件を探し、気になる物件が見つかったら、現地を見学に行きます。
完成前の物件を見学する際には、図面からわからないことは質問するようにしましょう。

購入を希望する物件が見つかったら、内覧できる場合は建物の状態を確認し、購入の申し込みを行って契約へと進み、不具合があれば修繕を行った後、引渡しを受けます。
契約から引渡しまでの期間は完成物件の場合は1ヶ月程度ですが、建築が始まる段階の場合は4ヶ月程度掛かります。

Hand draw in open book of lovely family
暮らしのイメージや条件整理が大事です

注文住宅に入居するまでの段取りや期間 
注文住宅の場合は、どんな家に住みたいのかイメージを固めたり、土地代と建築費用の資金計画を立てて予算を決めたりした後、家を建てる土地や家づくりを依頼する会社を探します。
土地を探し始めてから購入する土地を決めるまでの期間は、3~6ヶ月程度です。
土地を購入したら、家づくりを依頼する会社の候補を数社に絞って見積りを依頼して決めます。
設計事務所に設計を依頼する場合は、建築工事は別に工務店などに依頼します。

土地の購入契約をしてから、注文住宅の設計を行い、建築工事請負契約を結ぶまでの期間は3~10ヶ月程度です。注文住宅の建設工事が着工してから完成するまでの工期は、工法などによる違いもありますが3~6ヶ月程度で、竣工検査や施主検査などを経て引渡しとなります。
関連記事:土地を買って注文住宅を。入居までの流れをシンプルにまとめました!

建売住宅と注文住宅どちらが向いている?

こんなタイプの人には建売住宅がおすすめ
土地を持っていない人
すぐに入居したい人
時間と手間を掛けずに一戸建てを手に入れたい人
間取りやデザインが決められた住宅の中から選びたい人

建売住宅の中でも大規模分譲地は、新たなコミュニティが形成されることに魅力を感じて選ぶ人もいます。

こんなタイプの人には注文住宅がおすすめ
土地を購入した人や建て替えをする人
時間をかけてこだわりの家づくりをしたい人
外観や内装のデザインや使用する素材などにこだわりがあったり、取り入れたい設備があったりする人
家づくりを依頼したい設計事務所やハウスメーカーなどがある人、希望する工法がある人

間取りなどに希望を取り入れた家づくりをしたい人の中でも、住宅の設計や建築を行う会社や工法、仕様などにこだわりがない場合は、建築条件付き土地も選択肢になります。

マイホームで重視したいことを基準に

一戸建てが欲しい人の中には、間取りやデザインに強いこだわりがある人もいれば、ある程度決められた中で選ぶ方が楽だと思う人もいます。
ただし、デザインにこだわりたい人でも満足できるような、モダンでデザイン性の高い建売住宅もあります。
マイホームに対して重視したいことを整理して、建売住宅と注文住宅のどちらを選ぶか考えてみましょう。

建売住宅か注文住宅か迷ったら?

pixta_37665171_S
第三者に入ってもらうことで
整理が進むかもしれません

注文住宅を建てるための土地や建売住宅を探すときには、不動産情報サイトや住宅情報誌を利用すると、多くの物件の情報を得られるとともに、相場観を養うことができます。
特に不動産情報サイトは、購入を希望するエリアに絞って、販売中の物件を探すことができるので便利です。
建売住宅や注文住宅か迷っている人は、不動産情報サイトが運営する相談窓口を利用するのも一つの手です。
「 LIFULL HOME'S 住まいの窓口」では、お住まいのことなら何でも分からないことを無料で相談でき、中立的な立場のアドバイザーに、一から住まいづくりをサポートしてもらえます。
アドバイザーの記事はこちら

また、家探しや家づくりの無料講座の実施や、不動産会社や住宅建築会社の紹介も行っています。

まとめ
・建売住宅のメリットは、入居するまでの期間が短く、プランの打ち合わせを行う手間が省けること
・注文住宅のメリットは、間取りや内外装、設備などの自由度が高いこと
・建売住宅に向いているのは、間取りやデザインが決められた住宅から選びたい人
・注文住宅に向いているのは、時間を掛けてこだわりの住宅を手に入れたい人

住まいの窓口で相談する
注文vs建売講座に参加する