一戸建ての主な屋根の種類は?

切妻屋根
日本の一戸建てで代表的な切妻屋根

一戸建ての屋根の種類で代表的なものを挙げていきましょう。

まず“切妻屋根”は、日本の一戸建てに多い三角形の屋根です。

“寄棟屋根”は最上部の大棟から屋根面が4方向に分かれている形状の屋根をいい、大棟がなくピラミッド型の形状の屋根は“方形屋根”といいます。

“陸屋根”は水平な形状の屋根、“片流れ屋根”は一方に傾斜した形状です。
“寄棟屋根”の上に“切妻屋根”を重ねた形状の“入母屋屋根”、“切妻屋根”の一方の屋根面を長くして、段違いに屋根を設ける“招き屋根”といった屋根もあります。

屋根の種類による特徴とは

【静岡県】国指定重要文化財・旧植松家住宅
【静岡県】国指定重要文化財・旧植松家住宅

・屋根の種類で何が違う?

屋根の種類によって、見た目の印象は大きく変わります。“切妻屋根”や“寄棟屋根”はオーソドックスな形状のため、洋風、和風いずれのデザインの住まいにも合います。一方、“入母屋屋根”は日本の伝統的な格式高い家屋などで使われてきた屋根です。“片流れ屋根”や“陸屋根”はスタイリッシュでモダンな印象になります。

屋根に使われる材料も、屋根の種類によって向き不向きがあります。スレートは“陸屋根”を除いて、さまざまな種類の屋根に使われ、ガルバリウム鋼板などの金属屋根は、“片流れ屋根”や“切妻屋根”に合う材料です。瓦は“入母屋屋根”や“切妻屋根”に向いています。

ただし、屋根の高さや勾配は、第一種・第二種低層住居専用地域や第一種・第二種中高層住居専用地域の北側斜線によって制限されることもあります。また、雨漏りのしやすさや耐久性も屋根形状によって違います。

・屋根の種類によるメリットやデメリットとは

屋根の種類によって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

“切妻屋根”は単純な構造のため、リーズナブルで雨漏りがしにくい点がメリットです。ただし、太陽光発電パネルを設置したい場合は、南北に屋根が架かっている場合は設置しやすい反面、東西の場合は発電効率が悪い点がデメリットになります。

“寄棟屋根”は風に強く、軒先を長くとることで4面の外壁を保護できる点がメリットです。一方で、やや複雑な形状のため、屋根面の接合部分で雨漏りが起こることがあります。また、屋根面が小さいため、太陽光発電パネルは設置できる枚数が限られます。

“片流れ屋根”は、単純な構造で棟がないため雨漏りしにくく、デザイン性が高い点がメリットです。ただし、雨を一面の屋根で受けるため、豪雨に備えて大きな雨樋を設置する必要があります。屋根面が南向きのケースを除くと、太陽光発電パネルの発電効率は悪いです。

“陸屋根”は雨漏りがしやすい点がデメリットであり、防水施工が必要です。木造で陸屋根が採用されることは少なく、RC造の住宅に向いています。屋上を有効に使えるため、ガーデニングがしやすく、また太陽光発電パネルは角度をつける必要があるものの、設置しやすい点がメリットです。

陸屋根に搭載した太陽光発電
陸屋根に搭載した太陽光発電

・エリアによっておすすめの屋根はある?

豪雪地帯では、大きく勾配をとった“切妻屋根”でトタンを屋根材に使い、雪が落ちやすいようにつくられてきましたが、屋根から固まった雪が大量に落ちる場合は危険です。昨今では、住宅の構造を強固にし、屋根形状をフラットやV字にして雪を落とさない“無落雪屋根”にする、あるいは、屋根に融雪システムを導入して雪を溶かすケースが増えています。

夏に猛暑に見舞われる地域では、大きな勾配の屋根の住宅にすると、屋根と最上階の天井の間の空間を広くとれるため、屋根からの熱が伝わりにくいです。また海沿いのエリアでは、金属屋根は錆びやすく不向きなため、スレートなどの材料を使用します。

・屋根材によるメンテナンス方法の違い

屋根は使われる材料によっては、定期的なメンテナンスが必要です。スレートは10年ごとに塗装が必要であり、屋根面の接合部の棟板金が傷んでいるときは交換します。スレートの耐用年数は20~30年ほどです。瓦は耐久性が高いため、塗装による定期的なメンテナンスは不要です。耐用年数は50年ほどで、割れている瓦があるときには一部、または、全部を葺き替えます。ガルバリウム鋼板は10年程度を目安に、軽度な錆の状態のときに塗装することで、20年~30年ほどもちます。

屋根選びも重視しよう

片流れ屋根と青空
片流れ屋根と青空

屋根の種類は、一戸建てを建てる際に設計者に希望を伝える人が比較的少ない部位です。しかし、屋根の種類によって住まいの印象は変わり、屋根に使う材料との組み合わせも見た目に大きく影響します。

たとえば、同じ片流れ屋根でも、スレートとガルバリウム鋼板では、スレートは落ち着いた印象、ガルバリウム鋼板はモダンな雰囲気を出しやすいです。

住まいのデザインにこだわるのであれば、内装や設備などと同様に、屋根の種類や材料にもこだわることで理想の住まいを手に入れられます。
対応できる屋根の種類がハウスメーカーによって異なることが多いため、この点は依頼先を選ぶ際の決め手のひとつにもなるでしょう。

また、太陽光発電パネルを設置したい場合には、屋根形状によって設置できる枚数や、発電効率に違いがあります。長い目で考えていくと、メンテンス性も考慮して屋根を選ぶことが大切です。屋根の種類によるメリットやデメリットを理解したうえで、住まいの屋根を選びましょう。

関連記事

家を長持ちさせるために、屋根のリフォーム方法3つを知ろう
茅葺屋根、日本瓦、セメント瓦、スレート瓦、金属系・・・。日本の屋根事情とは?
一戸建ての外観、色・デザインはどうやって選ぶ?飽きないデザインの選び方
一戸建て住宅 建築工法のメリットとデメリット
家を建てる前に知っておきたい50のトリビア – ①~⑬基礎知識編
全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す