そもそも固定資産税とはなにか?

固定資産税とは?
固定資産税とは?

マイホームに限らず、土地や建物などの固定資産を所有していると、その固定資産が所在する「市町村」に税金を納めなければなりません。これを「固定資産税」と言います。固定資産税はその年の1月1日現在で所有している人に対して課税される仕組みとなっており、その課税は固定資産課税台帳に記載されている価格の1.4%となります。

固定資産税は、マイホームを所有している間、毎年課税されることとなり、納税方法は4月、7月、11月、2月の年4回です。納付方法としては、払込用紙によって郵便局などで支払うか、銀行口座からの引き落としなどの方法によります。また、1年分一括で支払うことも可能です。

これに対し都市計画税は、すべての固定資産に対して課税されるのではなく、都市計画法による「市街化区域内」にある土地と建物が課税対象です。そのため、市街化を抑制されている市街化調整区域や、都市計画区域外の土地や建物には課税されません。都市計画税も同じく固定資産税評価額が基準となりますが、税率は固定資産税よりも低く0.3%です。

都市計画税が課税される地域の不動産を所有している場合は、固定資産税と一緒に請求されます。

マイホームを買った年の固定資産税は誰が払う?

仮に6月にマイホームを購入した場合、引き渡し以降分の固定資産税を負担することになります。前述のとおり、固定資産税はその年の1月1日時点の所有者に1年分請求がいく仕組みなので、その年の固定資産税の納付書は税務署から届きません。

しかしこれでは実質的に売主が買主の分の固定資産税も負担しているような状態となるため、実務上はマイホームの引き渡しの際に、その年の固定資産税を日割り計算して買主から売主に請求します。

新築一戸建てのマイホームなら固定資産税が減額してもらえる!?

控除条件のひとつは、新築であること
控除条件のひとつは、新築であること

固定資産税は住宅ローンを組んだばかりの新婚夫婦などにとっては、非常に大きな負担となります。そこで、一定の条件を満たすマイホームを購入した場合、固定資産税を減額してもらう制度があります。

【一戸建ての固定資産税減額の要件】
要件1:新築である
要件2:床面積が50m2以上280m2以下である

この2つの要件を満たす新築住宅を新築した場合は、新たに課税される年度分から3年度分、その新築住宅にかかる固定資産税の1/2が減額されることとなります。さらに、建物が以下の基準を満たしている場合、この減額期間が下記のように延長されます。

3階建て以上の耐火・準耐火建築物…5年度分
認定長期優良住宅…5年度分
上記両方を満たす場合…7年度分

なお、固定資産税の減額を受けるためには、建築確認申請書や検査済証のコピーなどを添付の上、減額の手続きをする必要があります。また、新築ではなく、一定の要件のもと施工された耐震改修工事・耐震建替え・バリアフリー改修工事・省エネ改修工事などを行った場合についても、一定の固定資産税が減額されるようになっています。

土地の固定資産税減免措置について

土地についても一定の要件を満たす場合について固定資産税の軽減措置があります。
1:200m2までの小規模住宅用地…1/6減免措置
2:小規模住宅用地以外の住宅用地…1/3減免措置

マイホームを購入する前に、固定資産税を確認しよう

固定資産税がいくらか、購入前に聞いておきましょう
固定資産税がいくらか、購入前に聞いておきましょう

マイホームの固定資産税は所有し続ける限り、支払い続けなければなりません。そのためマイホームを購入する際には、あらかじめその不動産の固定資産税が毎年いくらかかるのかについて、事前に不動産会社に確認しておくと良いでしょう。
固定資産税は年間でまとめるとかなりの金額になります。あらかじめ、ローンの返済計画に組み込んでおくことがとても重要です。マイホームを購入する際には、事前に必ず毎年払うことになる「固定資産税」の金額を確認するようにしましょう。

固定資産税・都市計画税の計算方法のまとめ

■固定資産税
税額=課税標準(毎年1月1日に市区町村が土地・建物の所有者に対して課税)×1.4
※課税の額は、固定資産税路線価に各土地の形状等に応じて補正率などをかけて出した評価額をもとに決まります。

■都市計画税の計算
税額=課税標準(毎年1月1日に市区町村が都市計画区域内にある土地・建物の所有者に対して課税)×最高0.3%

また、建物や土地家屋の住所によって軽減措置がとられることもあります。
新築一戸建ての場合、固定資産税が課税される年度から3年分、軽減。ただし、3階建て以上の耐火・準耐火建築物の場合には5年度分軽減。

固定資産税・都市計画税を支払うための、納税通知書についても各市区町村ごとで送付時期は異なります。おおよそ4~6月頃が多いようです。

関連記事

固定資産税について知っておくべきこと
カーポートを設置すると固定資産税が高くなる?
長期優良住宅を建てると住宅ローンなど税金控除のメリットがたくさん?
購入する時に受けられる特別控除
【住まいの震災対策3】我が家の耐震性は?一戸建てとマンションの事前準備・確認編

固定資産税シミュレーター全国の一戸建てを探す注文住宅カタログを見る全国の土地を探すおすすめ特集から住宅を探す

(2016/08/25)