住宅の基本構造部分は5年毎に要確認

築5年経過した一戸建てのメンテナンスについて
築5年経過した一戸建てのメンテナンスについて

現在の新築住宅には、築年数が10年以内の住宅の主要構造部分や、雨水の浸入を阻止する部分に欠陥が見つかった場合、売主が無料で補修工事を行うことが義務化されています。10年保証の対象となる部分は以下です。

・基礎・屋根・壁・床・柱などのひび割れ、ずれ・ぐらつき・沈みなど
・雨漏りを防止する部分の劣化や水漏れ・結露の跡など

築5年とはいえ、施工会社の良し悪しによっては建物が傾いていたり、屋根裏や天井裏で雨漏りが起きていたりすることなどが考えられます。特に問題がなくても5年毎に第三者による専門家に点検を依頼し、細かな不調が起きていないかどうかの確認を行うと安心です。
なお、10年間の無料補修工事保証は、必要なメンテナンスを怠った際の雨漏りなどは保証の対象外となります。まだ築5年であれば、メンテナンスの不備ではなく家の建設時の欠陥とされるケースが大半を占めるので、無料保証の権利をスムーズに受けるためにも余裕を持って点検の計画を立てておきましょう。

見えない敵、シロアリやカビに注意

床下はシロアリの巣になっている…なんてことも
床下はシロアリの巣になっている…なんてことも

シロアリは、目視できない床下や壁のわずかなすき間で繁殖するうえ、一度繁殖するとあっという間に家を傷めてしまう危険があります。よって、専門の会社に定期的に点検をしてもらうことをおすすめします。
築5年経つと、シロアリの無料点検をすすめてくる会社が多いといわれています。それは、一般的に使用されているシロアリ予防の薬剤の効き目というのが5年で切れてしまうというのが理由に挙げられます。

近年では、防腐防蟻材を加圧式で木材に浸透させることによって薬剤の効力が長持ちするという特殊な工法が出てきましたが、大半の住宅は従来通り、防腐防蟻材を木材の表面に塗布するというものです。そのため、シロアリの攻撃を受けないためには5年をメドに再処理をするのが理想的でしょう。また、カビもシロアリと同様目に見えない所に繁殖している可能性があります。浴室や洗面所などの水回りに生えるカビは、家全体のカビのほんの一部といってもいいでしょう。家の劣化が進むだけでなく、住民の健康を害することもあるため、こまめなメンテナンスが必要です。

ビニールクロスの限度は5年といわれています

ビニールクロスの限度は5年
ビニールクロスの限度は5年

住宅の老朽化によるリフォームは、その住宅に長年にわたって住むつもりであれば避けて通ることができません。家を長持ちさせるには、耐用年数に合わせてリフォームやメンテナンスの計画を立てることがポイントです。たとえばトイレや洗面所といった水回りの耐用年数は10年、キッチン、外壁、風呂などは15~20年ぐらいと一般的にいわれています。

築20年、30年になるまで老朽化が進んだ住宅をたった一度のリフォームで済ませようとすると、修復箇所が多くなる分リフォーム費用も膨大になり、リフォーム期間も長くなるためおすすめしません。では、築5年の住宅でリフォームが必要になる箇所はというと、壁や床のビニールクロスが挙げられます。ビニールクロスがはがれる・クロスの継ぎ目が開いて目立ってきた等の原因のほとんどは経年劣化によるものです。木造住宅であれば、その特性上木材の収縮や振動、壁や柱の変形によりクロスによれが生じることがあります。その点で、ビニールクロスは比較的早いサイクルで寿命がやってくる場合があるということを心得ておきましょう。

地震保険は5年毎に更新時期がやってきます

地震保険は5年毎に更新時期がやってきます
地震保険は5年毎に更新時期がやってきます

新築時に火災保険と同時に地震保険に入っていると、築5年目を迎える年に地震保険の更新通知が届けられます。更新時期は補償内容と保険料を見直すベストなタイミングです。

地震や津波によってもたらされた火災、倒壊などの損害は地震保険に入っていないと保証されません。しかし、決して安いとはいえない保険料、更新するべきかどうか悩まれる方も多いのではないでしょうか。東日本大震災以降、世間では地震保険の関心が高まってきていますが火災保険と比べると加入者数は少なく、まだまだ認知度が低いのが現状です。地震保険は住宅として使用している建物と家財が保証対象となり、火災保険の30~50%の範囲内で契約金額を決定します。
被災しても生活を立て直せる位の貯蓄額が十分にあるというのであれば更新しないという選択肢もあるでしょう。住宅ローン返済で貯蓄が少なく不安があるのであれば、リスク回避のためにも少ない契約金額でも保険に加入しておく方が安心です。

関連記事

5年単位でやってくる!一戸建て住宅のメンテナンス管理のポイントとは?
築5年、築10年、築20年…築年数によって異なる中古住宅リフォーム費用の目安とは
築浅でも売るにはコツがある。「築5年」の家を売却する際に知っておきたいポイント
築15年の中古マンションは古い?それとも新しい?購入のとき注意したいこと
火災保険、家財保険、地震保険…。住宅に関わる保険にはどんなものがある?

全国の一戸建てを探すおすすめ特集から住宅を探す