「頭金は購入金額の最低2割必要」と一般的に言われていますが、場合によっては2割に満たなくても住まいを購入することは可能です。最近では頭金0でも購入される方は多くいます。今回、その例を挙げていきましょう。

「提携ローン」付きの分譲住宅では、2割なくても買える場合があります。提携ローンとは分譲会社と金融機関が提携し、販売物件に住宅ローンをつけるというものです。物件価格の95%~100%融資するケースがあります。

 

頭金の資金がなくても購入して大丈夫!?

頭金の資金がなくても購入して大丈夫!?

民間金融機関のなかには、一定の条件を満たしている利用者に対して、優遇ローンを提供しているケースがあります。自己資金不足の人向けの「無担保ローン」、定年退職を間近に控えた人向けの「退職金一括払いローン」などです。金融機関に問い合わせて、こうしたローンがあるかどうかを確認してみましょう。

 

勤務先に社内融資や共済融資などがある場合は、頭金2割を気にしなくてすむ場合があります。通常、社内融資などは担保(抵当権)を取らないので、金融機関からみると「自己資金扱い」となるのです。

 

頭金0でも100%融資をしてくれる住宅ローンが最近多いので、あなたにあったものを探してみましょう。

 

また、敢えて頭金0を選ぶ人もいます。最近ではWEB口座から繰り上げ返済をすると手数料無料のところも多いです。引越し資金やインテリアの買い替えなど雑費にお金がかかるので、まずは頭金0で手元にお金を残し、その後資金に余裕ができたら、どんどん繰り上げ返済していくという方法です。

 

頭金や繰り上げ返済の額が多いと、住宅ローン控除対象の場合には控除額に影響しますので、そこらへんもあわせて考えたいところです。あなたにあった資金プランについてじっくり考えてみましょう。

 

公開日: / 更新日: