建売住宅には駐車場付きが多い。というか、「駐車場を使用料なしで使えるのが建売住宅のよいところ」でもあるため、駐車場は付いているのが当たり前と考えられている。ただし、この駐車場、使いにくいものと使いやすいものがあるので注意が必要だ。

一戸建ての駐車場は、基本的に二つのタイプに分けられる。

 

まず、一般的なのは平置式。これは、庭の一角を駐車スペースとし、地面をコンクリートで固めたり、砂利を敷くなどして、車を停めやすくしたもの。屋根は付けたり、付けなかったり。予算に応じて決まる。

 

もう一つの形式となるのが、掘り込み式。これは、ひな壇の造成地などで見られる形式で、土地の土台に横穴を掘り、床、天井、壁をコンクリートで固めて、車庫とするものだ。入り口にシャッターなどを設置すれば、雨、風、そして盗難からも大事な愛車を守ってくれる。

 

平置き式と掘り込み式では、どちらがよいのか。庭をより広く活用でき、愛車を傷めない、という点では、掘り込み式のほうが良い。しかし、掘り込み式車庫はどこにでも設置できるわけではない。前述したとおり、ひな壇の造成地ではないと実現しにくい。

 

そのような住宅地の場合、道路より2mくらい上に家があるのが普通。掘り込み式車庫があるのはいいが、道路から家まで階段を上がらなければならないという別の短所があることも考慮しなければならない。

 

平置式の場合、車の出し入れの方法が2種類ある。縦列駐車で車を収めるパターンと、道路に対し、直角に車を収めるパターンだ。

 

縦列型は、駐車場に面する道路が狭いときや、車の往来が多く、小さな動作で車を収めたいときに有効な方式。しかし、駐車スペースとして必要な面積が大きくなり、スペースが狭いと、小さな車しかとめられない欠点がある。

 

これに対し、直角型は縦列型より小さな面積で大きな車を収めやすい点が長所。極端な話、車と同じサイズのスペースがあれば、車体を収めることが可能だ。

 

ただし、駐車所に入る動作の大部分を公道・私道上で行うため、駐車場に面する道路の広さや車の往来の少なさが求められる。直角型でも、ある程度はゆとりを持たせた広さが必要で、車が回り込んでくる部分は角を落としてあるほうが入れやすくなる。

 

5ナンバー車の場合、車のサイズは長さ450cm以内で、幅168cm以内。このサイズに前後に50cmずつ、左右に65cmずつの余裕を加えると、「必要な駐車スペースの広さは長さ550cmで、幅298cm=約3m」となる。

 

それだけのスペースがあれば言うことはないのだが、現実的には長さ500cm、幅230cm(左右が壁でない場合は幅180cm)のスペースがあればなんとか合格といえる。

 

縦列型の場合、直角型より長いスペースが必要で、5ナンバーサイズの場合で長さは6m以上欲しい。ただし、幅は250cmあれば十分となる。

 

駐車場サイズの目安

駐車場サイズの目安

次は、「「シキエン」って何?」についてお話ししよう。

 

公開日: / 更新日: